glee シーズン5 第10話 「スターチャイルド争奪戦」(Trio)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン5 第10話 「スターチャイルド争奪戦」のあらすじ

サンタナがレイチェル主演のファニー・ガールの代役に応募したことから、2人の仲は険悪に。レイチェルは部屋を飛び出してしまった。

そんなレイチェルが今住んでいるのは、スターチャイルドの部屋。彼の家に押しかけ、居候を始めていたのだ。ちなみに彼はゲイ。そんなスターチャイルドが舞台の練習をしているレイチェルを訪れ、2人で「Barracuda」を歌う。

しかしスターチャイルドは、サンタナとレイチェルのバトルに巻き込まれてしまった!レイチェルからは、サンタナと話すだけで「裏切者」呼ばわれ、サンタナからレイチェルの悪口を言われたり、だ。

更には、カフェで「Gloria」がリクエストされ、レイチェルが歌うことになった途端、サンタナも歌うとライバル心むき出しに。しかもスターチャイルドに「どっちがうまいか教えて」と言い、2人はスターチャイルドを奪い合いながら歌う。

あまりの険悪さに、さすがのスターチャイルドも嫌気がさし、「もうやってられない」と悲鳴を上げる。そして「2人が仲直りするまでバンドは休止」と宣言。

再度カートが仲裁に入り、レイチェルとサンタナで話し合いをさせる。が、やはりこじれる。レイチェルは「代役ってのは、私の病気やケガを願うものよ!」といい張り、「なんで応募したのよ!」と怒る。サンタナは「単にチャンスをつかみに行っただけ。あんたでも同じことするでしょ?」と言い、まぁ、平行線だ。

そんな2人に、カートも嫌気がさし、レイチェルとサンタナ抜きで、3人で新たなバンドを作ることに!唖然とする2人に、「ライブは見に来てね」と誘う。ちなみにサンタナの恋人ダニも、ただ楽しく歌いだけなので、これに賛成している。

さて。カートの新バンド「ワン・スリー・ヒル」のライブが始まった。サンタナとレイチェルは約束通り見に行く。3人は楽しそうに「The Happening」を歌い、観客も盛り上がる!それを気まずそうに見る2人。

ライブ終わった後、レイチェルとサンタナは話し合いをするが、やはりいがみ合ったまま。スターチャイルドもダニも「仲直りしたら、また一緒に歌おう」と言ってくれているが。どうなる?

スポンサーリンク

 

一方、オハオイ。全国大会も、卒業まであと少し!そこで卒業する3人。ティナ、ブレイン、サムのトリオで「Jumpin’ Jumpin’」を歌う。ちなみにこのトリオで歌ったことがないからだ。

歌い終わった後、卒業に不安を感じているティナは泣き出してしまう。サムとブレインがティナを慰め、同じく卒業するアーティーも加わろうとするが、彼だけは拒否される。(で、アーティーは拗ねる)

ティナは不安のままだ。卒業したら、みんなと離れ離れになってしまうし、環境も全く変わってしまうからだ。そんなティナのために、学校でこっそりと「オールナイト・パーティ」をすることに!

そして夜、窓から学校に忍び込み、パーティーを始める3人。「Don’t You (Forget About Me)」を歌いながら、講師の部屋に忍び込んだり、廊下をスケートで走ったり、はしゃぎまくる!

しかし、ベッキーに見つかり、状況は一転。脅迫され、ベッキーと一緒に嫌々ながら、ゲームをすることになったのだ。

が、その途中、サムとティナがいない。ブレインが探しに行くと、なんと2人がキスをしていた!!サムにはペニーという彼女までいるというのに!あまりの衝撃に、ブレインは怒って、そのまま帰宅。

翌日サムとティナは、ブレインに謝罪。もうすぐ”卒業”ということで、気持ちに”魔”がさしただけだと。ブレインはかたくなに怒っていたが、結局は2人を許す。そして同じく卒業するアーティーを加え、4人で「Hold On」を歌う(アーティーと仲直り)。

尚、この頃、ウィルはエマと子作りに励んでいた。もうすぐ40歳ということもあって、焦るあまり、なんと職員用のトイレで”アレ”をするほど。で、その現場をベッキーに見つかり、スーから怒られる。まぁ、当然だ。

なかなか子供を授からない2人。ウィルは”不妊治療”の予約までし、徐々にエマを追い詰める。そこでビーストから「子供が欲しいなら、追い詰めるんじゃなく、リラックスさせろ」とアドバイスを受ける。

そこで「Danny’s Song」を歌いながら、元工房だった部屋を子供部屋にリメイクしたり、子供の名づけを楽しんだり、ビデオを見たりと、2人の時間を楽しむ!

全国大会の準備をしようとするウィルに、「行けない」と告げるエマ。なんと無事妊娠できたのだ!喜び合う2人!!さぁ、次はLAでの全国大会だ!!

スポンサーリンク

 

glee シーズン5 第10話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Jumpin’ Jumpin’ ティナ,ブレイン,サム Destiny’s Child
Barracuda スターチャイルド,レイチェル Heart
Don’t You(Forget About Me) ティナ,ブレイン,サム Simple Minds
Danny’s Song ウィル,エマ Loggins & Messina
Gloria サンタナ,レイチェル,スターチャイルド Laura Branigan
The Happening カート,ダニ,スターチャイルド The Supremes
Hold On ティナ,ブレイン,サム,アーティー,カート,ダニ,スターチャイルド,レイチェル,サンタナ Wilson Phillips

glee シーズン5で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン5 第10話の感想

今回レイチェルvsサンタナ。相変わらず、こじれてますね~。まぁ、2人とも我が強いしね。そんな2人を象徴する「Gloria」が結構好き。それにしても困っているスターチャイルド、可愛い(笑)。でもまぁ、我慢の限界来ちゃったけど。

久々のダニ登場!スターチャイルドは多いけど、最近ダニって出てなかったし。「The Happening」良いなー。声の質とか感じが、カートとダニ、スターチャイルド、全然違う結構マッチしていて、良い!

またエマ&ウィル。子作りを学校でするなんて、ビックリ。だって、エマは超潔癖症なのに!いやはや、キャラ、変わりすぎでしょう(笑)。

それにしてもエマとウィルが「もうすぐ40歳で、超えてからだと、ダウン症や障害がある子の確率が上がるから」と言った時、スーが「それがどうした」は、納得。スー自身が障害のある子供の母親だし、大好きだった姉ジーンがダウン症だし。で、更にベッキーが「それがどうした」は、うん、そうだよね。ダウン症だもん。

それにしても、次はいよいよ全国大会!優勝しなかったらグリークラブは廃部だが、どうなる!?

次話glee シーズン5 第11話 「LAで全国大会!」(City of Angels)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ