glee シーズン4 第5話 「主役は渡さない!」(The Role You Were Born to Play)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン4 第5話「主役は渡さない!」のあらすじ

軍隊から追い出され、恋人のレイチェルにも振られ、落ち込みまくりのフィン。義父バートの車の工場を手伝っていると、そこにアーティーが現れ、今度開催する「グリース」の監督を一緒にやらないかと誘う(※アーティーの夢は監督で、去年「ウエスト・サイド物語」の監督をした時も、好評だった)

渋るフィン。今は自信がないからだ。だが結局は「監督をやれば1か月は余計なことを考えないよ」とも言われたのと、アーティーの熱意に押され、引き受ける。尚、振付師とボイストレーラーとして、卒業したマイクとメルセデスが登場!アーティーが応援を頼んでいたのだ。

さて。カートと破局したブレイン。キッカケは自分の浮気だが、失恋のショックが大きすぎて、睡眠もとれないし、何もやる気が起きない状態だ。「Hopelessly Devoted To You」を歌う。

オーディションでのブレインの歌に、アーティーもフィンも褒める!が、ブレイン本人が「グリース」には乗り気じゃない。なんせ”恋”のミュージカルだからだ。なので主役の「ダニー役」は辞退し、1シーンだけのティーン・エンジェル役を希望。

さて。女子の主役「サンディー役」を狙うのは、マーリー。ユニークは「リゾ役」を狙っているが、ユニークは男なので、迷っている。マーリーからは「ちゃんと監督に話をすればいい」と励まされるが、2人の話をこっそり聞いていたスーが、大反対!女装されると、生徒に混乱が生じるかもしれないという言い分だ。だがスーの嫌味で逆に闘争心がついた2人は「Blow Me (One Last Kiss)」を、オーディションで歌う!

ユニークのリゾ役希望に、アーティーもフィンも悩む。だが、それよりも困ったのが、ダニー役だ。男性陣にいないのだ!ジェイクは「興味ない」と言うし、サムはキニキー役希望だし、ジョーはドレッドが邪魔(笑)。すると、「シュースター先生(ウィル)も最初に同じことで困って、あなたを見つけた」とメルセデスがフィンに言い、フィンはアメフト部へ新入部員を探しに!

するとそこで1人コート外で踊っているライダーを発見!!ライダーは落第して転校してきた2年生で、周りの子からちょっと浮いている。フィンはライダーに狙いを定め、アプローチ!だが、「グリーには興味あるけど、人の2倍勉強してようやく半分だから」と勉強を理由に断られる。が、「歌とダンスは脳に良い」と半分だまし(?)て、ライダーを講堂へ誘う。

ライダーは迷っていたが、結局”少しでも勉強のためなら…”と、すがる想いで講堂へ行く。今まで歌ったことがないというライダーに「僕もそうだった」とフィンは言い、「Juke Box Hero」をかける。フィンが歌い始めると、ライダーも一緒に歌う(オーディションを受けたことに!)

ライダーはダニー役候補として、サンディー役候補のマーリーに廊下で声をかける。楽しそうに話す2人を見て、動揺するジェイク。そこに元彼女のキティがジェイクに声をかけ、更に”マーリーのせいで振られた”と思っているキティは、マーリーに嫌味を言いまくる。そしてなんとサンディー役に自分も立候補すると宣言し、その言葉の通りに立候補!

そしてジェイクも同じく、ダニー役に立候補。「マーリーをキティから守るため」と言うジェイクに、「本当はライダーからでしょ」と返すキティに、苦笑い。そして2人でオーディションにて、「Everybody Talks」を踊りながら、披露!(キティはチア部だけあって、ダンスも見事!)

さて。これでダニー役もサンディー役も立候補が2人となり、役争いに。そこでショーでは、主役2人の相性が重要ということで、メルセデスとマイクと一緒に「Born to Hand Jive」で踊って、審査Start!

その途中、マーリーとジェイクが一緒に踊ろうとすると、キティは明らかな妨害を!ライダーも同じで、ジェイクと一触即発にも。まぁ、無事に踊りきるが。

ちなみに今回卒業したマイクが来たので、元彼女のティナはオーディションを辞退。マイクが突然現れたことで、動揺したからだ。だが、まぁ、結局はマイクの薦めで、立候補するが。

さて。監督のアーティーとフィン、そしてマイク、メルセデスが配役に悩んでいたところ、フィンは校長室へ呼び出される。そこにはスー、ウィル、校長の姿が。スーは、男のユニークがリゾ役を希望していることに反対なのだ!ここはオハイオ州。女装した男がリゾ役を演じたら、批判の的となり、ユニーク自身が傷つくだろう、と力説。(ウィルはフィンに一任しているからノータッチ)

校長も困っていると、フィンが「本人の希望だから」と反論!で、そのままスーとフィンは激論!!が、その途中「先生の娘だって障害が…」とフィンがつい言ってしまう。その途端、顔を引きつらせるスー(妊婦検診で子供に障害がある可能性があったが、スーはそのまま産んでいる)。フィンもすぐに失言に気が付き、謝るが…。

そしていよいよ配役発表!ライダーとマーリーが見事主役をGet!で、キティはジェイクに八つ当たり。またユニークもリゾ役に決まり、「居場所ができた」と喜ぶ!!ただスーは、これに敵意むき出しになるが。さぁ、次話のミュージカルどうなる?ちなみに配役は以下の通り!

グリース配役

ダニー役:ライダー
サンディ役:マーリー
リゾ役:ユニーク
パティ役:キティ
パッツィー役:ジェイク
チャチャ役:ブリトニー
ティーン・エンジェル役:ブレイン
キニキー役:サム
ジャン役:ティナ
ドゥーディ役:ジョー
フランチー役:シュガー

スポンサーリンク

 

さて一方、ウィルは新たな夢として、芸術の必要性を訴えに、3カ月程ワシントンへ!その間、婚約者のエマについてきて欲しかったが、”私の生活がある”と断れ、気まずい雰囲気。ビーストに相談すると、「回り道かもしれないが、ちゃんと話した方がいい」とアドバイスされ、ウィルはエマに改めて「傍にいてほしいから、一緒に連いてきて欲しい」とお願いする。エマは悩みながらも「Yes」の返事!

だが、それはエマの本心ではなかった。ビーストにも見破られ、「男女の中で一番悪いのはDV。2番目に悪いのは”嘘”をつくことだ」と指摘される。「彼の夢を邪魔すれば、テリと同じになる」と本音を漏らすエマ。ビーストには、そんなことで嫌うウィルじゃないと諭される。

そしてエマは、ウィルに正直な気持ち「私は今の仕事が好きで、私の生活がある。一緒にワシントンへ行ったら、あなたを恨みそう」と話す。ウィルは驚くが、エマの苦しい本心を知り、2人は話し合う。その結果、「大事なのは信頼」ということで、エマはオハイオに残ることに!

またウィルは3か月間、自分がいない間、フィンにグリー部を頼むことに!校長にも確認済みで、課外授業なので、教師の資格がなくてもOKとのことだ。その申し出に戸惑うフィン。だが、グリースの監督を通じて、みんなの夢を実現できる手伝いができることを嬉しくも思ってもいた。そこでウィルからその申し出を受けることに!

スポンサーリンク

 

glee シーズン4 第5話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Hopelessly Devoted To You ブレイン × 映画『Grease』
Blow Me (One Last Kiss) マーリー,ユニーク P!nk
Juke Box Hero フィン,ライダー Foreigner
Everybody Talks キティ,ジェイク Neon Trees
Born to Hand Jive メルセデス,マイク,キティ,ジェイク,マーリー,ライダー,ニュー・デレクションズ × 映画『Grease』

glee シーズン4で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン4 第5話の感想

とうとうライダーが初登場!アメフト部でダンスしているという変わり者で、歌もダンスもいいんだよねー。またマーリーに恋するイケメンで、ジェイクとライバル感バチバチ。キティ含め4人の恋の関係が高校生らしい初々しい展開で、これがもう( *´艸`)

そして今回キティ初歌!キティって歌も結構うまいけど、チア部だけあって、ダンスとスタイルがピカイチ!ジェイクとの「Everybody Talks」も好きだけど、ライバル感バチバチの「Born to Hand Jive」がキャラ的に好きだなー。

また今回のユニークのセリフにぐっと来た。「男子更衣室は嫌だけど、女子更衣室には入れない。男の服は嫌だけど、毎日ドレスは無理。でも今回(リゾ役で)居場所ができるのが、うれしい」(のような内容)。確かにユニークは男だけど、心は女。難しい場所だよなー。

そしてスー。ユニークの配役に怒っていたし、更にフィン怒っている(娘のことを言われたら、当たり前)。いったいどうなる?

次話 glee シーズン4 第6話「グリークラブのグリース」(Glease)のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ