glee シーズン5 第5話 「反逆者たち」(The End of Twerk)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン5 第5話 「反逆者たち」のあらすじ

マッキンリー高校で、音楽室をのぞくと、なんとブレインが1人トゥワーク(腰を振るダンス)を練習していた。それを隠し撮りしていたティナがニュー・ディレクションズのみんなに見せ、大爆笑!

ブレインは1人嫌そうな顔でいたが、これをみたウィルが”全国大会で使える”と思い立ち、今週の課題を”トゥワーク”に!!

ジェイクやキティーが講師となって、トゥワークの練習を始める。が、この様子を見ていて怒ったのが、スー。なんとスーのTVコーナーで”マッキンリー高校だけではなく、オハイオ州でトゥワークを禁止するべき”と訴えたのだ。(州議会にも意見を提出したとのこと)

だが、これに反抗したのがウィル!「表現の自由がある。なぜスーがボーダーラインを決めるんだ」と言って、堂々と反抗。生徒と一緒に「Blurred Lines」を歌いながら、トゥワークをする。

これに怒ったスーが、校長権限でウィルを解雇しようとする。が、ウィルは断固拒否!なんと教育長たちを学校に呼び、ダンスの歴史を再現しながら、トゥワークを認めさせようとする。これで一応教育長たちは納得した模様。

この頃、ユニークはトイレで困っていた。体は男でも、心は女だから、男子トイレが落ち着かないのだ。それでこっそり授業中に女子トイレを使っていたのだが、なんと意地悪ブリーに見られてしまう。ユニークは内緒にするように頼む。

すると、ブリーが男子トイレに入り、ジェイクとヤッたのを、ストーナーが偶然目撃。今度はストーナーが女子トイレに入るようになり、今度は女子が男子トイレに入るように。そして段々とトイレが、男女兼用のカオス状態に!!

それでしょうがなくユニークが男子トイレに入ると、今度はアメフト部員がユニークのウィッグをトイレに捨て、イジメてきた。ショックを受け、ユニークは「If I Were A Boy」を歌う。

歌い終わると、真っ先にジェイクが「誰にやられた?」と、怒り出す。「許さない。やり返す」と、ライダーもサムもやり返そうとするが、「暴力はダメだ」とウィルが止め、ユニークも「暴力はよくない」と同意する。

その後、ユニークは男女兼用のトイレ設置をスーに訴える。すると、スーは約束通りに男女兼用の簡易トイレを作ってくれた。が、そこはなんと音楽室!みんな、もちろん嫌がる。ユニークも困る。ただティナだけは「便利よ」と言って、普通に使うが(←みんな困る)。

そんなユニークに、ウィルは教員用のトイレのを使用させる。教員用は男女共用で、個室なのだ。ただし鍵が必要なので、使いたい時にウィルに声をかけなくてはいけないが。

しかしそれが、スーにばれる!ただしスーは、特別にユニークに職員用のトイレのカギをあげてもいいが、その代わりに例のトゥワークを禁止するように交換条件を出してきた。ウィルはそれに反抗し、スーみたいに暴れる!

しかしその後、音楽室の簡易トイレは消え、ウィルは「トゥワークをやめる」と言い出す。スーの取引に応じたのだ。ユニークが気が付き、トゥワークをやりたいみんなに申し訳なさそうな顔をする。

「もともとトゥワークが嫌だった」とマーリーはすぐに言い、ユニークの傍へ。「友達の方が大事だ」と他のメンバーもユニークを励ます。そしてみんなで「On Our Way」を歌う。

またこの時、マーリーは不機嫌だった。ジェイクの浮気が発覚したからだ。しかもそれは、ブリーに「トゥワークが下手だ」と笑われ、マーリーが言い返した時に、発覚。ブリーに勝ち誇った顔で”浮気告白”をされたからだ。

すぐにジェイクの元へ駆け寄り、問いただす。そしてジェイクの態度を見て、本当だと分かり、悲しみ&怒りで、「Wrecking Ball」を歌う。2人はどうなる?

スポンサーリンク

 

さて、NY。フィンの死という大きな困難があり、レイチェルは冒険したくなった。髪形をボブに変身し、ファニー・ガールの練習に行ったのだ!

監督と共演者パオロは驚き、監督からは”契約違反”と言われるが、レイチェルは「以前はこの髪型が流行していた」と強気な態度。「役作りの成果を出してくれ」と監督に言われ、パオロと「You Are Woman, I Am Man」を歌う。

その最中、不評だったレイチェルの髪形を、監督が気に入り出す。

練習の後に家に帰ってきたレイチェルの髪形を見たカートはビックリ。だがレイチェルは「これはウィッグよ」と平然な顔。そして”変化”が大切と訴え、フィンの死以降、マンネリ生活を送っていたカートを誘い、2人で冒険することに!そしてお酒を飲んで、なんとタトゥーを入れる!

翌朝カートはヒドイ二日酔い状態。しかもタトゥーを見ると、なんと文字が間違っていた!!消すにもお金がかかるし、返金を求めて昨日のタトゥー屋に行く。

すると、なんとカートのミスだった。文字を間違えて、店主に渡していたのだ!しかし店主はいい人で、なんとカートのイメージに合わせて、無料で文字をつけたして、なんとか意味あるものにしてくれた!更に舌ピアスまで(笑)

でもそれがカートにマンネリ打破し、フィンの死を乗り越えるキッカケとなった!ちなみにレイチェルは「タトゥーを入れていない」とカートに言っていたが、実はこっそり「Finn」と入れていた…。

スポンサーリンク

 

glee シーズン5 第5話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Blurred Lines ウィル,ニュー・ディレクションズ,(学校の生徒) Robin Thicke feat.T.I. & Pharrell
You Are Woman, I Am Man レイチェル,パオロ ミュージカル『Funny Girl』
If I Were A Boy ユニーク Beyonce
Wrecking Ball マーリー Miley Cyrus
On Our Way ニュー・ディレクションズ The Royal Concept

glee シーズン5で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン5 第5話の感想

ジェイクの浮気がやはりマーリーに、ばれちゃいましたね。マーリーが長く付き合っても、先に進ませなかったのが原因だけど、まぁ、ジェイクが悪いよなー。で、マーリーは超怒っているから、修復は難しそう。あんなにラブラブだったのにねぇ。

また今回はユニークが切ない。ユニークは、マイノリティー派だもんなぁ。カートやブレインみたいに同性愛者っていうだけじゃなく、心も女だから。男トイレは使用しずらいだろうなぁ。でも男トイレを使うと、意地悪されるし。本当に難しい。

だからユニークの「If I Were A Boy」は切なかった。心も”男”だったら楽だろうし。それにしても、ジェイクもライダーも、すぐユニークに味方したから、結束できているんだねー。(ライダーなんて、なりすましでメチャ怒っていたのに。まぁ、そこはgleeだよなー)

次話glee シーズン5 第6話 「僕らのニューヨーク」(Movin’ Out)のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ