glee シーズン6 第10話「ピンチを乗り越えろ!」(The Rise and Fall of Sue Sylvester)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン6 第10話「ピンチを乗り越えろ!」のあらすじ

ウィルがニュー・ディレクションズを指導し(レイチェルは不在)、「Rather Be」を歌っている時に、カートに支えられたブレインがやってきた。

しかし呆然としていて、様子が変。だが、それもそのはず。なんとダルトン高校が火事で燃えてしまったのだ!もちろんウォブラーズも!全てが消えてしまったのだ。

そこでウォブラーズのみんなが、ニュー・ディレクションズに入部することに!!しかしこれにスーが大反対!だが、ウィルは入部させると突っぱねる。そしてここに、スーvsウィルの全面対決が再び始まった!!

スポンサーリンク

 

しかしここで意外なことが。教育長から呼び出しがあったのだ。すると、なんと教育長が、スーのあの”増悪のロッカー”を見たというのだ!!そこには甥マイロンの画鋲が刺されている人形やら、何やらがある、かな~りヤバイ場所。教育長がスーの人間性に(ようやく)不信感を持ち、スーが解雇された!!

これに不服なスーはTVに出演して訴えるが、スーの経歴が嘘で塗り固められていた事が暴露されただけ。更には、レイチェル達の証言(みんなをイジメまくっていたこと)やら何やらで、更に不利になっただけ。

そんなスーをかばったのは、ビースト。ビーストは元夫クーターのDVで悩んでいる時、離婚することを薦め、家に呼んでくれた。性転換手術の時も、理解してくれた。だからだ。

そしてウィルも、スーを擁護した。あの宿敵のスーを、だ。だが、TVでのウィルの発言を聞いていないスーは、ウィルがチクッたと勘違いし、更に憎む。

更に、TV局でショックなことを告げられていたスー。今までずっと可愛がっていたベッキーが、ウォブラーズの入部を認めなかったことが原因で、スーを裏切り、増悪のロッカーのことや、過去の様々なこと(悪事)を暴露していたのだ!

しかも母ドリスまでもが、スーのことを”愛せない子”と発言したり、本当は仕事なのにそれを”ナチ狩り”と嘘をついていたら、それを勝手にスーが信じちゃったと、まで。

スーはドリスを呼び出し、2人で話をして仲直り。その証として、両親の思い出の曲、「The Trolley Song」を一緒に歌う。

そんなスーは、なんとボーカル・アドレナリンのコーチに就任!!腹筋やら何やらをさせた上に、「Far From Over」を200回歌わせるという地獄のようなシゴキをさせる。が、最後、ボーカルに「あなたがコーチでよかった」と暖かく迎えられる(笑)。

そしてウィルへの憎しみが膨らんでいるスーは、ウィルを呼び出し、「The Final Countdown」で対決。(実際はエア・ギターで、異様な光景(笑))

さて。ウォブラーズが入部したことで、ニュー・ディレクションズに新たな問題がうまれていた。それはウォブラーズとの隔たり。彼らは”伝統”やら協調性を重んじていて、ニュー・ディレクションズとは毛色が違う。また彼らはダンスは上手いが、ニュー・ディレクションズは下手だし。

しかし最たるは、衣装!彼らは、ブレザーを脱ごうとしないのだ。なぜなら、それは火事でなくなってしまった母校の伝統と誇りだから。ニュー・ディレクションズの赤いTシャツも否定するし、このままではバラバラのままだ。

そんな衣装問題を見事に解決したのがブレイン。ウォブラーズのみんなも納得するような新たな衣装を作ったのだ。そして最後、その新たな衣装を着て、新生ニュー・ディレクションズで「Rise」を歌う。

尚、レイチェルは進路を迷っていた。以前退学したNYADAに、再入学するためにカーメルに直談判したが、断られてしまったのだ。でもどうにかして戻ろうと画策しているところに、以前受けたオーデションの結果がきて、見事合格!で、レイチェルはあっさり再入学をあきらめる(笑)。しかし、サムだけには、反対される。これから、いったいどうなる?

スポンサーリンク

 

今回のgleeシーズン6 第10話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Rather Be ニュー・ディレクションズ Clean Bandit (feat. Jess Glynne)
The Trolley Song スー,ドリス 映画『若草の頃』
Far From Over ボーカル・アドレナリン Frank Stallone(映画『ステイン・アライヴ』)
The Final Countdown スー,ウィル Europe
Rise ニュー・ディレクションズ gleeオリジナル -

glee シーズン6で使用された曲一覧

glee ファイナルシーズン第10話の感想

今回の展開「これってアリ?」っていうのが、率直な感想。

地区大会の3高の争いが、ニュー・ディレクションズvsウォブラーズvsボーカル・アドレナリンで、レイチェル&カートvsブレインvsウィルのコーチ対決だったのに、いつの間にか”ウィルvsスー”という、シーズン1からのパターンに!まさかコーチ対決がこうなるとは…。

ウィルがコーチをやめてニュー・ディレクションズの指導顧問(?)になったのは、予想通り。でもダルトン高校が家事で燃えてウォブラーズがなくなり、ニュー・ディレクションズと一緒になるとは!意外すぎです。

これから部員をどうやって集めるんだろう?ユニークも出てきたし、ウィルも戻ってきたんだから、ジェイクとかマリーとか、他校に転校させられていたメンバーが戻ってくるのかなぁ?

なーんて、そんなことを思っていたら、まさかこんなウルトラC技を使うとは。意外すぎて、驚きまくりです。

それにしても、ボーカル・アドレナリン。あんなシゴキがいいのか?嬉しいのか?そこに結構ウケタ。まぁ、悪魔のようなメンバーに、悪魔のようなスーだから、相性は良さそうだしね。

またスーとウィルの「The Final Countdown」は笑った。スーとウィルの格好に笑っていたら、まさかそれがエアギターとは。

シーズン6は、ファイナルだからか、今まで以上にハチャメチャで楽しい!!展開が読めない。さぁ、あと3話。今度、どうなる?楽しみ!!

次話glee シーズン6 第11話「教え子たちの晴れ舞台」のあらすじはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ