glee シーズン3 第11話 「マイケル争奪戦」(Michael)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン3 第11話 「マイケル争奪戦」のあらすじ

地区大会でニュー・ディレクションズはマイケル・ジャクソンの曲を歌ったが、その頃ニュー・ディレクションズを退部し、トラブルトーンズに所属していたサンタナ、ブリトニー、メルセデスは、そのことを残念がる。「州大会でも歌いたい」とウィルに訴え、ウィルも珍しく同意する。

そしてブレインがメインで「Wanna Be Startin’ Somethin’」を歌う。

コーヒーショップで選曲をしていたら、セバスチャンが現れ、州大会のライバルであるウォブラーズもマイケルを歌うと宣言される!しかもセバスチャンはキャプテンになっていて、”手加減しない”と宣戦布告まで!!

そんなセバスチャンに、マイケルを歌うことを話したのは、ブレイン。みんなはブレインにブーイング!そんな中、ウィルは「マイケルだったらどうするか?」とみんなに訊ね、ウォブラーズと歌で対決することに!そして「Bad」で対決!!

だが、最後にセバスチャンがカートを狙ってジュースをかけようとし、かばったブレインが代わりにかぶったのだが、なんとそのジュースの中に入っていた異物が、ブレインの目に入ってしまった!手術が必要となり、最悪は失明という大怪我に!!

さすがに怒るニュー・ディレクションズのみんな。復讐したいと訴えるが、ウィルは「ウォブラーズの校長が調査するから、その報告を待つように」と言うだけ。だが、アーティーは我慢の限界だと訴え、マイクと「Scream」を歌う(※妄想)。

歌い終わり、我にかえったアーティーは頭を冷やしに、部室を後にする。

だが、みんな、セバスチャンに怒っていた。特に恋人のカートは、怒りまくり。そんなカートを教室で見かけたサンタナが復讐に協力しようとしたが、カートは暴力には反対。

そこでサンタナなりに知恵をしぼり、歌で勝負しようとウォブラーズを呼び出し、セバスチャンと1対1で「Smooth Criminal」の歌対決!!

そして歌の後に、ブレインにかけたジュースに何を入れたと聞くと、「岩塩」の答え。そして「これには入っていないから」と言いながら、サンタナにもジュースをかける!

翌日。みんなを集め、セバスチャンと対決した時に、胸の下にこっそり隠していたカセットレコーダーで、”岩塩をジュースの中に入れた”という告白を、テープに録音できたと報告!

「これで警察に被害届けを出せる」とサンタナは誇らしげだが、カートは「暴力には反対だ。別の案がある」と、サンタナの訴えを却下する。

実はセバスチャンに怒っていた頃。NYADAから通知が来ないことにカートは焦っていたが、先日なんと”最終選考”に残った通知が届いたのだ!

更にブレインの見舞いに行ったとき、今週手術予定のブレインは手術に不安があるにも関わらず、そんなカートを祝福してくれた。そしてレイチェルとフィンと共に「Ben」も歌った。そこで気持ちが変わったのだ。

そんなカートの提案は、講堂にウォブラーズのみんなを集め、「州大会でマイケルを歌うのを譲る」ことを宣言し、「Black or White」(肌の色は関係ないという歌)を披露することだった。

すると、次第に共感したウォブラーズのみんなもステージに上がり、ニュー・ディレクションズと一緒に踊り始める。だが、セバスチャンだけは残ったまま。

そんなセバスチャンに、「岩塩を入れたことをテープに録音はしたけど、それを警察に届けずに、州大会で負かしてやる」と宣言!!セバスチャンの汚い作戦がウォブラーズのみんなにもバレて、1人居づらそうに。ちなみにブレインの負った怪我が予想よりも酷いことに、他のウォブラーズ部員は驚いていた。これからどうなる?

スポンサーリンク

 

そんな中、メルセデスに未練タラタラのサム。メルセデスを講堂に呼び出し、「Human Nature」を一緒に歌ってほしいとお願いする。断るメルセデスだが、サムが歌い始め、つい一緒に歌い始める。

最後に2人はキスをする。シェーンというアメフト部の恋人がいるメルセデスだが、今後どうなる?

そしてまたレイチェルも、フィンからの突然のプロポーズに迷っていた。とりあえず3日間返事を待ってもらっているが、答えは出ない。そこで返事の期限を設けないことにしてもらう。

迷い続けるレイチェルは、クインに相談するが、あっさり反対される。「パック、フィン、サムと付き合っていたし、愛した人もいたけど、大学に進学して、冬を迎える頃には忘れている。1人の人だけを愛する時代ではない」とのこと。

そしてクインは、「Never Can Say Goodbye」を歌う。

ちなみにクインは、イェール大学に見事合格。「みんなが支えてくれたから」と、みんなに感謝を伝え、「足かせだったのは、過去の自分。でも断ち切れたから、前に進めた」と、メッセージを伝える。

そいてそんな頃、レイチェルはカートから、NYADAの最終選考に残ったと告げられる。レイチェルもNYADAへ進学希望しているのに、最終選考の通知がまだ来ない。”きっと落ちたんだ…。私には彼氏(フィン)しかいない…”と、将来に不安になる。

そんなころ、フィンから「プロポーズの時に言い忘れたから」と、歌を贈られる。それは”君なしの人生なんて考えられない”という歌詞の「I Just Can’t Stop Loving You」。

歌の後、レイチェルはプロポーズに「Yes!」の返事をする!!

その後。レイチェルのもとにNYADAから最終選考に残った通知が届いた!カートに報告し、喜びを分かち合う2人。だが、カートの「フィンには(NYADAのことを)言った?」の言葉に、レイチェルは戸惑いを隠せない…

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第11話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Wanna Be Startin’ Somethin’ ブレイン,ニュー・ディレクションズ Michael Jackson
Bad ニュー・ディレクションズ,ウォブラーズ Michael Jackson
Scream アーティー,マイク Michael Jackson & Janet Jackson
Never Can Say Goodbye クイン Jackson 5
Human Nature メルセデス,サム Michael Jackson
Ben カート,フィン,レイチェル Michael Jackson
Smooth Criminal サンタナ,セバスチャン Michael Jackson
I Just Can’t Stop Loving You フィン,レイチェル Michael Jackson & Siedah Garret
Black or White ニュー・ディレクションズ Michael Jackson

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第11話の感想

マイケル・ジャクソンは偉大な歌手だけど、私は彼の曲をほとんど知らず。黒人なのに、整形を繰り返して、白人のような顔立ちになったことだけを知っていたから、正直良いイメージは持っていなかったんだよね。

でも今回のgleeを見て、素敵な曲がいっぱいあって、ビックリ!特に「Ben」と「Black or White」が好き。良い曲~。みんながマイケル・ジャクソンを慕うことに、今更ながら納得です。

またセバスチャンとサンタナの「Smooth Criminal」も大好き!サンタナ好きだし、セバスチャンも好きだし。でもそれだけじゃない。今回チェロ2本だけで演奏しているのは、2CELLOSなんだけど、この曲で有名になったとのことだけど、まさに2人の演奏も一見の価値あり!!本当、すごい演奏です!

それにしても今回のセバスチャンはひどい。ブレインは失明の危機だもん。そして最後、サンタナ達に本性ばらされて、ウォブラーズのみんなも、ひいちゃったね~。まぁ、やること、酷過ぎだからねぇ。

いくらブレインに憧れて、ウォブラーズに入部したのに、そのブレインはおらず。恋人のカートが憎いのは分かる気もするけど、でも、ねぇ。

またレイチェル。フィンのプロポーズに「Yes!」の返事。さて、フィンチェル(フィンとレイチェルの2人をこう呼ぶ)、どうなる?

次話glee シーズン3 第12話 「魅惑のスペイン語教師」(The Spanish Teacher)のあらすじと曲リストはこちら


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ