glee シーズン4 第7話「ウォブラーズの陰謀」(Dynamic Duets)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン4 第7話「ウォブラーズの陰謀」のあらすじ

なぜかニュー・デレクションズのメンバーの多くが所属するスーパーヒーロークラブでは、みんな仮装している。部長(?)のブレインが司会をしているときに、ティナの付き人ドティが「緊急事態」と言って、飛び込んできた。急いで部室へ向かうと、なんと全国大会のトロフィーが盗まれ、代わりにパソコンが置いてある。再生すると、ダルトン高校の謎の人物からの犯行声明が!

そこでブレインがウォブラーズに向かう。セバスチャンの犯行と思っていたが、今回は違っていた!ウォブラーズを変えるために、ヘッドハンティングされてやってきたハンター(新入りでキャプテン)の仕業だったのだ!そして彼は、来週の地区大会でライバルとなり、かつウォブラーズで伝説と言われているブレインに、再びウォブラーズに戻るように勧誘してきた!!

拒否するブレインに、「もうカートはいない」と告げる(ブレインはカートと一緒にいるために転校)。そして「(ニュー・デレクションズの)みんなは君の野心家という本性を知らない。でも僕らは知っているし、受け入れる」。そして「昔の仲間なんだから」と言って、ブレインにダルトン高校のブレザーを着せ、「My Dark Side」を一緒に歌う。

断ったが、ブレインの心は動かされていた。カートがいない上に、ここにはカートとの思い出が多すぎるからだ。それにやっぱり自分にはウォブラーズの方がしっくりくる。一緒に歌ったことで、そう思ってしまったのだ。ウィルの代理のフィンに告げると、フィンは戸惑いながらも、彼の選択を受け入れようとし、みんなにもそう報告する。

だが、サムは違った。後でブレインに詰め寄り、「カートを裏切ったからと、自分を責め続けるのは、もういい加減やめておけ」と諭す。そう。ブレインをどうしても自分を許せず、その為にウォブラーズへ戻ることを考えていたのだ。サムから、もういい加減に自分を許すこと。そしてもう1日だけ考えるように言われる。そして2人で「Heroes」を歌う。

歌い終わってからサムは、ブレインにどうするか訊ねると、「まだミッションが残っている」と。そして「一緒に来ないか」とサムを誘い、2人でウォブラーズから無事優勝トロフィーを奪還し、「お断り」の言葉を置いてきた!

スポンサーリンク

 

さて。ウィルからニュー・デレクションズを託されたフィン。初日フィンは、ライダーとキティが正式にニュー・デレクションズに入部したことを報告したまではよかったが、その後は黒板のペンを折るわ、地区大会で歌うアイデアがダサすぎるわ。と、まぁ、いろいろ失敗をやらかす。

すっかり自信をなくしたフィンは、スーパーヒーロークラブの顧問であり、その為に仮装までしているビーストから、「みんなヒーローが好きなんだから、おまえも仮装をしてみろ」とアドバイスされる。そこでフィンはト音記号のヒーローの格好を(笑)。そして地区大会で勝つためには、仲間の結束が大事だと言い、事あるごとに対立しているジェイクとライダー。マーリーとキティに、それぞれヒーローの格好してデュエットするように告げる。

マーリーはしょうがなくヒーローの格好をするが、体にピッタリの衣装は体系が気になって恥ずかしい。トイレから出られない。すると、キティに「毎日吐いている?」と尋ねられ、「毎日」と答える(※マーリーはキティの策略で、自分が太っていると思い込んでしまっている)。

だがキティから、「大丈夫。もし変だったら容赦なく指摘するから」と諭され、ようやくトイレから出てくる。マーリーを見たキティは、「大丈夫。自信をもって」とハッパをかけ、2人で「Holding Out for a Hero」をノリノリで歌う。

一方、ライダーとジェイクは「Superman」を歌う。が、2人はマーリーをめぐるライバル同士で、歌の途中でケンカを始めてしまう。

フィンは歌で仲良くなれない2人に、お互いの弱点を告白しあうように言う。ジェイクが課題として、自分の欠点を書いた紙をライダーに渡す。すると「自分の口でしゃべれ」と言われ、ジェイクは自分が黒人と白人の子で、ユダヤ系であることにコンプレックスを抱いていることを告白する。

次はライダーの順番であるが、ライダーはなんと課題を避けようと。だがジェイクに詰め寄られ、「さっきの紙に、なんて書いてあるのかわからない」と衝撃の告白をする。そしてジェイクは、フィンにライダーの件を伝え、そしてフィンは特別教師に相談。テストをし、彼が実は失語症であることが分かったのだ!

今までライダーは親や周りから、”頑張ればできる”と言われても、実際は頑張ってもできないことが辛かった。でもその悩みを打ち明けられず、1人悩んでいた。だが、今回の件で、自分の病気がわかり、そのおかげで自分に合った学習方法を指導してもらえることにもなり、喜んでいた。フィンに感謝を伝えると、「ジェイクに」と言われる。

食堂でマーリーのママがヤンチャ男子生徒からからかわれている時、ジェイクはいつものように庇い、そしてケンカに!しかもジェイク1人に対し、他は数人連れてきた。さすがのジェイクもピンチ!その時になんとライダー。その後にアーティーやみんながジェイクの助っ人に現れる!ヤンチャ生徒は退散し、この1件でライダーとジェイクは親友に!!

だが、ジェイクは、やはりマーリーが忘れられない。そこで腹違いの兄パックに電話を掛ける。パックはロスで仮装し、「記念写真を撮るなら10ドル。プール清掃なら20ドル(だったかな?)」と営業していた(こんな仮装)

ロスでのパック

ジェイクから恋の悩みを打ち明けられると、「パッカーマンのフェロモンは強力だから、その女が声をかけてくるぞ」とアドバイス。すると、ライダーと約束していた日に、急遽特別授業が入ってしまったことで、約束がキャンセルとなってしまった。するとマーリーは、自分からジェイクにデートを申し込む!!

そして最後。みんなで来週の地区大会へ向けて円陣を組み、そして「Some Nights」を歌う。さぁ、次は地区大会だ!!

スポンサーリンク

 

glee シーズン4 第7話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
My Dark Side ブレイン,ウォブラーズ ケリー・クラークソン
Superman ライダー,ジェイク The Clique
Holding Out for a Hero マーリー,キティ Bonnie Tyler
Heroes ブレイン,サム David Bowie
Some Nights ニュー・ディレクションズ fun.

glee シーズン4で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン4 第7話の感想

今回はヒーローの格好やら何やらが、斬新で楽しい(*’▽’)しかも悪がウォブラーズとは(笑)。でも久々のウォブラーズはうれしい。ウォブラーズのダンス、好き。だから「My Dark Side」いいなー。それに久々のウォブラーズのブレインだし。確かにしっくりくる(笑)

またキティとマーリーの「Holding Out for a Hero」が今回好き!演出良くて、楽しい(*’▽’)ノリノリのマーリーも良いし、キティがいい!それにしてもキティはスタイル良いし、自信満々でかっこいいなー。性格ビッチだけどね。

ジェイクとライダーは本当に仲良くなったけど、マーリーとキティは違う。それにマーリーがキティの策略に見事はまり、吐いているけど、大丈夫か?あんなにスタイル良いのになー。尚、「Some Nights」の時、マーリーがキティと肩をくんで仲良く歌った後、キティの”うんざり”顔しているのが結構好き。キティらしい、腹黒さで(笑)

また久々登場のパック。ロスでいったい何をやってる?プール清掃業のはずだけど。でもまぁ、パックらしい(笑)。

次話 glee シーズン4 第8話「母校に帰ろう!」(Thanksgiving)のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ