glee シーズン1 第8話「迫られた究極の選択」(MASH-UP) あらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン1 第8話「迫られた究極の選択」 あらすじ

地区大会まであと少し!gleeクラブで、ウィルは自分の好きな「Bust a Move」を一緒に歌おうとフィンを誘ったが、断られてしまった。そこで自分が歌って、手本を示す。

そしてこの曲のマッシュアップを課題にする。

実はこの時、フィンとクインはショックを受けていた。その直前に、フィンが初めてジュースをかけられたからだ!これはクインの妊娠が学校中にバレてしまった為で、2人が人気者の座から転落してしまったことを意味する。

(ちなみにレイチェル、カート、ティナ、アーティー、メルセデスといった、落ちこぼれメンバーは、散々ジュースをかけられているので、ジュースを手に持っている生徒を見ると、無意識に怯える)

更にフィンは、アメフト部のメンバーからも、グリークラブとの掛け持ちとクインの妊娠をネタに、嫌がらせをされる。怒ったフィンは、喧嘩までする始末。そしてとうとうチーム内に不協和音がでるからと、アメフト部かグリークラブ、どちらか一つにするように、コーチのケンから言われてしまう。

 

だが、実はこれには裏があった。ケンとエマはハワイでの結婚式の後に、ダンスをする予定であり、ウィルはエマのダンスレッスンを頼まれていた。その際に、ケンの好きな「Thong Song」と、エマの好きな「I Could Have Danced All Night」のマッシュアップも。

しかし「Thong Song」を歌いながら、2人で楽しそうにレッスンする現場をケンに見られてしまい、嫉妬したケンが、ウィルに嫌がらせをしたからだった(エマもエマで、ドレス姿でレッスンだし)。

そしてフィンと同じように、パック、マット、マイク、(カート)も、どちらの部か選択することに-。

ちなみに地区大会までもう日にちがなく、ひとりでも部員がかければ出場できなくなり、グリークラブは廃部となってしまう。絶体絶命のピンチだ!

 

そのうちの1人パック。「What a Girl Wants」を部屋で熱唱するレイチェルの傍で、なんとギターを弾いていた。

なんとパックは、レイチェルに猛アタックしているのだ。しかも理由は”神の啓示”。 母親から「あなたもユダヤ人。ユダヤ人の彼女を作って」と言われたその夜に、レイチェルが出てくる夢を見た。それで、レイチェルと恋人になることが、神の啓示と思ってしまったのだ(笑)。

しかしレイチェルから、「ソロも歌えない人とは…」と断られる。そこでグリークラブで「Sweet Caroline」をレイチェルに捧げると、熱唱!

パックの歌の間、以前パックとセックスフレンドだった(?)サンタナ、レイチェルにちょっと想いを寄せているフィンは渋い顔。本当はパックの子を妊娠しているクインは、うっとり顔。レイチェルはずっと嬉しい顔。そして、パックとレイチェルの距離は、再び近づく。

その頃ケンが生徒にクラブの選択を迫っていることを聞いたウィルは、ケンに直談判をするが、ケンは聞き入れなかった。どうなる?グリークラブ。

スポンサーリンク

 

そうして迎えた運命の日。グリークラブかアメフト部のどちからを選択する日。

そんな日に、エマにウェディングドレス選びに付き添わされてしまったウィル。落ち着きがないウィルの前に、裾の短いドレスを着て、エマが登場。そして「I Could Have Danced All Night」を歌いながら、ウィルと無事に踊りきる!

2人の距離も縮まりそうになった。しかしウィルはケンから忠告され、エマと一定の距離を置くことに。そこでエマをその場に残し、グリークラブのもとへ。

 

いよいよ迎えた運命の時間。グリークラブのみんなが見守る中、なんとマックとマイクはグリークラブへ。そしてパックも登場!3人はグリークラブを選んだのだ!!しかしフィンは来なかった。悩みながらも、アメフト部を選んだのだ…。

ちなみにカートは最初からグリークラブに決めている。なんちゃってアメフト部員だし(笑)

しかしその後、フィンはアメフト部のみんなから、カートにジュースをかけることを強要される。やらないと袋叩きにされる。でもやりたくない。すると、カートはそんなフィンを想い、自分からジュースをかぶった!!

 

悩んだフィンは、ケンにグリークラブとの掛け持ちを直談判!その熱意におされ、ケンは今までどおりに、グリークラブとかけもちする事を認める。そうして、フィンもグリークラブへ無事に戻ってきた!!尚、パック、マイク、マットもアメフト部へ復帰。

みんなが喜ぶ中、クインは憂鬱だった。ジュースを顔にかけられてしまうほど、人気者の座から転落している上に、スーからチア部の退部宣言をされてしまったのだ。これから、いったいどうなる?

尚、レイチェルとパックは別れることに。パックはクインが好きで、傍にいたくてグリークラブを選んだ程。そしてレイチェルが好きなのは、フィン。元々無理だった2人なのだ。

 

でもそれは人だけではない。マッシュアップも同じ。ウィルの好きな「Bust a Move」もできなかっし、。エマ達から頼まれた2曲のマッシュアップもできなかった。何でもマッシュアップできるのではなく、相性があるのだ。そう、曲にも、人にも…。

スポンサーリンク

 

今話gleeシーズン1  第8話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Bust a Move ウィル,ニュー・ディレクションズ Young MC
Thong Song ウィル シスコ
What a Girl Wants レイチェル × クリスティーナ・アギレラ
Sweet Caroline パック ニール・ダイアモンド
I Could Have Danced All Night エマ ミュージカル 「マイ・フェア・レディ」

glee シーズン1で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン1 第8話の感想

久々のパックのソロ。やっぱり、パックの声って良いな~( *´艸`)もっとソロで歌ってほしいよ~。パックって、意地悪だし悪ぶっているのに、たま~に今回みたいに笑える。神の啓示が「レイチェルを落とせ」って。それに(特にシーズン2)、女の趣味が悪いな~っと何度か思ったしね(笑)

それにしても、フィンを庇って、自分でジュースをかぶったカート。それにもびっくりしたけど、その後の「スパに連れてって」のカートの言葉の後に、レイチェル、ティナ、メルセデがカートを女子トイレに連れて行っのにビックリ。カート、一応男だよ(笑)。

しかもカートの髪を洗ったりしたんだけど、その手馴れさにも2度びっくり。いじめられっ子なのが、ひしひしと伝わってきたよ。

また手にジュースを持っている人がいる時にお、怯え方も面白かった。グリークラブって本当に底辺なのを、再度実感。そこに人気者のフィンたちがいるのも、ある意味スゴい。

さぁ、地区大会まであと少し。これからどうなる!?

glee シーズン1 第9話「グリー部の車いす体験記」(WHEELS) あらすじと曲紹介


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ