glee シーズン6 第9話「やっかいな小悪魔」(Child Star)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン6 第9話「やっかいな小悪魔」のあらすじ

スーはベスト校長賞(?)を受賞したくて、教育長に自分の推薦を依頼する。が、甥っ子マイロンのバル・ミツバー(ユダヤ人の男の子が13歳になる時に行う儀式)で披露するパフォーマンスを監督することを、見返りとして頼まれる。もちろんそれを承諾し、それはすぐさまニュー・ディレクションズへ直行(笑)。しかも強制。

マイロンはみんなの前で、「Lose My Breath」を披露する。

パフォーマンスはスゴイが、あまりの意外さにみんな唖然。しかもバックダンサーの笑顔が足りないとアドバイスをすると、すぐさま全員をクビにするという暴君ぶりを発揮(笑)。

更に、ニュー・ディレクションズは、その儀式でパフォーマンスを頼まれる。ペアでということで、ジェーンと組みたいメイソンだが、双子のマディソンに邪魔をされる。マディソンはメイソンと組む気満々なのだ。(※2人は周りから見ると、恋人のように親密だし、マディソンはメイソンを食事から何から徹底的に管理している)

メイソンはジェーンを誘うが、「自分でマディソンに言えたらね」と言われる。メイソンが伝えると、マディソンは激怒。あまりの怒りっぷりに、その様子を見たジェーンはロデリックと歌うことに。

ここでスペンサーは、ロデリックの友達アリステアに恋をしているが、アリステアからは無視されている。そんな想いを込めて、「Friday I’m In Love」を歌う。(※ロデリックとスペンサーは、同じグリークラブでも仲が良くない)

ロープ登りの時、ロデリックは全然登れずに、みんなから馬鹿にされる。スペンサーはロデリックにロープ登りのアドバイスをする代わりに、アリステアとの仲を取り持つように交換条件を出す。

しかしスペンサーのアドバイスは厳しく、一方的に言うだけ。だから、ロデリックは全くロープを登れない。しかもロデリックは、そんな自分を変えようとも思っていない。だから当然、スペンサーもアリステアとの距離は縮まらないし、スペンサーとロデリックの仲もそのまま。

その頃、マイロンの我儘は拍車をかけており、スーはこき使われまくっていた。バックダンサーの面接に予算を使いすぎて、予算が無くなり、なんとウィル、レイチェル、サム、ビーストがマイロンと歌うことに!(もちろん強制)

スポンサーリンク

 

さて、そんな状況の中、いよいよマイロンのバル・ミツバーが始まった。メイソンが「I Want To Break Free」(僕は自由になりたい!)を熱唱する。

ジェーンにパフォーマンスを褒められ、マディソンとも仲直りをする。ただまぁ、マディソンの過保護はなかなか治りそうもないけど。

順調に進んでいたが、ここでアクシデントが発生!マイロンが入った箱(?)が、途中でロープが絡まり、下に降りられなくなったのだ。そこでスペンサーが、ロデリックにロープを外すことを頼み、見事成功!!これでロデリックとスペンサーの仲は深まり、ロデリックは自信を持ち、自分を変えることに。

マイロンは無事に舞台に降りられたが、衣装が汚れてしまい、急いで着替えることに。そこで時間稼ぎとして、ジェーン、ロデリック、スペンサーは「Uptown Funk」を披露。

その後、マイロンと一緒にレイチェル達は「Break Free」を歌う。

そして無事バル・ミツバーは終了!!

そこで、驚きのことが。なんとアリステアがロデリックに誘われ、見に来ていたのだ。スペンサーがグリークラブに勧誘し、見事GET!更に、恋人としてもGET!!(笑)

更にマイロンは13歳なのに、なんとマッキンリー高校へ編入し、ニュー・ディレクションズの一員に!!これにスーは不満であるが、教育長の甥だから、意見は言えない。これで部員は6人+2人で8人!!

そして最後に、新生ニュー・ディレクションズで「Cool Kids」を歌う。

ちなみに、我儘マイロンを上手く操っているのは、キティー。さすがです。これからどんな展開となるのか!?

スポンサーリンク

 

今回のglee シーズン6で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Lose My Breath マイロン Destiny’s Child
Friday I’m In Love スペンサー ザ・キュアー
I Want To Break Free メイソン クイーン
Uptown Funk ジェーン、ロデリック、スペンサー マーク・ロンソン (feat. Bruno Mars)
Break Free レイチェル、サム、スー、ウィル、ビースト、マイロン、ニュー・ディレクションズ アリアナ・グランデ(feat. Zedd)
Cool Kids ニュー・ディレクションズ Echosmith

gleeシーズン6で使用された曲リスト

glee ファイナルシーズン 第9話の感想

今回のメイソンのパフォーマンスは、かっこよかった~!!以前から思っていたが、メイソンもマディソンも、チア部の恰好じゃない方が良い。かっこいいなぁ。なんかチア部の格好だと、ダサく見えるんだよね。特にメイソンが。

しかし、”双子恋愛までgleeは扱うのか?”と思っていたほど、2人はベッタリだったので、メイソンの叫びには妙に納得。これからマディソンの過保護の対象は、メイソンじゃなくて、マイロンになるかな?でもまぁ、キティーみたいに、上手くあしらえないだろうけど。

それにしても、マイロンのキャラはスゴイ!歌もうまい!しかも13歳で編入とは、本当にびっくりな展開。先が読めなくて、ハチャメチャで、シーズン6は楽しい。

ここでgleeはシーズン6は全13話とのこと。あと、残り4話。どんな展開になるのか、楽しみ!!

glee シーズン6 第10話「ピンチを乗り越えろ!」(The Rise and Fall of Sue Sylvester)のあらすじと曲紹介


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ