glee シーズン3 第15話 「イケメンの兄」(Big Brother)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン3 第15話 「イケメンの兄」のあらすじ

レイチェルとフィンの結婚式に向かう途中で交通事故に遭ってしまったクイン。死にかけたが、幸いなことに内蔵は無事だった。だが、脊髄が圧迫され、足が動かなくなってしまい、車椅子生活に。

結婚式に早く来るようにメールで急かしていたレイチェルは罪悪感でいっぱいだったが、学校に来たクインは堂々としていて、アーティーと「I’m Still Standing」を披露。

クインは、リハビリと祈りがあれば、また歩けるようになるから事故を悔いることより、悲観的にならず、前向きでいようとしているのだ。そしてみんなに「全国大会までに自分の足で踊る」と、宣言!

そしてそんな中、いよいよ待ちに待った4年生の特権”サボリ日”まであと少しに迫っていた。「どこに行く?」と、みんなで楽しそうに話し合う。クインが”遊園地”を提案すると、みんなも大賛成!!だが、アーティーは車椅子だと遊園地で楽しめないことを知っているから、クインに忠告し、2人で別の場所に行くことに。

そしてサボリ日当日。ニュー・ディレクションズのみんなは遊園地へ。クインとアーティーは、車椅子の仲間達が坂を滑って遊ぶ場所へ。最初は困惑していたクインも、アーティと「Up Up Up」を歌いながら楽しむ!!

だが、アーティーから、「怪我が回復しないこともあるから、現実を受け入れたほうがいいよ」と言われ、「あなたとは違う。私はイェール大学へ行くし、歩ける」と言い返す。

そんな時に同じ神様隊のジョーが、クインがロッカーから落とした荷物を拾ってくれ、さらに教室まで車椅子を押してくれた。「君が現実を受け入れられる様に祈っているよ」というジョーの言葉にカッとし、ついヒドイ言葉を言い返したクイン。だが、ジョーは笑って許してくれた。

クインはジョーに直ぐに謝り、ニュー・ディレクションズへ勧誘!これで無事ジョーもニュー・ディレクションズの一員だ!!

スポンサーリンク

 

また妊娠中のスー(父親は有名人らしいが、秘密)。妊娠の検診があったことで、チア部の州大会に遅刻してしまい、そのこともあって校長からシンクロ部のコーチ・ロズとチア部の共同顧問になってしまった!!スーはもちろん反対するが、これからも妊婦検診や出産もあるからと言われ、受け入れる。

ただ校長に、「ニュー・ディレクションズを全国優勝させれば優勝賞金が貰えるから、優勝したら単独でのチア部顧問に戻してほしい」と訴え、了承される。

スーはウィルへニュー・ディレクションズへの協力を申し出て、特別指導スタート!だが、その指導が厳しすぎて、すぐに生徒からウィルへHelpが。「厳しすぎるんじゃなく、生徒が甘いからだ」とスーは反論するが。そして「妊娠のせいでホルモンバランスが崩れているから」とも。

そんな時に、ブレインの兄・クーパーが帰郷。なんとクーパーは有名なCMにも出演している有名人で、カートもスーもファンなのだ。スーがクーパーにニュー・ディレクションズの特別指導を依頼すると、ブレインは浮かない顔だが、みんなは大喜び!!クーパーの言葉を真剣にメモる程。

そして、みんなに頼まれてブレインとクーパーの兄弟で「Hungry Like the Wolf / Rio」を披露。

歌い終わった後、良いパフォーマンスなのに、クーパーはブレインにダメだし。これにブレインは不満。実は子供の頃から、ブレインはいつもクーパーにダメだしばかりされていたのだ。ニュー・ディレクションズのみんなへの演技指導でも、ブレインには嘘っぽくみえて反論しても、クーパーは聞く耳持たず。

ブレインは「Fighter」を歌いながら、とうとうクーパーへの怒りを爆発させる!!

その後口を聞かないまま、クーパーはロスへ戻ってしまった。オーディションがあるからだ。だが、実際は出発しておらず、講堂でブレインを待っていた。「言葉が通じないから」と、講堂へ行こうともしないブレインに、カートは「言葉で伝わらないなら、別の方法がある」と言う。

ブレインは講堂へ行って、クーパーと「Somebody That I Used to Know」を歌う。

「最後に2人で歌えてよかった」というクーパー。そして今週ブレインに厳しかったことを謝罪し、2人は仲直り。「オーディションが中止になってしまった」としょげるクーパーに、最後はブレインが励ますほど(笑)。

ここでフィンはレイチェルがNYADAへ進学する予定だから、卒業後は一緒にNYへ行く予定。だが、フィン自身は”何をするのか”決まっていない。

そんな時に「プール清掃業をカリフォルニアで展開するから、一緒にやらないか?」とパックに誘われる。即座に断ったが、「なぜいつも、レイチェルに合わせる!?自分のことも考えろ」と言われ、戸惑う。

フィンはレイチェルに「ロスはどう?僕が働いて、学生の君を支えるから」と提案してみるが、「ブロードウェイ以外は考えていないの。一緒にNYへ来てよ」と、相変わらず自分の夢ばかりを優先させるレイチェル。

そんなレイチェルにフィンは、「君が好きなのは僕?それとも君のわがままを受け入れる僕?」と尋ね、2人は険悪に。これからどうなる?

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第15話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
I’m Still Standing クイン,アーティ Elton John
Hungry Like the Wolf / Rio ブレイン,クーパー Duran Duran
Fighter ブレイン Christina Aguilera
Up Up Up クイン,アーティ Givers
Somebody That I Used To Know ブレイン,クーパー Gotye feat. Kimbra

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第15話の感想

今回のクイン。車椅子になっても、”自分は治る。歩ける!”と必死に前を見て、事故を振り返らず頑張っているのが、伝わってくる。本当は一番事故を後悔しているのに。でも”歩ける”と思って、一生懸命にリハビリに打ち込む方が、歩けるようになるのは近道だろうなー。そんなクインのアーティーとの「I’m Still Standing」良いなー。

そして登場!ブレインの兄・クーパー。自分を否定され続けたら、嫌になるんだろうなぁ。だからか、ブレインの「Fighter」が、怒り感情爆発って感じで良い!あの兄じゃぁ、コンプレックスになっちゃうもん。でもやっぱり兄弟だから、成功もして欲しいし、認めて欲しい。だから「Somebody That I Used to Know」も良かった。

ちなみに今回のクーパー役マット・ボマーさん。Wikipediaによると、ゲイとのこと。で、その前の第12話にスペイン語教師と出演していたデイビッド役のリッキー・マーティンも同じくゲイ。やっぱりgleeは、ゲイの役者さんが多いんですねー。

また今回本文では触れていないけど、スーの赤ちゃんは検査によって、熱望している”女の子”とわかったのに、羊水検査で異常が見つかった!それからのスーが迷いながらも、でも何度もお腹を触っている姿に胸を打たれたよ。戸惑いつつも、現実を受け入れようとしているし、スーの表情はお母さんなんだもん。

それにしてもスーは毒気が抜け、今の毒気アリはシンクロ部のロズ。これからロズがスーみたいになるのか?でもまぁ、ビッチなサンタナもいるし。スーみたいにハチャメチャなのは1人だけでいいかも(笑)。

次話glee シーズン3 第16話 「サタデー・ナイト・グリーバー!」(Saturday Night Glee-Ver)のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ