glee シーズン5 第6話 「僕らのニューヨーク」(Movin’ Out)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン5 第6話 「僕らのニューヨーク」のあらすじ

マッキンリー高校で、職業体験のイベントが開催された。しかしスーの意向もあって、芸術系のブースは皆無だった。スー曰く、「夢は叶わない」からだ。

スーの言葉に将来を不安になったニュー・ディレクションズのみんな。そこでみんなの士気をあげようと、今週の課題を”ビリー・ジョエル”にする。ビリー・ジョエルは、今でこそ有名な歌手であるが、初期はなかなか売れずに苦労したのだ。

グリークラブでは今週2人がNYへ行き、夢にチャレンジする!ブレインはNYADAのオーディションで、サムはハンターカレッジの演劇科で面接だ。そこで「Movin’ Out (Anthony’s Song)」を歌い、NYへ!

そして2人はレイチェルとカート、サンタナの家へ行き、歓迎される。ちなみに、NY滞在中は2人とも、ここに泊めてもらう。

ブレインはカートに後押しされ、(カートのバイト先の)カフェで「Piano Man」を歌い、お客さんから拍手をもらう!

さて。これで準備万端!と思いきや、ブレインはオーディション直前に、「受けたくない。医者になりたい」とカートに言い出す。しかしここは、さすが婚約者。カートはブレインが単に怖気づいたのだと気が付き、「合格できる」と励ます。そしてその甲斐もあって、ブレインはオーディションで見事に歌う!!

一方サム。まずは奨学金の面接へ出かけたが、まぁ、要らないことをたくさんしゃべり、失敗。レイチェルに励まされ、「大学には行きたくない。本当はモデルになりたい」と本音を漏らす。すると、レイチェルが動いた!カメラマンを手配し、サムの写真を撮ってもらったのだ。

そしてサムは、その写真を手にモデル事務所に行く。すると、一応採用されるが、業界の厳しさを語られ、それは問題なかった。しかし「5キロはやせなさい」と言われて、落ち込む。

レイチェル達が「そのままで良いよ」と励まし、「Just The Way You Are」を歌い、サムは段々と元気に!

スポンサーリンク

 

さて。マッキンリー高校では、ジェイクの浮気がマーリーにばれ、マーリーは怒り、落ち込む。マーリーに許してもらおうと、ロッカーにバラの花を入れて謝るが、「もともと女癖が悪いことは知っていた。リスクを承知で付き合ったから」と、拒否される。

更には、マーリーを好きなのにジェイクとの仲を応援していたライダーから批判され、「俺は自分を変える気はない。これが俺だ」と言い、いろいろな女の子といちゃつきながら、「My Life」を歌う。

このことでマーリーは怒る。原因はジェイクが作ったくせに、”自分が哀れ”のようにしているからだ。でも、同時に寂しい…。本当に好きだったから。

母にぼやくと、「私も若いころはワルに惹かれたから、気持ちは分かる。でもね、初体験は特別なものだから、好きなだけじゃなく、信頼できる相手を待ちなさい」と諭される。

すると、ライダーがマーリーをデートに誘ってきた。「今は誰ともデートする気はない。男が信用できない」と断るが、諦めない。「An Innocent Man」を歌い、マーリーにアピール。

しかも歌い終わると、ジェイクの前で、堂々とデートに誘ってきた!マーリーは”Yes”と答える。ただマーリーはライダーとデートはしたが、その後に「付き合う気はない」と断る。

ここで、もうすぐ卒業ということもあって、4年生は進路を考えていた。アーティーはベッキーが大学に進学したいのに、就職することしか考えていないことに気が付く。そこでベッキーに大学進学の話をするが、すぐにスーに遮られる。スーはベッキーを超かわいがっており、自分の秘書にしている程だからだ。

だが、アーティーは諦めない。ベッキーに適した大学のパンフレットを取り寄せ、ベッキーに渡す。が、「しつこい」と文句を言われただけ。更にスーからも説教をくらう。しかしスーは知っていた。本当はベッキーが大学進学をしたいことを。自分でもパンフレットを取り寄せ、検討もしていたのだ!

アーティーは、”本音を聞かせて”という歌詞の「Honesty」を歌い、ベッキーに本音を聞くことに。

すると、やはりベッキーは大学進学をしたいのだ!だが、そこでイジメられないかetc不安となり、一歩前に進めなかったのだ。しかし、「新しい友達もできるし、僕のように古い友達も力になるよ」と励まされる。そしてアーティーと、”自立支援”のプログラムがある大学にベッキーと一緒に見学に行くことに!

2人で大学見学すると、そこにはベッキーと同じダウン症の生徒もたくさんいて、ベッキーはすぐにクラスになじんだ。そしてその大学に進学することに!これには、スーも納得する。

すると、なんとスーがベッキーと、職業体験のイベントで、芸術系のブースも作ってくれた!まぁ、「ブロードウェイの夢を追ったのに、高校の教師のお前が話をしろ」と、ウィルに皮肉を言うが。でもウィルもニュー・ディレクションズのみんなも、テンションは下がらない!「You May Be Right」を歌う。

スポンサーリンク

 

glee シーズン5 第6話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Movin’ Out (Anthony’s Song) サム,ブレイン Billy Joel
Piano Man ブレイン,(Cafeのバイトメンバー)
My Life ジェイク,(チア部)
Honesty アーティー
An Innocent Man ライダー
Just The Way You Are サム,カート,ブレイン,レイチェル,サンタナ
You May Be Right ウィル,ニュー・ディレクションズ,(学校の生徒)

glee シーズン5で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン5 第6話の感想

今回ベッキーが大学進学したいのに、不安になるという気持ちはわかるし、スーがベッキーを手元で守ってあげたかった気持ちは分かる。だって、ベッキーは一度パニくって、発砲事件を起こしちゃったくらいだもん。自分が傍にいて、守ってあげたいよなぁ。でも教師だし、子供の成長を見守るのも大切だから、スーも最後は納得していた。

うー、私も親だから分かる!その気持ち!!

それにしても今回のブレインの「Piano Man」も、アーティーの「Honesty」も良いなー。2曲とも心に響く。

またマーリー。確かにジェイクの女癖が悪いの知っていて、でも好きだから付き合っていたけど、でもやっぱり浮気はつらいよな。それにしても、ライダーとどうなる?ライダーの方がよっぽど誠実だけど、人を好きになるのに抵抗ありそうだしね。

次話glee シーズン5 第7話 「パペットワールド」(Puppet Master)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ