glee シーズン2 第6話「初めてのキス」(NEVER BEEN KISSED)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン2 第6話「初めてのキス」のあらすじ

来月の地区大会の相手校が決まった。対戦相手は中年学校のヒップスターズと、男子私立のダルトン高校のアカペラ部ウォブラーズ。気を抜かない為にも、以前と同様に、男女でチーム対決することに!

しかし女子チームに入りたいのに、男子チームに入れられたカートは不満タラタラ。そこで”女子にはロック”、”男子には女性ボーカルの歌”という条件がついた。

この課題に張り切って仕切ろうとするカートだが、今度は男子メンバーが不満。そしてウォブラーズをスパイするように、カートをそそのかす。

 

そそのかされたカートがダルトン高校に潜入すると、何やら学校内が賑やか。転校生と偽って、ある生徒に声をかけると、「これから談話室でウォブラーズのコンサートがあるから」との返事。ダルトン高校では、グリークラブは人気者なのだ!!

しかも彼はカートの手を握り、談話室まで連れて行ってくれた。談話室につくと、すぐに演奏が始まり、その彼が「Teenage Dream」を歌いだす!!そう彼こそ、ウォブラーズのエースボーカルのブレイン!!(※歌は1分4秒からスタートだが、その前のシーンが有名なカート&ブレインの手つなぎシーンなんで、ファン必見(”ω”)ノ)

(手つなぎシーン。もちろん私も大好き!)

彼らのパフォーマンスに、生徒たちは大盛り上がり。

 

その後にカートは、ブレインと他2人のウォブラーズメンバーに、本当はスパイだと告白する。彼らは怒るどころか、親切にしてくれ、そんなカートにラテまでくれた。

「ゲイ?」とつい聞くと、ブレインはゲイだが、他2人はストレートで、彼女がいるとの答え。このダルトン高校では、性差別やイジメに厳しいのだ!!

つい涙ぐむカート。強がってはいたが、限界に来ていたのだ。そんなカートに、ブレインが手を差し伸べる(他の2人は部屋から退出)。

 

実は、カートはアメフト部のカロフスキーに執拗にいじめられている。過去にはパックやアメフト部員からイジメを受けてはいたが、カロフスキーは特に酷くて、恐怖を感じるレベル。それなのに、誰も助けてくれない。みんな、見て見ぬ振りだ!

カートのそんな告白に、ブレインは「わかる」との返事。実はブレインも過去にいじめを受け、そこから逃げ出すために、ここダルトン高校に転入したからだ。だが「今もいじめに立ち向かわなかったことを後悔をしている」とも。

そんなブレインに励まされ、カートはカロフスキーに立ち向かう。だが、口論している途中、カロフスキーからキスをされてしまう!ショックで放心するカート。カートにとって、それが初キスなのだ…。

その後、ブレインと一緒にカロフスキーに抗議するが、相変わらずカートをイジメるだけ。しかもキスはなかったことにされた挙句、「キスのことを人にしゃべったら殺す」との脅しまで!

(※カロフスキーは自分がゲイであることに、戸惑いと苛立ちを覚えている。もちろん周りには内緒の隠れゲイね(”ω”)ノ)

スポンサーリンク

 

一方その頃、クインと付き合っているサム。セックスの衝動を抑える方法として、アメフト部コーチ・ビーストの下着姿を想像するようにしたら、これが効果テキメン!

だが、クインといちゃいている時に、「ビースト」とつぶやいたことで、ビーストと浮気している?と、クインが誤解してしまう。しかもスーの策略によって、クインはそれをみんなのいる前で、サムに問いただしてしまう!

そこに偶然に通りがかったウィル。事情を聞いて、ビーストに失礼だから下着姿を想像しないことと、ビースト本人に悟られないようにと注意するが、この禁欲方法は既に禁欲男子に広まってしまっていた!

 

一部の生徒が自分に変な態度をとってくることに疑問を持ったビースト。ウィルに尋ねると、戸惑いながらも、ビーストの姿を想像して、禁欲していた話を教えてくれた。だが、この事実にショックを受け、ビーストはコーチを辞職することに!

驚いたウィルはビーストと話をする。ビーストは自分がキス未経験であることを語り、落ち込んでいた。そんなビーストを褒め、最後はキスをし、2人は和解する。そしてウィルは音楽室に来るように頼む。

 

翌日、音楽室に行くと、そこにはグリークラブのメンバーが。そして男子チームが、ビーストに改めて謝罪し、ビーストの指導は厳しいけど、人柄は優しいことを伝える。

そしてそんなビーストをイメージしてマッシュアップした「Stop! In the Name of Love / Free Your Mind」を気持ちを込めて披露。

これでビーストは許し、アメフトのコーチも続けることに!

ちなみに女子チームは、「Start Me Up / Livin’ on a Prayer」をノリノリで披露。

 

またATMを盗もうとして入れられた少年鑑別所から、無事(?)に仮出所したパック。仮出所の条件がゴミ拾い or 障害者の手助けだったことから、車椅子のアーティーを手助けすることに。手初めに自信を持たせようと、「One Love (People Get Ready)」を2人で歌う。

すると、みんなから、お金が集まった!(※パックが脅したからね(”ω”)ノ)

そのお金でアーティーのために、ブリトニーとサンタナとディナーへ!アーティーにとって、ブリトニーは初エッチの相手。キツイ言い方でフッタが、本当は未練タラタラなのだ。

4人でのディナー時のこと。無銭飲食をしようと提案するパックだが、アーティーはコッソリと代金を支払う。だが、これが気に入らないパックは、アーティーと距離を置くことに!

しかしその後、パックは少年鑑別所に戻されそうになってしまう。戻りたくないと、街から逃げ出そうとするパックに、「一緒にゴミ拾いをしよう。勉強も教えるよ」と、アーティーが手を差し伸べ、パックとアーティーの友情が深まる。

だが、カートは一人のまま…。

スポンサーリンク

 

gleeシーズン2 第6話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
One Love (People Get Ready) パック,アーティー Bob Marley & The Wailers
Teenage Dream ウォブラーズ Katy Perry
Start Me Up / Livin’ on a Prayer ニュー・ディレクションズ女子 The Rolling Stones / Bon Jovi
Stop! In the Name of Love / Free Your Mind ニュー・ディレクションズ男子 The Supremes / En Vogue

glee シーズン2で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン2 第6話の感想

とうとう出てきたぁーーー!ウォブラーズ!そしてブレイン!!ウォブラーズ好きな私としては、嬉しい限り(´▽`)

ブレインって、いい声だし、上手い!それにウォブラーズのダンス、大好きなんだよね!ちなみにシーズン2では、このウォブラーズが予想外の大ヒットになり、シーズン3以降も出演するんだよね。

またカートとブレインの出会い。手を握って、走っている姿。男同士なのに、いいんだよね~( *´艸`)クライン(※カート&ブレインの愛称。ちなみにレイチェル&フィンは、フィンチェルネね)の出会いで、gleeの名シーンの一つですな(笑)

 

それにしても今回のカートは、すごく切ない。カロフスキーはしつこくいじめてくるし、でもそれをみんなが気付いているのに、誰も助けてくれない。ウィルだって、助けてくれないなんて!

ブレインがカートと同じゲイと知った時の、あの表情。”仲間”を見つけて、ホッとしているような、嬉しいような顔。あの表情に、グッときた。

カートは、他の人と明らかに違う。ゲイを理解されないし、女っぽくて、いじめられやすい。それに好みとか興味とか、完全に女子だし、これでは男友達を作りにくい。ちなみに一番仲良しは、メルセデス。同じゲイじゃないと、分からない悩みが満載なんだろうな~。

それにしても、あのイジメっ子・カロフスキーがゲイとは。しかもカートを好きとは。意外すぎるし、相変わらずのgleeらしい急展開ですな。

 

また生徒のみんなが想像している下着姿のビーストは笑える。でもそんな想像を、しかも性欲を抑えるためにされていたら、ショックだよ。

ウィルがビーストを慰めている言葉で良かったのが、「君を許容できる男は、なかなかいない。まだ出会えていないだけ」(※こんなニュアンスね)。

でもこんなことを言われ、しかもキスされたら、コロッと傾いちゃうよ~。私だったら、速攻だろうな(笑)

glee シーズン2 第7話「代理教師にお任せ」(THE SUBSTITUTE)のあらすじと曲紹介


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ