glee シーズン1 第12話「思い出のアルバム撮影」(MATTRESS) あらすじと曲紹介

スポンサーリンク


 glee シーズン1 第12話「思い出のアルバム撮影」あらすじ

来週土曜日は、いよいよ地区大会!しかしなんとその日はケンとエマの結婚式!これはもちろんケンの嫌がらせだが、エマは地区大会をすっかり忘れていたのだ。

エマは地区大会の応援に来れないことを残念がるが、もう決まってしまったから、しょうがない。

残念なウィルだが、さらにガッカリなことが。それは今はちょうどアルバムを撮影時期だが、今年はグリークラブのページがなくなったのだ!”グリークラブの写真は、毎年落書きの対象にされるから”という理由だが、これは明らかにスーの嫌がらせ。

校長へ抗議するが、載せる代わりに費用を出すように言われ、渋々自腹。だが、高くて、1/4ページ分だけ。

 

1/4ページは、代表2人分のみの小さいスペース。それでもウィルはみんなに喜んで貰おうと報告。が、みんなの反応はイマイチ。

だが、それもその筈。なんと過去グリークラブのページは、毎年落書きされている上に、落書きされた張本人が不幸になってしまったケースまであったのだ!つまりアルバムに乗るのは、不吉なことなのだ。

それでアルバム撮影に命を懸けるレイチェル以外は、みんな載りたくない。そのため代表者のうち1人は、満場一致でレイチェルに決定!もう1人はエマのアドバイス通りに、レイチェルにもう1人の代表を選んでもらうことに。

レイチェルはみんなに撮影を頼むが、断られまくる。…が、唯一、フィンだけがOKしてくれた!!

 

写真撮影で緊張するとボヤくフィンに、笑顔のつくり方を「Smile」を歌いながら、レイチェルが教える。

しかしその後、アメフト部員達から嫌がらせをされ、フィンはアルバムに載ることをためらい、結局は撮影をすっぽかしてしまう。落ち込むレイチェルだが、「When You’re Smiling」を歌い、なんとか笑顔を取り戻して、撮影する。

 

学校内でのグリークラブの地位を上げたいレイチェルは、なんとマットレス店のローカルCM出演をGET!これには、みんなも大喜び!撮影当日、「JUMP」を歌いながら、楽しく踊る。

そのお礼として、後日グリークラブにマットレスが届くが、これが後に大問題を引き起こしてしまう!!

スポンサーリンク

 

さて。アルバム撮影のために家でポケットチーフを探していたウィル。その時、なんと引き出しの奥から、怪しげなものを発見。それはお腹を、妊婦腹に見せかけるもの。

疑問に思ったウィルがテリに詰め寄り、テリのお腹を確認すると、やはり妊娠してない。ウィルはテリが妊娠していない事実を、そこで初めて知る。

ウィルが離れそうだったから、妊娠していないことを言えなかった」とテリは訴えるが、同時に「ウィルが意見を言うようになったことで、夫婦仲が悪くなった」とも。しかもそれは全て「グリークラブのせいだ」とー。

 

ウィルは怒って、テリの腕を振りほどき、家を飛び出す!そして学校で寝泊りしようとした時に、先ほどお礼でもらったマットレスを見つけ、それで寝る。テリへの怒りはもちろん消えず、これからどうしようか途方に暮れながら…。

しかもそんなウィルにさらに追い打ちが!実はCM出演のお礼とは言え、金銭を受け取ることは、学校で禁止されている。だからマットレスを貰ったことは、規定違反なのだ!しかもウィルがマットを1つ使用したので、返品できない。

そんなことを言い出したのは、もちろんスー。もちろんただの言いがかりだが、校長からも責任を取るように言われ、ウィルはグリークラブの顧問の座から降りることに。つまり地区大会にも、コーチのウィルがいないことに…。

 

この一連の出来事に責任を感じるレイチェル。気落ちするウィルと、グリークラブのみんな。ウィルはそんなみんなに、「アルバム撮影は笑顔で」と言い残して、部室を去る。

そしてここで動いたのが、クイン!スーはグリークラブにマットのお礼についていろいろ文句を言っていたが、実は過去、靴とか優待券とかをスーからプレゼントされていたのだ。つまりチア部員はスーから内緒で、いろいろ貰っていた!もちろんそれがバレたら、まずいのはスー。

そこでそれをネタにスーをゆすり、チア部はアルバムが6ページもあるからと、1ページ分をグリークラブへ譲らせることに、見事成功!!

クインは、「チア部より、私を受け入れてくれたグリー部のみんなとアルバムに載る」と言い残し、スーのもとを立ち去る。

 

そして最後、ウィルはいないが、「Smile」を歌いながら撮影の準備をし、グリークラブのみんなで、笑顔でアルバム写真を撮る。

ただ案の定、アメフト部員に落書きをされてしまったが。

スポンサーリンク

 

今話gleeシーズン1  第12話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Smile レイチェル,フィン リリー・アレン
When You’re Smiling レイチェル × ルイ・アームストロング
Jump ニュー・ディレクションズ ヴァン・ヘイレン
Smile ニュー・ディレクションズ ナット・キング・コール(Charlie Chaplin作曲で映画に使われ、後に作詞される)

glee シーズン1で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン1 第12話の感想

今回、過去に”アルバムのため”だけに、様々な部に在籍して、笑顔でアルバムに写っているレイチェルに笑った。いい笑顔だしヽ(*´∀`)ノ明らかに1人浮いているクラブにいたりするし、レイチェル、そこまでして写りたいの?(笑)

でもまぁ、”私は将来成功する!”って信じきっていて、その”写真撮影は場馴れ”の為というのは、さすがレイチェル!!それにまぁ、人に嫌われも、たいして気にしていないしね(笑)。

そして、とうとうテリ。嘘妊娠がバレちゃいましたね~。隠し通せるものでもないしそれにクインの子を”自分達の子”と騙したって、いつかバレるだろうしね。

それにしても、いくらウィルに強く言われたからって、夫婦仲が悪くなったことまで、全てをグリークラブのせいにするのはダメだよ。原因はテリがウィルを全て支配したがったからなのに。

それにあんなにウィルが楽しそうにしているグリークラブを嫌がって、文句ばかりじゃぁ、ウィルの心が離れるのは当たり前。それなのに自分の行動、性格を変えず、挙句は全てグリークラブのせい、とは。さすが、自己中テリ!!

でもそれでも、ウィルは離婚をためらっている。ただ元々、エマへ気持ちは揺れていたし、エマはウィルLOVEだからねぇ。でもエマはケンと来週結婚する。そうしたら、もう戻れない。さて、いったいどうなる?

また最後に、クインがスーへの直談判にはびっくりした。あんなに自己中なのに、グリークラブも最初は嫌がって、ただ恋人フィンの監視のためだけだったのに。変わったなぁ。

でも確かにグリークラブが楽しくなっていたし、妊娠し、人気者の座から転落しても、グリークラブのみんなだけは受け入れてくれ、そこが”クインの居場所”になっていったしね。だから最後のスーへのセリフには、なんかスカッとしたし、嬉しかった。

glee シーズン1 第13話「あなたなしでは…」(SECTIONALS) あらすじと曲紹介


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ