glee シーズン3 第14話 「それぞれの転機」(On My Way)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン3 第14話 「それぞれの転機」のあらすじ

レイチェルとカートがコーヒーショップで、雑誌でウェンディングドレスを見ていると、セバスチャンが声をかけてきた。ブレインを失明させかけた、ウォブラーズの彼だ。そして今度は「州大会に2人が出たら、フィンの(合成された)裸の写真をネットにばらまく」と脅迫してきた!!

このことにみんな、怒りまくり。特にフィンは「ぶん殴る!」と騒いでいて、ウィルが学校を通じて抗議しているからとなだめる。しかし、ブレインが失明しかけても何もしない学校だからと、諦めモードである。

そんな中、レイチェルは婚約者のフィンの裸の写真がばらまかれようが気にせず、州大会に出場すると訴える。自分の未来、NYADA入学が懸かっているから、と。そんなレイチェルにフィンは失望し、部室を出ていく。

ブレインに講堂へ呼び出されたカート。ブレインも当然セバスチャンに怒っているが、「気にしてもしょうがない。州大会のことだけ考えよう」と。そしてこの曲はどう?と「Cough Syrup」を歌う。

一方ここで、隠れゲイのカロフスキー。いつも通り部室へ行くと、ロッカーに「ゲイ」の落書きが!更にみんなから「ゲイ」とからかわれる。この発端は、バレンタインでカートと一緒にいるところを、学校の友達に見られてしまったからだ…。

失意で家に戻るカロフスキー。ふとパソコンを見ると、SNSのネット上でも”ゲイ”であることがばらされ、更に酷い言葉が!!あまりのショックに泣き崩れ、そして彼は自分で首を吊ってしまう…。

カロフスキーの一報を受け、校長のもとに、ウィル、エマ、ビースト、スーが集まる。幸い父親によりすぐに発見され、命は助かった。現在カロフスキーは別の学校であるが、元生徒でこの学校にも友達がたくさんいる。だから、この事を生徒にどう伝えるか?が、議題だ。

この一件はすぐに知らされる。神様隊のみんな(メルセデス,ジョー,サム,クイン)は、カロフスキーのために祈ることに。そこに無新論者のカートが現れ、そして「自分のせいだ」と涙ながらに打ち明ける。

実はカロフスキーからデートに誘わても断っていたし、何度か電話が来ても無視していたからだ。「あの時出ていれば…」と悔やんでいたのだ。

ウィルは、ニュー・ディレクションズのみんなを集める。ウィルは、高校3年生の時にテストでカンニングしたことが先生に見つかり、両親が呼び出されたことで、発作的に飛び降りようとした過去を話す。「辛いことはあるけど、生きていればいいことはある」と。

そして「辛い時は成功している自分を想像すればいい」と、みんなに伝える。

今回のことで、レイチェルは州大会を辞退しようと考え、逆にフィンは、ネットに裸の合成写真をばらまかれても構わないから出場して欲しい、と。そしてレイチェル達は脅しに屈せず、出場することに!

セバスチャンに、カフェに呼び出されたサンタナ達。「脅しには屈しない」とサンタナが宣言すると、なんと「もう止めた」との返事。戸惑うみんなに、セバスチャンはブレインに謝罪をし、フィンの写真は破棄した、と。

このセバスチャンの豹変にみんな驚くが、実は今回のカロフスキーの一件で、セバスチャンもショックを受けていたからだ。

セバスチャンはカロフスキーに「どうやったら男を口説ける?」と聞かれても、「君はポッチャリだから、今までどおり隠れゲイでいろ」とか、何でもジョークにして返していた。が、今回のことで、反省したのだ。そして州大会ではカロフスキーに捧げる歌にした、とも。

スポンサーリンク

 

そしていよいよ始まった州大会!最初はそのウォブラーズ。何があっても立ち上がれ!という歌詞の「Stand」を歌う。

募金の呼び掛けをし、そして「Glad You Came」を歌う。

次にザ・ゴールデン・ゴブレッツ高。「She Walks in Beauty」を歌う。

さて、いよいよ次はニュー・ディレクションズ。その前になんとレイチェルとフィンが、このあと結婚式をあげるから、賛成でも反対でも、みんなに来て欲しいと伝える。カロフスキーの一件で、人生は短いと改めて思ったからだ。

そしてそんな中、パフォーマンススタート。最初は「Fly / I Believe I Can Fly」を歌う。

次にトラブルトーンズが「What Doesn’t Kill You (Stronger) 」を歌う。

最後、レイチェルメインで「Here’s to Us」を歌う。

いよいよ結果発表。そして優勝はニュー・ディレクションズ!!喜ぶみんな。

その後、カートはカロフスキーの入院している病院へ。彼は72時間の経過観察も終わり、明日退院できることになったのだ。カートは電話に出なかったことを謝罪し、カロフスキーは過去にカートをいじめていたことを改めて謝罪した。何ヶ月もカートをいじめていたのに、自分は1週間ももたなかった、と。

「親友は口を聞いてくれなくなったし、母親は(彼の性癖を)病気だというし、もう学校にも戻れない…」と落ち込むカロフスキーに、「転校もあるよ」と励ます。

そして「ゲイであることは辛い道だけど、いつか自分を認めてくれる人も現れるし、自分を受け入れない人は放っておけば良い」とアドバイスする。そしてウィルのアドバイス通りに、明るい未来を2人で想像し、励ます。

その後、レイチェルとフィンが結婚式をあげる教会(?)に、ニュー・ディレクションズのみんなが集まる。ちなみにフィン&レイチェルの両親は結婚に反対!でもむやみに反対すれば、駆け落ちしかけないと頭を悩ませてもいた。当の本人たちは、結婚にノリノリだが。

そして準備を整えたレイチェルとフィン、みんなはクインの到着待つ。クインは結婚に反対していたが、州大会でフィンに向けて「Here’s to Us」を歌っているレイチェルを見て、考えを変え、結婚式に出席することにしたのだ。

ドレスを取りに戻っていたので遅くなったが、クインは結婚式に向かっていた。が、その途中、レイチェルに何度か急かされたこともあり、よそ見運転をし、交通事故に!!

最後に、子供を欲しがっていたスー。なんと人工授精で、無事妊娠!!ニュー・ディレクションズの州大会も見に行きており、なんと今まで敵対していたくせに、ウィルにニュー・ディレクションズを応戦する、との言葉も。全てはホルモンのせいだ、とスーは言うが?

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第14話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Cough Syrup ブレイン Young The Giant
Stand ウォブラーズ Lenny Kravitz
Glad You Came ウォブラーズ The Wanted
She Walks in Beauty ザ・ゴールデン・ゴブレッツ × シセル(ヴォーカル) & ニコラス・ドッド
Fly / I Believe I Can Fly ニュー・ディレクションズ Nicki Minaj & リアーナ / R. Kelly
What Doesn’t Kill You (Stronger) トラブルトーンズ Kelly Clarkson
Here’s to Us ニュー・ディレクションズ Halestorm

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第14話の感想

今回の話は、すごく印象的。カロフスキーがまさか自殺しようとするなんて!自分はカートを散々いじめていたくせに、って。でもやっぱりいじめっ子って、意外に自分がいじめられると弱いかも。しかもSNSって、匿名だから言葉がひどいし、悪質だし(助かったと聞けば、「次は成功させろ」とか酷過ぎ!)。

そしてカートが病室のカロフスキーに語った言葉。実はカート役のクリス・コルファーさん。彼自信もゲイとのこと(っていうか、グリーの役者さんは同性愛者が多い。意図的?)。だからか、彼の「何度も人生はクソったれって思う」って言葉に、すごい重みを感じました。また、認めてくれる人もいるから、その人たちを探そう、という言葉にも。

確かに結局は自分を受け入れくれる人もいれば、受け入れてくれない人もいるから、”自分に関係ない人にどれだけ惑わされないか”が重要なんですよね。

だからか、ウォブラーズの「Stand」「Glad You Came」何度聞いても、うるっときちゃうし、もうこの2曲大好き!!何度も何度も聞いてます。個人的には、州大会はニュー・ディレクションズよりも、ウォブラーズの方が好き。確かにニュー・ディレクションズの方が、トラブルトーンズもあるし、見ていて飽きないけどさ。そして曲の印象も、ウォブラーズの方があるなぁ~。

でもそうは言っても、サンタナ好きの私は「What Doesn’t Kill You (Stronger)」は好きだけど(笑)

そしてクイン。まさかの交通事故!!あらすじには書かなかったけど、チア部へ復帰して、全国優勝して卒業したいと、スーに訴え、最初は反対されたけど、最終的には了承もされていたのに。いったい、どうなる?そしてフィンチェルの結婚は??

次話glee シーズン3 第15話 「イケメンの兄」(Big Brother)のあらすじと曲リストはこちら

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ