glee シーズン5 第7話 「パペットワールド」(Puppet Master)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン5 第7話 「パペットワールド」のあらすじ

もうすぐ全国大会だが、ウィルは教育長たちが来るということで忙しく、グリークラブに来れない。そこで「全国大会の相談をしておくように」と、ブレインに頼んでいた。

そこでブレインがみんなを仕切り、「全国大会では電子音楽を使わず、ピアノかアカペラがい良い」と提案すると、嫌がられる。まぁ、ジェイクだけは、賛成してくれたが。

「ソロを歌う気?」とまでクレームが入り、「僕は4年生だし、それにこの中で一番、賞もとっている」と返答すると、更にブーイング。みんなから「横暴だ」と言われ、終いには「仕切り屋」とまで!

さすがに落ち込み、カートに電話で愚痴をこぼすが、「ここ(ニュー・ディレクションズ)ではみんな平等。そんなことをすれば、”仕切り屋”か”人形遣い”と、嫌がられるよ」と言われるだけ。更には、カートは自分のバンドのデビューが決まったからと、ブレインの話もあまり聞いてくれない。

翌日、(普段はしゃべらない)ピアノのブラッドに思わず愚痴をこぼすと、ブラッドも自分の愚痴をこぼしてきた。変なことが起こるものだ。それで”しゃべらない”という意思表示で、奥の椅子に座ると、なんと周りのみんながパペット姿に!!

パペット姿のみんなから、先日のことを謝られ、人形たちからチヤホヤされる。更にユニーク人形から、「辛いから、ブレインの歌で癒して」と頼まれ、パペット達と「You’re My Best Friend」を歌う。

が、その後目を覚ますと、パペット姿ではなく、いつものみんなの顔が。しかも、みんな怒っていて、「何で歌わないのよ」と文句まで。

廊下でジェイクを見かけ、ブレインの案に賛成してくれたお礼を伝えると、「別に」の返事。彼はマーリーと別れて以来、いつも投げやりな感じだ。そんな彼に、「音楽室の隅の椅子に座れ」と伝える。「不思議なことが起こるから」と。

ちなみにジェイクは、ブリーだけではなく、他のチア部員とも体の関係を持っていた。それにブリーが気付いて、「まさか彼女とも?」と尋ねると、「チア部員全員だ」と、ジェイクは誇らしげに答える。そう、ジェイクは以前の”女たらし”に戻ってしまったのだ!

そんなジェイクが、音楽室へ行くと、みんなから「ダンスを教えて」と頼まれ、「そんなの時間の無駄だ。ティナでも踊れる簡単なやつにしろ」と断り、例の椅子に座る。

さすがにみんなから嫌がられ、マーリーからは「うぬぼれすぎ。そんなに上手くない」と言われ、「じゃぁ、証明してやるよ」と、「Nasty/Rhythm Nation」を歌いながら、踊る!!

が、これも幻だったようで、目を覚ますと、誰もいない。校務員となったフィギンス元校長が掃除しているだけで、「君の態度が悪いと、みんな文句を言っていた」と、教えられる。

更にジェイクはブリーから、「妊娠した。あなたの子よ」と衝撃的な告白をされる!そしてブリーに頼まれ、一緒に検診に付き合うことに。

そして後日。検診に一緒に行こうとしたら、ブリーから、「もう必要ない」の返事。生理が遅れていただけだったのだ。思わず「良かった。心配したよ」とこぼすと、「あなたが?怖かったのは私よ!」と言い返される。

そして「でもあなたは、いつか他の子を妊娠させる」と言われ、「良い父親になるさ」と答えると、「誰にとって?母親が全員違う子にとって?」と言われる。そして「いい?あなたは変わらない。女ったらしのままよ!」とブリーにハッキリと告げられる。

さすがにショックを受けるジェイク。そしてマーリーに、「もう一度付き合ってほしい。君と一緒にいると、俺はマトモでいられる」と頼む。しかし「一度付き合って失敗した。だから、よい仲間としてはいられるけど、付き合えない」と、あっさり断られる。

またこの頃、スーは校長代理だが、”正式な校長”となるかどうかを審査するために、教育長達が学校を訪れていた。スーが独裁政権状態なので、生徒の成績や、出席率は上がっている。高評価だ。

そして帰り際、スーは、「一緒に飲みに行かないか」とハリス教育長に誘われる。彼は赴任して間もなく、飲み友達がいないのだ。さすがに「不適切では?」と答えると、「いいだろ。男同士だし」と言われる。そう、彼はスーを、男だと勘違いしていたのだ!!

さすがにショックを受けるスー。しかもハリス教育長に一目惚れまでしているから、余計だ。スーが新任だった頃は、女教師は生徒になめられていた。だから、スーはわざと”ジャージ”を着て、なめられないようにしていたのだ。

ベッキーに愚痴をこぼすと、「コーチは充分怖いから、女の格好をしていても、なめられませんよ」とアドバイスされる。

だが、どうやったら女らしくなるか、わからない。そこで音楽室で1人ダンス練習をしているウィルに、相談する。しかし「(女らしいと評判の)ダンスを教える代わりに、600ドルほしい。全国大会の衣装代に使うから」と交換条件を出される。拒否すると、ウィルは去ってしまった。

途方に暮れ、思わず例の椅子に座る。すると、スーは女らしく変身している!そこにウィルが現れて、2人で「Cheek to Cheek」を歌いながら、ダンスを踊る!

しかしこれも幻。「起きて、コーチ!」とベッキーに呼ばれ、目が覚める。

スーはユニークにメイクを教わり、女らしい格好で、ハリス教育長たちを出迎える。音楽室を案内してると、フィギンスから(例の椅子の傍の)通気口からガスが漏れている。彼女は校長にふさわしくない」と訴えられる(※幻覚はガスのせい)。

が、スーは「こういう保守点検は本来は校務員の仕事。でも今回私はちゃんと私が見つけて、修理までしておいた」と逆に言い返され、更には「お前の給料は半額だ」と突き付けられる。

しかもこの件で、更に教育長たちからの評判が上がり、スーは”正式な校長”となることに!尚、この後にハリス教育長をデートに誘うと、あっさり断れてしまったが。

そして最後。ティナがブレインのもとを訪れ、以前の態度を謝罪。そして「みんなと話し合ったの。あなたがソロにふさわしい」と告げられ、ブレインはみんなと仲直り!

そしてブレイン作のみんなのパペットたちを、ニュー・ディレクションズみんなに配り、更にNYにいるカートたちにも配り、「The Fox」をパペットたちと歌う!

スポンサーリンク

 

ここでNY。カートのバンド「パメラ・ランズベリー」の初ライブが決定!その知らせにスターチャイルドは喜ぶが、木曜日7時半からで、場所はコールバックス(ミュージカル好きが集まるお店)と知った途端に、複雑そうな表情に。そして「初ライブは重要だから、デビュー戦は慎重にした方が良い」と、カートに提案。ダニもサンタナも同意見だ(レイチェルは賛成)。

だが、カートは「上手くいく。マドンナのコピーパンドならウケるから」と言い張る。カートには、ステージで「Into The Groove」を歌っているカートらが、満員の観客から声援を受ける姿を想像できたからだ。

そして初ライブは強行される!しかし、当日。婚約者のブレインも来てくれると言っていたのに、急に来れなくなった。更に、お店には観客が1人しかおらず、彼らの初ライブは散々に…。

後日、みんなはカートが落ち込んでいると思っていたが、姿を現したカートは喜び顔!なんと次のライブが決定したというのだ!!

初ライブでの唯一のお客が演奏を気に入ってくれ、勝手に録音していた。それをウィリアムズバーグ音楽堂(有名な場所)で働く甥に渡したということで、次のライブが決定されたというのだ!こうして、パメラ・ランズベリーは順調なスタートを切った!!

スポンサーリンク

 

glee シーズン5 第7話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Into The Groove パメラ・ランズベリー Madonna
You’re My Best Friend ブレイン,(ニュー・ディレクションズ&ウィルのパペット) Queen
Nasty/Rhythm Nation ジェイク,マーリー,ブリー,(チア部) Janet Jackson
Cheek To Cheek ウィル,スー ミュージカル映画『Top Hat』
The Fox ニュー・ディレクションズ,パメラ・ランズベリー Ylvis

glee シーズン5で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン5 第7話の感想

今回はパペットたちが面白い!最初観たとき、誰が誰?って思っちゃった。それにしても、幻覚を見る理由が”ガス漏れ”とは、相変わらずgleeらしくて、面白すぎる。

尚、ブレインは、今回自分で作ったパペットとばかりしゃべっていて、人とちゃんと話せてない。それにわざわざカートのパペットを作るし、結構すごいキャラ(笑)。それに「You’re My Best Friend」を楽しそうにパペットと歌っているしね。でもこの歌、好き。

でも一番は、最後の「The Fox」が好き。”キツネはなんて鳴く?”っていう歌詞で、意味不明。でも面白いし、パペットも出てくるし、楽しくて好き!ちなみにこの歌、みんなカラオケではっちゃけて歌うらしい。うん、納得(笑)

またスーが、正式に校長になっちゃったけど、これからマッキンリー高校はどうなる?

次話glee シーズン5 第8話 「お蔵入りのクリスマス」(Previously Unaired Christmas)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ