glee シーズン3 第17話 「ホイットニーに捧ぐ」(Dance With Somebody)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン3 第17話「ホイットニーに捧ぐ」のあらすじ

ホイットニー・ヒューストンの突然死から2ヶ月経ったが、メルセデスは今も悲しんでいて、彼女の写真を見ながら「How Will I Know」を歌う(サンタナ、カート、レイチェルも途中から参加)

そんな生徒たちの姿に不安になったウィル。エマに相談すると、「もうすぐ卒業だから、その不安な気持ちがあって、ホイットニーの死に余計悲しんでいるのでは?」とのこと。そこで今週の課題を「ホイットニー」にし、歌を通じて自分の気持ちと向き合うことに!

ブリトニーは早速「I Wanna Dance With Somebody (Who Loves Me)」を歌う。

だがみんながノリノリで踊っている間、車椅子のクインは寂しそうにしていた。交通事故で歩けなくなっても、「リハビリすれば歩けるようになる」!と前向きに考えて、リハビリに勤しんでいたが、リハビリの成果がなかなか出なく、落ち込んでいた。だから、楽しそうに踊っているみんなの姿に、悲しくなってしまったのだ。

そしてそんなクインの気持ちに気がついたのが、新入りのジョー。クインを気遣い、リハビリにも付き合っていた。そして2人は「Saving All My Love For You」を歌う。

歌っている間、クインとジョーは見つめあっていて、周りからも2人に恋心があることがバレバレ。

で、女子メンバーから「どうなのか?」と聞かれ、「何もない。友達よ」とクインは素っ気無く返事し、「リハビリ中にいい雰囲気になったのに、キスしてくれなかった。彼はこの姿(車椅子)にひいたのよ!」と言って、立ち去ってしまった。クインは自信を失い、卑屈になっているのだ。

だが、ジョーはクインを好きで、どうしたらいいか困り、サムに相談していた。サムから「クインもジョーに気がある。現代のクリスチャンは祈りもするけど、自分の欲求は無理に抑えなくても良いんじゃないか」とアドバイスされる。

だが、ジョーには神への信仰が全てだし(欲情はNG)、今まで自宅学習で、学校通いも始めて。だから、過去にこんな恋愛経験もなく、戸惑ったままだ。

ジョーはリハビリ中に、クインに自分の気持ちをぶつける。そしてお互いを好きだけど、ジョーの信仰心を大切にすることとなって、2人はまぁ、そんな関係に(笑)

スポンサーリンク

 

ここでカート。課題の歌を探したいし、NYADAのオーディション用に曲を選びたいから、”楽譜店に一緒に行こう”と、ブレインを誘ったが、用事があると断られてしまった。

カートはなんとなく寂しかった。ブレインが最近そっけないからだ。メールもあまり来ないし、SEXも予定している以外の日はしていない。そんな状況だ。

そしてそんな時、楽譜店で同じくNYの大学進学を目指しているチャンドラーと知り合う。チャンドラーはカートと趣味があう上に、カートを褒めまくるメールを送ってきて、つい嬉しくなって、カートは四六時中メールし合うように。

レイチェルから忠告されるが、「メールだけで浮気じゃない」と反論し、カートはそのままチャンドラーとメール漬け。

しかしとうとうブレインにチャンドラーとのメールを見られてしまい、喧嘩に発展!怒ったブレインはみんなの前で、”一人でもいい”という歌詞の「It’s Not Right But It’s Okay」を歌い、カートに怒りをぶつける!

さて、カート。喧嘩中のブレインの気持ちが分からずに、困惑していた。そんな頃NYへ旅立つために、部屋の荷物を整理していたら、父バートから「寂しくなる」と言われる。今まで一緒に暮らしていたのに、これから別々に生活するからだ。そんなバートの気持ちを聞いて、自分に素直になったカート。

カートはブレインを想いながら、みんなの前で、”一緒にいたい”という歌詞の「I Have Nothing」を歌う。

その後にカートはブレインを呼び出し、本音を話し合う。

ブレインがカートに素っ気ない態度を取っていた理由は、1人でも大丈夫なように”練習”していたからだった。カートはもうすぐNYへ旅立つ。しかしブレインはまだココ、オハイオ州に残る(※ブレインは3年生)。離ればなれになってしまうから、ブレインはカートのいない生活に慣れようとしていたのだ!

カートはNY生活を楽しみにしていて、そんなブレインの気持ちに全く気が付いていなかった。「電話もするし、週末には会えるよ」と話をして、ブレインと無事に仲直り!!

また課題として、なんとサンタナとレイチェルがデュエットで「So Emotional」を披露。

実はサンタナとレイチェルのデュエットは初めて!サンタナは、歌は好きでも、レイチェルを嫌っていたからだ。しかし卒業まであと42日と残り少なくなり、ようやく2人は仲良くなって、こうしてデュエットしたのだ!

しかし”高校卒業”まであと少しなのを寂しく思っていたのは、サンタナだけじゃない。パックも、そしてなんとウィルも同じだった!

ウィルはエマとの結婚式を12月に予定していたのに、いきなり7ヶ月も前倒して、来月に早めようとしたのだ!その為にウェディングプランナーまで雇ったが、結局は準備が間に合わないし、会場も決まらない。まぁ、どう考えても、無理があるのだが。

「みんなは卒業したら結婚式に来てくれないんじゃないか?」と、ウィルはエマに本音を話す。だから、みんなが卒業する前に、どうしても結婚式をあげたかったのだ!しかしエマから「大丈夫。みんなは来てくれるよ」と諭され、結局は予定通りの日程ですることに。

そして最後に、”絆は強い”という歌詞の「My Love Is Your Love」を歌うニュー・ディレクションズのみんなの姿を見て、ウィルも安心する。

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第17話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
How Will I Know メルセデス,サンタナ,カート,レイチェル Whitney Houston
I Wanna Dance With Somebody (Who Loves Me) ブリトニー,サンタナ,(チア部)
Saving All My Love For You ジョー,クイン
So Emotional サンタナ,レイチェル
It’s Not Right But It’s Okay ブレイン
I Have Nothing カート
My Love Is Your Love ニュー・ディレクションズ

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第17話の感想

今回ホイットニー・ヒューストンさんの死を悼んでいるのが、実は”高校卒業”で、新しい生活への不安も重なっているというのは、”あ~”と思った。確かに高校を卒業すると、今まで住んでいた環境と、かな~り変わるもんね。(私なんて大学進学で、実家からかなり離れた土地でいきなり一人暮らししたもんだから、エラク変わったなぁ)

でも最後に歌った「My Love Is Your Love」が素敵。特別な絆があれば、”会えなくても、心はつながっていられる”ってある。仲間って大事だよね!

そして今回とうとうサンタナとレイチェルがデュエットするほど、仲良くなった!これは、もうスゴイわ。レイチェルはずっと嫌われ者だったし、サンタナもクインもいじめっ子だったのにね。

で、結構面白かったのが、「名声のためなら、私たち(レイチェルとサンタナ)はなりふり構わないしね」(のようなことを)言っていたこと!確かにこの2人なら、人を蹴落すことも、気にしないわ(笑)

そしてクイン。やはり交通事故による影響は大きすぎた。失ったものが、余りにも多すぎるよなぁ。そしてそんなクインに、そっと寄り添うジョー。2人の関係も気になるけど、クインは大丈夫か?歩けるようになるのか?

それにしても、ジョーとの「Saving All My Love For You」でのクインの視線は、もう想いがあふれていて、すごいわ。”これぞ女優!”って思う。目だけで、気持ちを表現しているよ~!それにしてもあんな目をされたら、男はドキドキもんでしょうなぁ(笑)。

次話glee シーズン3 第18話 「プレッシャー」(Choke)のあらすじと曲紹介はこちら


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ