glee シーズン3 第5話 「すばらしき初体験」(The First Time)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン3 第5話 「すばらしき初体験」あらすじ

アーティーの元々の夢はダンサー。でも交通事故で脊髄損傷してしまい、どうしても足が動かないという辛い現実から、”監督”を志すように。そしてそんなアーティーにチャンスが!

それは金曜日にグリークラブで上演する「ウエスト・サイド物語」。ビーストとエマと、ウィルからこのショーの監督に抜擢されたのだ!「はっきり物事を言う」を心がけ、アーティーはみんなをバシバシと指導。

だから、主演であるレイチェルとブレインの「Tonight」のリハーサル時、2人にダメ出し。

この歌は”性の目覚め”なのに、2人の歌声から伝わってこないから、と。「(Hの)経験あるか?」と尋ねると、2人共「No」の答え。「経験もなくて、演じられるか?観客に伝わるか?」には、2人は動揺してしまう。

さて、そんなレイチェル。「金曜日にオハイオ州立大学のアメフト部スカウトが来るから、チャンス」と、フィンは張り切っていた。フィンの夢は、卒業後はアメフト部の奨学金をもらって、大学進学だ。その時に「今日、家に来ないか?」と誘われ、レイチェルは「Yes」と返事。

そして夕方。夕食を2人で食べ、暖炉の前でくつろぎ、”さぁ!”と言う時。「今までトニー賞を獲るまで、お預けと言っていたのに、なんで今はいいの?」とフィンに聞かれ、「好きだから。そういうのにこだわる必要がないと思って」と、レイチェルはごまかす。

だが、「2~3週間後だったら、良いホテルがとれるだろうから、その時にしよう」と提案され、「ダメよ。それじゃぁ、初公演に間に合わない!」と、レイチェルは口を滑らしてしまい、この言葉で初Hが”役作りの為”だと、ばれてしまう。フィンは呆れ、もちろんそこでSTOP!

後日、レイチェルは慌てて女子メンバーを呼び寄せ、相談する。すると、みんなから、「今だとわかる時がくるから、その時まで待つべき」とのアドバイスを受ける。

レイチェルとサンタナが歌う「I Have a Love」をバックに、ティナがマイクとの初体験の話を始める。「2人で何度か話し合ってから、初Hしたよ。だから素敵な思い出」と。

一方、久々にダルトン高校を訪れたブレイン。ウォブラーズのみんなは「Uptown Girl」を歌っていた。

今度講演する「ウエスト・サイド物語」のチケットをブレインはウォブラーズのみんなに渡し、見に来てくれるように頼むと、みんな快諾。

そして歌っている間にブレインに気が付き歩み寄ってきていたセバスチャンが、ブレインに声をかける。彼は、ブレインに憧れているのだ。レイチェルとサンタナが歌う「A Boy Like That」をバックに、セバスチャンはブレインに猛アタック!ブレインが恋人がいるといっても、お構いなしだ!

その時、歌のアドバイスがほしいといわれ、後日カートと共に3人でコーヒーショップで会うことに。そんなセバスチャンだからか、カートは本能が働き、セバスチャンとブレインに合流したカートは、ブレインの腕に自分の腕を回し、セバスチャンをけん制。セバスチャンは気にせず、火花バチバチだ。

その時、偽IDを準備するから、ゲイバーに行こうとセバスチャンに誘われ、カートも了承して、3人で行くことに!

だが、そのバーでは、ブレインはセバスチャンとお酒を飲み、2人で踊りまくり。カートは1人運転手だからとノンアルコールを飲みながら、そんな2人を見つめていた。

そんなカートに「彼氏から目を離すなよ」とアドバイスしてきたのは、なんとカロフスキー!カートをイジメ、転校まで追い込んだ、あのカロフスキーだ。しかもなんとカロフスキーは、陰口を言われたくないと転校までもしていていた。

ちなみに彼はカミングアウトをしていない、隠れゲイ。このゲイバーが落ち着くとのことで、コッソリと通っているそうだ。

カートはカロフスキーの助言もあり、セバスチャンとブレインの間に割って入って、踊りはじめる。そしてバーを出る頃には、すっかり酔っぱらってしまったブレイン。カートの車に乗った時、後部座席でカートを押し倒そうとした!

その前からブレインにOKサインを出してはいたが、これに抵抗するカート。「セバスチャンと踊って酔った、こんな夜は嫌だ!」と訴えると、ブレインは我に返り、歩いて帰っていった。

スポンサーリンク

 

そしていよいよ「ウエスト・サイド物語」の上演が始まった!最初はアーティーが斬新に演出した「America」。不安もあったが、これが観客にうける。

そしていよいよブレインとレイチェルの出番。結局2人共、H未経験のままだ。うまく演じられるか不安になるが、「魂がひかれあうと言う気持ちはよく分かるから、大丈夫」とお互いを励まし、ショーがスタートし、ショーは大盛況で終わる!

その後、舞台では、ブレインがまだ踊っていた。上手く踊れなかった場所を練習していたのだ。そしてそこに現れたのが、カート。「素敵だったよ」と伝え、例の夜のことを謝る。ブレインも謝り、セバスチャンのことは何とも思っていないことを再度伝え、「愛してる」と。

ショーの打ち上げに行こうと誘うブレインに、カートは「いや。君の部屋に行く」と答える。

一方のレイチェル。フィンの家を訪れると、フィンは荒れていた。今日大学アメフト部のスカウト・クーターが来たが、フィンは声がかからなかった。仲間のショーンが声をかけられているのを、ぼんやり見ていただけ。更にクーターから、「今がピーク」とまで言われてしまい…。

自分の夢が破れ、落ち込むフィン。「一緒に新たな夢を探そう」とレイチェルは優しく声をかけ、自分のことばかりだった事を謝る。

そして”今”がその時だと、「One Hand, One Heart」をバックに、レイチェルもブレインも結ばれる。

尚、アーティーは今回が初監督。みんなの衣装やら踊りやらをビシバシと指示していたが、本当のところ、不安でしょうがなかった。だが、今回ショー開演前に、ニュー・ディレクションズのみんなから、「ありがとう」と花束までもらい、感激していた。そしてショーが盛況だったので、監督としての自信を付ける。

そんなアーティー。実は、一緒に監督したビーストの恋の手伝いもしていた。ビーストは大学スカウトのクータ―に恋をしていたが、片想いだからと、諦めていた。だがアーティーがクータ―と話、クータ―もビーストを好きだと分かった!しかも何度もデートに誘っていたのに、断られていたから、諦めようとまでしていたのだ!

ビーストは自分に自信がなさすぎて、ファミレス等に誘われても、”なぜ私を?”と思い、断ってしまっていたのだ。

そこで”ビーストにも分かるように誘って”とアーティーがお願いし、クータ―は花束を渡し、「好きだ」とビーストにはっきり伝える。そしてその後、ショーを2人で見に行く!

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第5話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Tonight レイチェル,ブレイン ミュージカル『West Side Story』
Uptown Girl ウォブラーズ ビリー・ジョエル
A Boy Like That サンタナ,レイチェル ミュージカル『West Side Story』
I Have a Love サンタナ,レイチェル × ミュージカル『West Side Story』
America サンタナ,パック,ティナ,マイク,出演者 ミュージカル『West Side Story』
One Hand, One Heart レイチェル,ブレイン ミュージカル『West Side Story』

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第5話の感想

久々の登場!ウォブラーズ。このシーズンからだね、ウォブラーズの踊りがパワーアップしたのは!バクテンとかガンガン入って、超カッコイイ!「Uptown Girl」いいなー。

そしてセバスチャンの初登場(*´▽`*)!彼の歌声、好きなんだよねー。しかもかなりの意地悪キャラ。カートの目の前でも、お構いなしにブレインにアタックだし。さぁ、これから、どう絡んでくるか!

また今回「A Boy Like That」も「America」も好き!サンタナ、やっぱりカッコイイ!見栄えもするし、やっぱり舞台映えするなー(←サンタナ好き)。

マイクとの初体験を話すティナも良いなー。なんかいかにも”女子高生”って感じで(´∀`*)ポッ。確かに1年以上長く続いているカップルって、ティナとマイクだけだもんなー。他は別れたり、くっついたりの繰り返しだしからね。

また、あらすじには書かなかったけど、マイクも大変なことに!マイクが父の期待する医者にはならず、ダンサーになりたいと話すけど、父は聞く耳持たず。更に”馬鹿な夢をあきらめるまで、親子の縁を切る”とまで!

だから、今回のショーでも、母は見に来てくれても、父は来てくれなかった。これから、どうなる?

次話glee シーズン3 第6「ガチンコ勝負」のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ