glee シーズン2 第18話「ボーン・ディス・ウェイ」(BORN THIS WAY)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン2 第18話「ボーン・ディス・ウェイ」のあらすじ

全国大会へ向けて、ダンスレッスンを強化!しかし練習中、フィンがレイチェルの鼻に腕をぶつけてしまった。

急いで病院へ行くと、なんとレイチェルの鼻が折れていた!その際にユダヤ系はみんなが鼻を整形するのが通り道だからと、医者に鼻の整形を勧められる。レイチェルは乗り気になるが、グリークラブのみんなは反対だ。

そこでカールに離婚されたショックで超潔癖性に戻ってしまったエマを含め、”ありのままの自分を受けていれて欲しい”と思い、今週の課題を”ACCEPTANCE”(受け入れる)に!

最後にみんなで自分の欠点を書いたTシャツを着て、Lady Gagaの「Born This Way」を歌うことにする。そこで手本として、エマが欠点を書いたTシャツを披露すると、そこには”GINGER(赤毛)”の文字。これにはウィルを始め、みんなガッカリ。

実はエマは、自分の潔癖性を受け入れていない。”これが私”として、治そうとしないのだ。だがウィルの強い薦めで、とうとう医者に行く。医者から”OCD”(強迫性障害)という病気と診断され、治療として薬を飲むことを勧められる。

エマは抵抗するが、”糖尿病の生徒がいたら、治療を薦めないのか?”とウィルに諭される。この病気は”良くなる”とも。

スポンサーリンク

 

さて。鼻の整形を考えているレイチェルは、クインのような鼻になりたい。そこでクインと一緒に病院へ行き、医者に整形後のイメージをみるために、「I Feel Pretty / Unpretty」を歌いながら、クインの鼻との合成写真を頼む。

ますます整形しようと考えるレイチェル。そんな彼女を引きとめようと、パックに誘われて出かけると、そこにいたのはカート。”(レイチェルの尊敬する)バーブラはありのままの姿でいた。今までの美の概念すらも変えたんだ”と。そして「Barbra Streisand」の歌で説得。

フィンは今週の課題として、マイクと欠点であるダンスをしながら、「I’ve Gotta Be Me」を歌う。

さて、ここで、プロムまでもう少し!クインはプロムクイーンの座を狙っているが、実はサンタナも狙っていた!クイーンになれば、サンタナをフッたブリトニーが自分のもとへ来ると考えたからだ。

そこで自分の人気を上げる方法として、”カートが再びマッキンリー高校へ戻ってくるようにすれば良い”と思いつく!

カート自身も伝統を重視するウォブラーズに馴染めず、ニュー・ディレクションズを恋しく思っていた。だが再び戻ってくるには、カートをイジメていたカロフスキーが問題だ。

しかしサンタナは、カロフスキーが隠れゲイであることに気がついた!そこでサンタナらしく、カロフスキーを脅し、お互いストレートのフリをしてカップルを演じ、ついでにカロフスキーをプロムのキングに立候補させる。

またサンタナとカロフスキーは、2人で”いじめ撲滅隊”を結成し、学校内をパトロールして、イジメをSTOPさせる活動を始める!

そしてカロフスキーは校長経由でニュー・ディレクションズのみんなに謝り、更にカートとバート(カートの父)と話し合い、カートにも謝る。

このカロフスキーの態度に不信感を持ったカートは、カロフスキーと2人で話し合い、裏話のサンタナの野心を聞きだし、全てに納得する!そしてカートは再びマッキンリー高校へ戻る!ニュー・ディレクションズのみんなは、もちろん大喜び。

そこに恋人のブレインはもちろん、ウォブラーズのみんながカートにお別れを言いに来て、「Somewhere Only We Know」を披露。

その後カートは「As If We Never Said Goodbye」を歌いながら、学校内を歩き回り、懐かしむ。

ここでプロムクイーンに立候補した女性がもうひとり。それはローレン!それを知ったクインは、ついローレンに突っかかる。だが今度は逆にローレンが仕掛けてきた!なんとクインの過去を調べあげてきたのだ!!

実はクインの本名は、ルーシー。中学時代”デカ尻ルーシー”とあだ名されるくらい太っちょで、友達もいなかった。

”自分を変えよう”と30キロ程も痩せ、名前もミドルネームQからクインに変更。鼻も整形し、転校までして過去を隠していたのだ!

しかしその頃の写真を、ローレンに掲示板に貼られてしまった↓。これにクインは、大ショック!

クインの秘密

プロムクイーンの座を諦めたクインではあったが、ここで意外なことが。恋人フィンはルーシーを受け入れてくれ、太っちょの人たちやらがこの事でクインに好感を持ち、支持率が40%もUpしたのだ!!

そして最後。いよいよ「Born This Way」を歌うために、自分の欠点を書いたTシャツを着たみんなが、講堂に集まりはじめた。

サンタナは”BITCH”と書いたTシャツを着ていたが、”レバノン人”(レズビアンの間違い)のTシャツをブリトニーに手渡され、「自分を隠すは、おかしいよ」と言われる。「あなた自身よりも、あなたが好きよ」とも。

レイチェルは整形をやめることにし、”鼻”と書いたTシャツを着る。エマも渋っていた薬をのみ、みんなのもとへ。

そして各自、自分の欠点をプリントしたTシャツを着て、「Born This Way」(ありのままの自分が美しいという歌)を歌う!!

スポンサーリンク

 

glee シーズン2 第18話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
I Feel Pretty / Unpretty クイン,レイチェル 映画『West Side Story』/TLC
I’ve Gotta Be Me フィン,マイク サミー・デイヴィス・ジュニア
Somewhere Only We Know ウォブラーズ キーン
As If We Never Said Goodbye カート ミュージカル『Sunset Boulevard』
Barbra Streisand ニュー・ディレクションズ,モールの客たち × Duck Sauce
Born This Way ニュー・ディレクションズ レディー・ガガ

glee シーズン2で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン2 第18話の感想

Born This Way」の歌も、この回も大好き!!私はこの歌を聞いて、Lady Gagaさんが好きになりました。

  • ありのままで美しい
  • 白人だろうと黒人だろうと、障害者であっても関係ない

ストレートなこれらのセリフにグッときました。”ありのままの自分を受け入れる”って、難しいけどすごく大切。だって、自分を好きでないと、誰も好きになってくれないから。欠点いっぱいだし、こうだったらな…と思うところなんて、いっぱいあるのは人だから当たり前なんだよね!

ちなみにgleeみんなが書いていた欠点はこちら

  • ウィル:ケツアゴ
  • カート:男の子が好き(ゲイ)
  • ティナ:茶色の目
  • メルセデス:エクステ命
  • ブリトニー:おバカ
  • マイク:歌えない
  • フィン:踊れない
  • サム:魚の口
  • アーティー:メガネ
  • エマ:OCD
  • レイチェル:鼻
  • クイン:ルーシー
  • パック:バカ
  • ローレン:態度でかい

それにしても、今回びっくりしたのはクインの過去。すごすぎる。そして嬉しかったのは、カートがマッキンリー高校に帰ってきたこと!カートがいると、やっぱりいいなー。

次話glee シーズン2 第19話「うわさの真相」(RUMOURS)のあらすじと曲リストはこちら


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ