glee シーズン4 第17話「どうしても止められない!」(Guilty Pleasures)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン4 第17話「どうしても止められない!」のあらすじ

サムが学校の食堂で、大量のマカロニを盗むところを目撃してしまったブレイン。食べ物が足りなくて、マカロニを盗んだと思ったブレインは、50ドル渡そうとする。が、それは食べるためではなかった。サムの”禁断の楽しみ”。マカロニアートを作るためだった!それを見せられ驚いているブレインに、「君の秘密は?誰にも出1つはあるだろう?」と聞かれ、「ワムが好き」と告白する。

”禁断の楽しみ”を告白し、気が楽になったし、絆が深まった2人。そこで今週病欠のウィルに代わり、2人で勝手に課題を”禁断の楽しみ”と提案。そして手本として、まずはワムの「Wake Me Up Before You Go-Go」を歌う。

すると、サムが次の秘密「マニロウが好き」だと、ブレインに告白。そこでブレインの励ましもあり、勇気を出して、みんなの前で「マニロウ」の「Copacabana」を披露。

すると、意外なことにアーティーも彼を好きだし、ブレインも好きだと告白してきた。

だが、その後、ブレインは困ったことに。サムから、またしても”秘密”を聞かれたのだ。でもそれはなかなか言えない秘密。だがブレインは、ピアノを弾きながら、「僕を見てほしい」という歌詞の「Against All Odds (Take a Look at Me Now) 」を、サムを時折見つめながら歌う。

そんなブレインの気持ちに、周りは気が付いた。歌い終わった後、「誰を想って、歌ったの?」とブレインに片想いのティナが意地悪く聞くと、「決まっている。カートだよ。今も辛い」と答える。「僕の秘密は、フィル・コリンを好きなこと」、と付け足して。その後、サムは普段通りにシメる。

だが、ちゃんとサムも気が付いていた。後に、1人ピアノでフィル・コリンの曲を練習しているブレインの元に行き、「君が好きなのは僕だろ?」とストレートに聞く。戸惑うブレインに、「君はゲイで、僕はいい男だから、好きにならないのは失礼だ」とも。「嫌じゃないの?」と心配するブレインに、「今まで通り友達だ。君を信頼している」と答え、ホッとするブレイン。そう、ブレインは友情が壊れるのを心配していたのだ。そして最後ハグする。

だが、それだけではない。その頃、みんなからちょっと浮いているキティまでもが秘密を暴露!なんと彼女は「スパイス・ガールズ」が好きなのだ。まぁ、それはブリトニーが”2人でフォンディ”の番組でしつこく聞いてきて、しょうがなくブリトニーにだけ教えてたら、それを勝手にばらされただけだが。

てっきりみんなが引くと思っていたら、傍にいたユニーク,ティナ,マーリーの3人も「私も好き!」と告白。そしてブリトニー含め、5人でスパイス・ガールズの「Wannabe」を歌う。

そしてその後は、ジェイク。彼の秘密は「クリス・ブラウンを好きなこと」。恋人のリアーナにDVを加えたこともある、あの彼だ。そのことを事前に知ったマーリーたち女性5人組から、猛烈に非難されてしまう。「彼の性格ではなく、彼の歌が好きだ」と伝えても、「彼の歌を聞くと、気分が悪くなる」etc言われ、結局別のブラウン。ボビー・ブラウンを歌うことに。曲は「My Prerogative」。

が、みんなノリが悪い。その理由を後でアーティーから教えてもらったジェイクは、「ボビーがホイットニーを薬漬けにしたなんて、知らなかった(※事実は不明)。許してほしい」とマーリーに謝る。その場にいたキティとティナからは、「知らなったの?」と呆れられたが、マーリーとは仲直りできた。そして最後、みんなで「Mamma Mia」を歌う。

スポンサーリンク

 

ここでNY。レイチェルはブロディから突然、理由もなく、別れを告げられて、落ち込んでいる。だが、これはブロディが男娼であることを知って激怒したフィンに、「未来の妻に手を出すな」の言葉と共に、殴られたためだ。

ちなみに、フィンを呼んだのはサンタナで、カートにはブロディの正体を説明したが、レイチェルには秘密。ファニーガールのオーディションを控えているので、内緒にしたのだ。が、レイチェルはあまりにも落ち込みまくる上に、ブロディとヨリを戻すことを期待していた。そこで、とうとうサンタナはブロディが男娼であることを伝える。

ショックを受けたレイチェルは、ブロディに会いに行く。そして「なんで男娼なんてしているの?秘密にしていたの?」とぶつける。「授業料を払わない親もいる。しょうがない」と答えるブロディ。そして「君だって秘密があるだろう。俺を殴ったのは、君の元婚約者だ。彼が来ていることを教えてなかっただろう」。そのことにレイチェルは驚きながら、「フィンが…?」とつぶやく。

「未来の妻だと言っていた。それに君だって、今も彼が好きだろう。結婚式の時、彼と寝ただろう」と言われ、レイチェルは「確かにあなたを利用していたのかもしれない」と認める。「フィンのいない寂しさを、あなたで埋めていたのかもしれない」と。そして2人はお互いにまだ気持ちはあるが、完全に別れる。「Creep」を歌う。

その後、レイチェルはテレビを見ているサンタナとカートにお礼を言い、サンタナは再び同居人となる。3人でレイチェルの好きな「Mamma Mia」を歌い、踊る。ちなみに「Mamma Mia」のPVでカートとサンタナが使用している腕の形の枕は、カートの”秘密の楽しみ”。

スポンサーリンク

 

glee シーズン4 第17話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Wake Me Up Before You Go-Go ブレイン,サム,(ニュー・ディレクションズ) Wham!
Copacabana サム,(ニュー・ディレクションズ) Barry Manilow
Against All Odds (Take a Look at Me Now ブレイン Phil Collins
Wannabe ユニーク,ティナ,キティ,ブリトニー,マーリー Spice Girls
My Prerogative ジェイク Bobby Brown
Creep ブロディ,レイチェル Radiohead
Mamma Mia レイチェルサンタナ,カート,ニュー・ディレクションズ ABBA

glee シーズン4で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン4 第17話の感想

今回スパイス・ガールズの「Wannabe」楽しくて、好きだなー。はっちゃけてるユニークもいいけど、キティがいい!アーティーも言っていたが、こんなに楽しそうなキティを見るの初めてかも。本当に楽しそうだし、表情がいい。ダンスピカイチで、歌も結構上手だしね。

ちなみにキティ。人気者のはずだけど、性格悪いし、結構周りから嫌われている模様。で、今回ブリトニーから注意され、性格を直そうとしているとのこと。私としては、柔らかいサンタナって感じで、そのままで良いんだけどなー(笑)

またブレインの「Against All Odds (Take a Look at Me Now) 」は切ないなー。サムを好きだけど、サムにばれたら、嫌がられて、友達じゃなくなっちゃうかもしれないんだもんな。ゲイってそこ、難しいよねぇ。ゲイってバレただけで、カロフスキーはいじめられていたもん。

それにしてもサム、男前!!まさか「僕を好きでも構わないよ」なんて、ゲイの友達にそう言えるのは、すごい。普段はアホキャラなのに、ここぞ!という時にはいいこと言う。だからかなぁ。サムって、結構モテてるもんなー。クイン、(一瞬だけど)サンタナと付き合っているし、メルセデスとも。で、今はブリトニー。3美女チアトリオ全員と付き合っているは、サムだけじゃないかなぁ?

あっ、パックもか!?サンタナとはセックスフレンドだったし、クインとはベイビーちゃんまでいるし。ブリトニーは学校中の男と寝たらしいし。でもまぁ、パックは女ったらしだし、チア部全員味見したらしいし。サムとはまぁ、違うわなぁ。まぁ、結論は、サムは結構モテるってことで(笑)

次話gleeシーズン4 第18話 「最後に伝える言葉」(Shooting Star)のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ