glee シーズン2 第4話「最強デュエット歌作戦!」(DUETS)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン2 第4話「最強デュエット歌作戦!」のあらすじ

パックがATMを強盗しようとし、少年鑑別所に送られてしまった!部員がギリギリのニュー・ディレクションズ。これでは地区大会に出るには、部員が足りない。ピンチ!と思ったが、代わりに転校性のサムが入部することに!!

今週の課題は”Duets”。2人一組で競いあい、優勝者にはレストランのディナー券がプレゼントされることに!みんなはディナー券をめざして、張り切る!

 

カートはサムがゲイでないかと期待して、ペアを申し込むと、サムは了承。だが、これに心配したのがフィン。

せっかくグリークラブに入部してくれたのに、カートと歌うことで他の人から”ゲイ”とからかわれ、イジメの対象になってしまうのではないか?それでサムが退部してしまうのではないか?

そこでフィンはカートにペアを解消するように言うが、カートは怒るだけ。一方のサムも「約束だから、ペアーを解消しない」とのこと。

だが、自宅で父・バートの世話を甲斐甲斐しくしている時のこと。(※バートは意識不明の重体だったが、ある程度は回復した)

サムとペアを組んだことや、フィンに言われたことをバートに相談すると、「フィンの言うことにも一理ある」の返事。てっきり味方をしてくれると思っていたのに、思いがけないバートの言葉に、カートはショックを受ける。

悩んだカートはサムにペアを解消することを告げて、なんと自分自身と組むことに!「Le Jazz Hot」を1人2役で歌う。

 

さて。その頃フィンは、恋人のレイチェルとペアを組んで、「Don’t Go Breaking My Heart」を練習。

”これで優勝は確実!”と、自信満々の2人。だが、レイチェルは実はベジタリアンで、今回の優勝賞品のディナー券のレストランはお肉の店。当然、レイチェルは行きたくない。

そこでフィンをそそのかし、”入部してくれたサムに優勝してもらおう”と提案し、わざと負けることに。「With You I’m Born Again」を歌うと、狙い通りに、みんなから大不評。

 

一方、マイクとティナの恋人ペア。「歌いたくないし、ダンスしかできない」と、マイクは今週の課題に文句タラタラ。

これに日頃のデートに不満を持っていたティナが、我慢の限界を超え、ケンカ!そしてティナは、元恋人のアーティをペアとして誘う!

だがアーティには既にペアの相手がいた。それはなんとブリトニー!しかもブリトニーからの誘いで、交際までスタートしていた!

だが、これには裏があった。ブリトニーとサンタナがベッドでいちゃついている時、ブリトニーが一緒にペアを組もうと提案したら、サンタナに拒否されたのだ。

しかも「いちゃついているのは、パックがいなくて人恋しいだけ」とまで言われてしまい、だからブリトニーがアーティーと仲良くしていていたのは、サンタナへの当てつけでもあったのだ。

そしてサンタナはというと、どうしても優勝したいからとメルセデスを誘っていた。お互い歌も上手だし、声の相性を良い。メルセデスも了承し、「River Deep, Mountain High」で圧巻のパフォーマンス!

さて、アーティにデュエットを断られたティナは、結局嫌がるマイクを励ましながら、”歌えない。ダンスしかできない”というマイクにぴったりの「Sing!」を披露。

スポンサーリンク

 

さて。レイチェルが優勝を譲ろうとしたサムだが、ペアの候補はクイン。実はグリークラブに入部したことで、もはや恒例となったジュースを顔にかけられてしまったのだ。そしてその現場にいたのがクイン。クインは、サムをきれいに洗ってあげ、2人の距離が縮まっていた。

だが、歌の練習中、サムがキスを迫り、クインは拒否。クインとしては、ようやくチア部のキャプテンという以前の”人気者”のポジションにようやく返り咲いたばかり。せっかく取り戻した地位を失いたくないから、恋に臆病なのだ。だから、ペアを解消しようとまで!

だが、ここで動いたのがフィンとレイチェル。2人を説得して、クインとサムは「Lucky」を歌う。

そして結果発表!!みんなはそれぞれ自分たちのペアに投票していたが、レイチェルとフィンだけが予定通りサム&クインのペアに投票したことで、見事にサムとクインが優勝!ディナー券をGETした!!

 

「デートじゃないから」と言いながら、2人はレストランに行く。最初は気まずい2人だったが、サムが、妊娠で人気者の座から転落したクインの過去を、「俺だったら転校しただろうけど、逃げなかったのがスゴイ」と話す。

更に転校したばかりだから、カッコつけようと髪を染めていたことを、サムが暴露したことで、2人の距離は徐々に縮まる。

クインは貰った食事券をバックにしまいながら、「あなたが払って。初デートは男がおごるものよ」とサムに告げる!

 

尚、ブリトニーとアーティーのペアは今回のデュエットは棄権。ブリトニーと初セックスをしたアーティだが、サンタナから「ブリトニーの目当ては、”声だけ”なのよ」と暴露されたからだ。しかもブリトニーは、誰とでもセックスしていたことまで!これにアーティはショックを受け、棄権となったのだ。

ブリトニーは謝るが、アーティとは溝ができてしまったまま。

 

また今回のデュエットで傷ついていたのが、カート。”ゲイ”だから、他の人とは違う。”孤独”に慣れようと、突っぱねて1人で歌ったが、本当は寂しかった。

そんなカートにレイチェルは、”孤独じゃない。仲間がいるよ”と告げ、「Happy Days Are Here Again / Get Happy 」を2人で歌う。

スポンサーリンク

 

今話gleeシーズン2 第4話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Don’t Go Breaking My Heart レイチェル,フィン エルトン・ジョン & Kiki Dee
River Deep, Mountain High メルセデス,サンタナ アイク&ティナ・ターナー
Le Jazz Hot カート 映画「Victor/Victoria」
Sing! マイク,ティナ 映画「a Chorus Line」
With You I’m Born Again レイチェル,フィン × Billy Preston & Syreeta Wright
Lucky サム,クイン Jason Mraz & Colbie Caillat
Happy Days Are Here Again / Get Happy レイチェル,カート Barbra Streisand & ジュディ・ガーランド

glee シーズン2で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン2 第4話の感想

メルセデスとサンタナのコンビの「River Deep, Mountain High」が良い!2人とも歌が上手いし、声量あるし、サンタナはダンスも上手いから、見ていて面白い!普通に考えれば、このペアーが優勝だろうなー。

サム&クインも、2人とも声がキレイだし、超絶美貌カップルで、良いんだけどね。 それにしても、この2人はこれからどうなるのかなぁ( *´艸`)

クインにしてみれば、元の人気者座に返り咲いたばかりだから、その地位は絶対死守したい。それにパックとの1回のセックスで妊娠したから、そういう関係はもう怖いだろうしね。でも今回、ただの食事が、「デート」になったからねぇ。

 

それにしても、今回のカート。前回も意地を張ってきたけど、今回も意地はってますね~。

「カートと一緒に歌ったら、ゲイとからかわれ、イジメられる」

これってありうるけど、カートにしてみれば可哀想。友達として一緒にいるだけで、相手がからかわれちゃうってことだもんな。でもそんなカートに手を差し伸べたのが、まさかのレイチェルとは。意外すぎる!

 

尚、今回フィンとレイチェル(通称:フィンチェル)が歌った「With You I’m Born Again」の評価が、なぜ”下品”なのか?と不思議に思ったので、ググってみたら、あらびっくり。同じ事を思う人が多いのね。ちなみに本場アメリカでもそうだったみたい。

で、理由としては、この歌のタイトルは、”あなたと共に生まれ変わる”と訳せるけど、これが”この行為で、産まれ変わる”という、SEXを連想させるとのこと。

それなのにカトリックの衣装で歌ったから、”下品”という、アメリカ流のブラックジョークとのこと!なるほどね~。なんでみんながあそこまでドン引きだったのが、不思議だったけど、なんとなくスッキリ(笑)。

glee シーズン2 第5話「ロッキー・ホラー・グリー・ショー」(THE ROCKY HORROR GLEE SHOW)のあらすじと曲紹介

Huluならgleeが月額933円で見放題!2週間無料トライアルできるよ!



glee以外の海外ドラマもたくさん楽しめる上に、ネットで解約もできるから、お手軽に視聴できるよ!
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ