glee シーズン5 第2話 「ビートルズでプロムへ!」 (Tina in the Sky With Diamonds)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン5 第2話 「ビートルズでプロムへ!」のあらすじ

もうすぐプロム。今年のプロムは2学年合同!プロムキング&クイーン候補が発表され、キング候補はブレイン,アーティー,モハメッド,ストーナー(2人は初出演)。クイーン候補は、キティ,エイミー,ジョーダン,ティナで、ティナ以外はみんなチア部だ。

この発表にティナは大興奮で、思わず、ダンスするほど(笑)。が、一緒にプロムに行く約束をしていたサムから「クイーン候補と一緒に行けるなんて、うれしいよ」と言われると、「やっぱり断らせて。壁の女の子たち(人気のない子)と一緒に行って、票を稼ぐから」とまさかの断り!

呆然のサム。ブリトニーと別れ、キング候補にも選ばれず、プロム間際に同伴者に断られたので、まぁ、当然だ。あまりのヒドサに、周りが文句を言っても気にしない。

「有名になるために、私には最後のチャンスなの」と息巻いているだけ。ただ同じくクイーン候補となったキティだけは、ティナを応援すると約束するが。

そんな周りの目を気にせず、ティナは「Revolution」を歌って踊りだすが、チャイムがなると、みんな部屋から出ていく。

その頃。新たなイジメっ子・ブリーは、キティを捕まえ、プロムクイーンの選挙活動をするようにせまる。最近はチア部から、プロムクイーンが出ていないから、今年こそはチア部でとりたいのだ!(※去年はレイチェル,一昨年はカートがクイーン)

グリークラブからは2年連続で出ているのに、なぜキティがティナを応援するのか!?ということだ。それでも渋るキティに、ブリーは「見ていなさい」と捨てセリフを吐く。

すると、後日、なんとキティの応援ポスターが廊下に貼られていた!それにより、キティの応援支持率まで上がり、ティナをはじめ、みんなから「ティナを応援すると約束したのに」と責められる。しかも恋人のアーティーまでもが、キティを信じてくれないのだ。まぁ、今までの態度が態度だからだが。

その頃。ティナの付き人であるドティ。ドティはティナに徹底的にこき使われていた。そしてそれを利用し、ブリーがドティに、ある無理な頼みをしていた…。

またその頃、スー校長から、グリークラブは全員ワクチンを接種するように命令されていた。注射嫌いのサムは嫌がるが、渋々行った保健室にいた新任の先生・ペニーに一目ぼれ!注射を打ってもらおうとするが、彼女は学生で、注射が超下手。怖くなり、逃げ出してしまう。

しかしそれからサムは、自分の腕に歯型をつけて、蛇にかまれたと偽ったりしながら、とにかくペニーのもとへ通う。「Something」を歌う。

そしてそんな中、プロムが始まる!ティナはデザイナーのドレスを着て、壁の女の子たちと一緒にプロムに来る。まずは「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」で大盛り上がり!

いよいよプロムキングとクイーンの発表。キングはストーナー。そしてクイーンは、なんとティナ!!大喜びのティナ。そして祝福するグリークラブのみんな。

が、まさにその時、ドティを使ったブリーの策略が実行された。なんと頭上に設置したバケツが落ちて、中から大量のジュースが落ちてきたのだ!!それにより、ティナはみじめな姿に…。

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%81%af%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a0%e3%81%a7%e3%81%84%e3%81%98%e3%82%81%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%bf%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%aa%e5%a7%bf%e3%81%ab

すると会場うから、そんなティナをあざける笑い声が!あまりのことに泣きながら、ステージを去るティナ…。

追いかけたグリークラブみんなは、音楽室で一人泣いているティナを見つける。家に帰ろうとするティナを呼び止め、ブレインが「2つから選んで。このままみんなで君を家に送り届けるか、みんなで君をきれいにして、ステージに戻す。君はプロムクイーンだ」と声をかける。

「ドレスがない」と泣くティナに、「私のを」とキティが即座に提案。マーリーとユニークも自分のを、と提案する。

そしてみんなで「Hey Jude」を歌いながら、ティナをきれいな姿にし、キティのピンク色のドレスを着せて、見事にティナ復活!!

無事ステージに戻ったティナ。驚く周りにを尻目に、ステージに上り、「私はティナ。プロムクイーンよ!!」と高らかに宣言!拍手と喝さいを浴びる!!

後日、プロムのいたずらである首謀者ブリーを、チア部顧問のロズがスー校長のもとへ引きずり出す。すると、なんとブリーを勝手にチア部キャプテンに任命し、これからニュー・ディレクションズのメンバーをとことんイジメることを命令する。

「(全国優勝させるように)応援していたんでは?」と尋ねるロズに、「奴らは敵がいないとダメだから」と、悪魔的な笑顔を浮かべるスー。もちろんブリーにも、悪魔的な笑顔を浮かんでいた。

スポンサーリンク

 

一方、NY。ファニー・ガールのオーディション結果がなかなか来ず、ダメだったと、落ち込むレイチェル。そんな彼女を尻目に、なんと早くもサンタナがCM契約を結んでいた!まぁ、デリケートゾーンだから、ちょっとあれだが(笑)。それがコチラ。

いつもなら先を越されたら、嫉妬するレイチェルなのに、意外にも素直にサンタナを祝福。すっかり自信を失ってしまっていたからだ。

そんなレイチェルを心配し、自信を取り戻してもらおうと、カートが音楽室にいるレイチェルのもとを訪れ、2人で「Get Back」を歌う。レイチェルは段々と自信を取り戻す!!

その頃、バイト先で気になる人がいるサンタナ。彼女の名はダニ。彼女もレズビアンだ。しかもそんなダニにちょっと誘われたサンタナは、怖気着く。サンタナにとって、元カノはブリトニーだけ(他は男)だし、完全なレズビアンは初めてだからだ。

そんなダニと同じ深夜勤務をこなしたサンタナとレイチェル。レイチェルは勤務が終わり、一足先に帰り、2人が取り残された。

「まだ帰らないの?」とサンタナが声をかけると、「ここから朝日を見てから帰るの」の答え。そして「Here Comes The Sun」を歌いながら、2人で朝日を見て、帰宅。

別れ際、軽く2人はチュッとする。そして恋人同士に。

またカートもバイトを始めた。学校以外でバンドを組むための費用を稼ぐためだ。すると、ファニー・ガールの監督が、バイト先に訪れてきて、レイチェルを指名。すると、ホールケーキを注文し、メッセージを「おめでとう。君がファニー・ガールだ」と頼む。

そう、レイチェルがファニー・ガールの役をつかみ取ったのだ!!あまりのことに喜び、すぐさまカートとサンタナのもとへ駆け寄り、抱き着くレイチェル。みんなからも祝福される。

そして家に帰り、ダニと4人でレイチェルのお祝いをし、「Let It Be」を歌う(ニュー・ディレクションズと一緒)。

スポンサーリンク

 

glee シーズン5 第2話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Revolution ティナ × The Beatles
Get Back カート,レイチェル
Something サム,(ライダー,ジェイク)
Here Comes the Sun ダニ,サンタナ
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band ジェイク,ライダー,マーリー,ユニーク
Hey Jude ニュー・ディレクションズ
Let It Be レイチェル,サンタナ,カート,ダニ,ニュー・ディレクションズ

glee シーズン5で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン5 第2話の感想

今回はティナにビックリ。プロムクイーン候補に選ばれ、張り切りすぎて、失敗。っていうか、ティナって付き人ドティをこき使っていたし、レイチェルと一緒で調子乗りやすいタイプ?でもまぁ、もちろんレイチェルほどじゃないけど。

そしてまさかのクイーン!でもあのイタズラは、ひどいなぁ。カートが男なのにクイーンに選ばれたときみたいだ。でも「Hey Jude」でキレイになっていく姿はよかった。そして最後のステージでの宣言もね!ティナらしい!!それにしても3年連続でプロムクイーンがグリークラブっていうのもすごい(笑)。高校の底辺なのにね。

そして最後の「Let It Be」良いし、ダニとサンタナの「Here Comes The Sun」もいい。新キャラのダニ。歌うまいな~。いい声~。ちなみにダニは人気歌手のデミ・ロヴァートさんが演じており、gleeゲストは同性愛者が多いけど、彼女は違う模様。これからサンタナとどうなるかな?楽しみ!

次話glee シーズン5 第3話「大好きだったフィンへ」 (The Quarterback)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ