glee シーズン3 第19話 「プロム反対運動」(Prom-A-Saurus)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン3 第19話 「プロム反対運動」のあらすじ

もうすぐ楽しみなプロム!実はブリトニーは学年委員長!だが、実際にほとんど活動をしてなく、学年委員長制度を廃止しようかと議論されるほど。だから、なんとしてもプロムで名誉挽回しようと、意気込む。そんなブリトニーが考えたテーマは、”恐竜”!!

ちなみに去年のプロムに引き続き、今年もニュー・ディレクションズが演奏することになった。

さて。そして今年のプロムキングとクイーン候補者が発表された。キング候補は、フィン、リック(ホッケー部のいじめっ子)、そしてなぜか女子なのにブリトニー!クイーン候補は、ガンダーソン(初登場)、サンタナ、クイン。

またこの頃、レイチェルは沈んでいた。”ブロードウェイ!”という子供の頃からの夢の第一歩の、NYADAのオーディションで大失敗したからだ。何日か泣いて、もっと現実的な夢、”全国制覇”と”フィンとの結婚”を追うことに決めるが…。

そんな折、なんと婚約者のフィンが、クインとプロムキング・クイーンの活動をしていた!なんとしてもクイーンになりたい、クインの手助けだ。だが、レイチェルとしては、面白くない。なんせクインは、フィンの元彼女だからだ。

だから、フィンに活動を止めるように言うが、「僕らの結婚式のせいで事故にあったんだから、手助けしたい。君は自己中心すぎる」と一蹴。

レイチェルは舞台で1人「Big Girls Don’t Cry」を歌う。カート、ブレインも途中で加わる。

レイチェルはつい「プロムに行きたくない。クインは踊れないけど、でもクインとフィンの踊りを見たくない」と本音を漏らす。

実はカートもプロムに行きたくない。去年のプロムで、イタズラでジュニアプロムクイーンに選ばれてしまったからだ。笑顔でティアラを受け取ったが、内心とても傷ついていた。今年も同じいたずらをされたら…と憂鬱なのだ。

そしてブレインも憂鬱だった。ブリトニーが恐竜時代にはないからと”ジェル禁止”発言をしたからだ(笑)。実はブレインはジェルをつけないと、とんでもない頭になってしまう。だからジェル禁止は、ブレインにとってはかなり辛いことらしい。

そこでレイチェルは”アンチ・プロムパーティー”を開催することに!!高級ホテルの一室を借りて、騒ぐのだ。そこに3人の他に、留年決定のパック。そしてプロムクイーン候補に選ばれなくて怒っているベッキーも参加することに!

だが他のメンバーは不参加。サンタナには「あんたはチャンスを逃した。だからと言って、八つ当たりはするな。私は恋人や友達とプロムを楽しみたい」と言われる。

スポンサーリンク

 

さて。そんな中、いよいよ始まったプロム!!まずはブリトニーとチア部の「Dinosaur」でスタート!!

プロムキングとクイーンの候補者は、パーティーで1曲は踊らないといけない。そこでクインを呼びにトイレに行くと、なんと車椅子ではなく、自分の足で鏡の前に立っていた!!実はリハビリに勤しんだおかげで、なんとか数歩程度だが歩けるようになっていたが、プロムで同情票が集まるように、歩けることは秘密にしていたのだ。

そんなクインにフィンは激怒。なんせ婚約者のレイチェルよりも、車椅子のクインに同情し、優先したからだ。ただクインに頼まれて渋々、一緒に踊る。プロムでは、サンタナ、ティナ、ブリトニーが歌う「Love You Like a Love Song」で盛り上がっていた。

が、その途中、フィンは苛立ち、「立てよ!立って踊れ」とクインに突っかかる。クインが「止めて」とお願いしても、やめないフィン。ジョーが庇いに行くが、「お前も知っていたな」と言われ、突っかかられるだけ。

そしてスーから「去年と同じで、会場から出て行くか!?」と言われ、フィンは自分から出ていく。

ちなみにサムはメルセデスと踊る。途中でメルセデスの元恋人のシェーンと会うが、シェーンも別の女性と楽しそうに踊っていた。ティナはマイクと楽しむ!

その頃、レイチェル主催のアンチ・プロムパーティーも始まる!だが、パーティーは盛り下がるばかり。まぁ、レイチェル主催だし、何をやるかも決めていないから、当然といえば当然だが。

そんな中、プロムを飛び出したフィンがやってきた。そして「プロムに行こうと!」とみんなを誘い、レイチェル、カート、ブレインは参加することに!

会場では、ジョー,サム,マイク,ローリー,アーティーが歌う「What Makes You Beautiful」で盛り上がり真っ最中!

だが、ベッキーとパックは行かなかった。2人でポーカーをやっていると、「クイーンの冠が欲しかった」とベッキーが本音を漏らす。そこでパックは、ビールの紙パック(?)で冠を作り、”アンチプロムキング”として自分に、”アンチプロムクイーン”として、ベッキーに被せる。

そして2人揃って、プロムへ!!ちなみにプロムでは、ベッキーがスーの気をそらし、パック念願の(スー特製の)パンチに酒を入れることに成功(笑)

ここでプロムキングとクイーンの票の集計は、サンタナとクインの2人が担当。ブリトニーの案だが、お互い信用し合っていないので、ぴったりの作戦ということだ。

クインが票を集計しに行く直前に、レイチェルが今回のことを謝罪する。「クインはキレイだし、イエール大学に進学するし、今でも憧れ」と言い、最後に「そんなクインと友達になれて良かった」と。クインはもともとレイチェルが怒っていたことも知らなかったし、謝罪を受け入れる。

そしていよいよ結果発表。キングはフィン!そしてクイーンは、候補者でもなかったレイチェル!驚くレイチェルとみんな。だが、これはサンタナとクインが仕掛けたイタズラ。

サンタナは恋人のブリトニーがキングじゃないから、「クインになっても意味ない」と言いだした。クインもサンタナと一票差で自分がプロムクイーンとわかり、あんなに欲しかったクイーンの座なのに、なんだか虚しく思えた。だから、今回レイチェルを喜ばすことにしたのだった!

クインとサンタナが歌う「Take My Breath Away」をバックに、レイチェルは戸惑いつつも、”プロムクイーン”としてフィンと一緒に踊る!

そして歌の最中に、クインが自力で車椅子から立ち上がり、それをサンタナが支える!みんなはクインの姿に驚きながら、拍手!!

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第19話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Big Girls Don’t Cry レイチェル,カート,ブレイン Fergie
Dinosaur ブリトニー,チア部 Ke$ha
Love You Like a Love Song サンタナ,ティナ,ブリトニー Selena Gomez & The Scene
What Makes You Beautiful ジョー,サム,マイク,ローリー,アーティー One Direction
Take My Breath Away クイン,サンタナ Berlin

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第19話の感想

今回も久々、レイチェルの自己中にはうんざり。車いすのクインを目の前に、”未来がない”ような発言をするなんて。クインだって、みんなには見せないようにいしていたけど、歩けないことですごく辛い想いをしたのに。

だから、サンタナがレイチェルに”自分が失敗したから八つ当たりしないで”と、すっぱり言い切った時には、気持ち良かった~。だからサンタナ好き(笑)

そして今回一番感動したのは、クインが自分の足で立った時!そしてサンタナがすぐに支えていたことにも。やっぱりこの2人は、良いなー。そしてそんなクインに、みんなが感動していたのも。

また「Take My Breath Away」自体も、よかった。クインの声ってキレイだし、サンタナもうまいし。それにみんなが楽しそうに写真撮っているのも好き!

ちなみにジェルなしのブレインは、こんな感じ。まさにアフロちゃん(笑)。しかもブレインを見たみんなが、気味悪がるほど。でも恋人のカートは喜んでいたけどね。さすが、クライン(カート+ブレインの通称ね)!

ジェルなしのブレイン

次話glee シーズン3 第20話 「入れ替わり」(Props)のあらすじと曲リストはコチラ 


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ