glee シーズン2 第17話「ディーバの苦悩」(A NIGHT OF NEGLECT)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン2 第17話「ディーバの苦悩」(A NIGHT OF NEGLECT)のあらすじ

週大会で優勝し、みごとNY開催の全国大会への出場を決めたグリークラブ。だが、NYまでの旅費が足りない!

しかもアーティ、ティナ、マイク、ブリトニー(ブリトニーだけは代理)が所属する秀才クラブも、決勝戦まで進んでいるのに、旅費が足りず、出場辞退を考えていた。

そこでウィルは、グリークラブと秀才クラブの旅費を稼ぐために、塩キャラメルを売ることを命じる。これはウィルが学生時代そうやって、稼いだからだ。

だが、グリークラブは今も底辺扱いで、相変わらずジュースをかけられている。そんな状況で、売るのは厳しい。そこでホリーのアドバイスに従い、費用を稼ぐために”ショー”を開催することに!

そんな時、グリークラブのみんなの前に現れたのが、サンシャイン。レイチェルに嘘のオーディション会場を教えられ、それが原因なって、ライバル校のボーカル・アドレナリンに引き抜かれてしまった、あのサンシャインだ。

その彼女が、なんとショーに協力したいと申し出たのだ。その手始めに「All by Myself」を披露!

サンシャインの歌声もパフォーマンスもすごいが、なんといっても魅力的なのは彼女のフォロワー600人!サンシャインがショーに出場すれば、チケットが売れる!反対するレイチェルを押し切って、サンシャインにもショーに出てもらうことに!

だが、サンシャインが歌うなら、ラストは彼女。ショーのトリを飾りたかったメルセデスだが、しょうがなく譲ることに。

そんなメルセデスに接近したのが、ローレン。”才能があるのに、自分を低く見ているなんて勿体ない”、とアドバイス。そして報酬の1割を条件に、ローレンがマネージャーに!なんといってもローレンはジラス作戦で、あのパックを夢中にさせた程の手腕。

メルセデスにショーに出てもらいたいみんなは、なんとかメルセデスのワガママに対処しようとはするが、ローレンの入れ知恵もあって、メルセデスの要求はどんどん過剰に!加湿器や大量のチョコ、果てには犬etc。これには、みんなは困り果ててしまう。

そして迎えたショー当日。観客はなんとたったの6人!!カートとブレイン、サンディーとベッキー、ジェイコブ、他1人のみだ。

サンシャインは急遽来ることができなくなり、もちろん彼女のフォロワーも来ない。ショーを中止にしようか迷うが、観客がいる限りは開催することに!

スポンサーリンク

 

ショーのトップはティナ。「I Follow Rivers」を歌うが、その最中にヤジが飛びまくり、ティナはショックで泣き崩れる。

実は、この仕打ちも全てスーの仕業。州大会で負けたスーは、ウィルの元妻テリ教師をクビになったサンディ、ライバル校のボーカル・アドレナリンのコーチのグルーズビー。この3人とグリークラブを潰すために、”破滅同盟”を結成していた。

だから、グルーズビーのせいで、サンシャインは来れなかった。そしてカートとブレイン以外の観客は、スーが強引に入部させた”ヤジクラブ”のメンバー。だからヤジが飛びまくっていたのだ。

そこで塩キャラメルを配ってヤジクラブの口を紡がせ、その間にマイクが「Bubble Toes」をバックに、踊る。

しかしもうキャラメルは終わってしまった。しかもその次に歌う予定のメルセデスがいない!彼女は要求が通らないから、と帰ってしまっていたのだ!!

ヤジクラブのメンバーは、ホリーがサンディー以外の生徒を説得し、見事に反省させて帰宅させる!これで残るはサンディーのみだ!!

他のみんなはメルセデスを探す。レイチェルが車の中にいるメルセデスを見つけて声をかけると、「なぜ、いつも大事な曲はあんたがソロなの?」と愚痴をこぼす。そんなメルセデスに、「私はソロのためならなんでもやる。戻って私からラストを奪ったら!?」と説得!

そしてメルセデスはショーに戻り、「Ain’t No Way」を披露!

その姿に感動するレイチェル。「あなたがラストよ」とメルセデスに告げ、ショーは終わる。

そんなメルセデスの歌に感動していたのが、もう1人。それはサンディー!サンディーの好きだった歌ということもあって、ヤジを飛ばさなかっただけではなく、なんと全国大会への遠征費用まで全額出してくれたのだ!これで秀才クラブも、グリークラブも全国大会へ出場できる!!

つまり、今回の”破滅同盟”の作戦は、見事失敗。そしてスーは次の作戦として、テリの出番を企てる。

尚、グルーズビーの今回の任務は、ホリーとウィルの仲を裂くこと。グルーズビーはホリーを口説くが、相手にされず終わる。ただホリーが、ショーで「Turning Tables」を歌い、ウィルに別れを告げたことで、2人は別れたが。

ホリーにとって、ウィルはいい人すぎた。だから別れを告げたが、実は”エマ”が理由。エマはウィルを今でも好きで、その為にカールに離婚された程。そしてウィルもエマを想っている。だからだ。

スポンサーリンク

 

glee シーズン2 第17話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
All by Myself サンシャイン セリーヌ・ディオン
I Follow Rivers ティナ Lykke Li
Bubble Toes マイク × ジャック・ジョンソン
Turning Tables ホーリー ADELE
Ain’t No Way メルセデス アレサ・フランクリン

glee シーズン2で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン2 第17話の感想

サンシャインの「All by Myself」カッコイイ!やっぱり上手いし、すごい!この一言に尽きます。何回もYoutube見ちゃいましたよー。大好き!!

またホリーの「Turning Tables」は切ない。カールに離婚されてことで超潔癖症に戻ってしまったエマに、”友達としてずっとそばにいるよ”とウィルが伝えているところを見ちゃったら、そりゃー、もう、ねぇ。

しかもエマの気持ちも知っているなら、尚更。本当はホリーもウィルを好きなんだけど、身を引こうとする。その気持ちがこもっていて、何かジワっとくる。

またメルセデスの「Ain’t No Way」も、良かった~。やっぱりメルセデス上手!それなのに、いつも我儘レイチェルにソロとられちゃったら、拗ねちゃうのも分かるなー。

次話glee シーズン2 第18話「ボーン・ディス・ウェイ」(BORN THIS WAY)のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ