glee シーズン5 第17話 「いざ、夢の舞台へ」(Opening Night)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン5 第17話 「いざ、夢の舞台へ」のあらすじ

いよいよレイチェル主演の『ファニー・ガール』が始まる!レイチェルは今まで経験したことないほどのプレッシャーに押しつぶされそう。初日の前夜では、なぜかダサい格好の高校生に戻って「Lovefool 」を歌うが、ベッキーに”帰れ”などのヤジを受け、最後ブーイングを受けるという謎の夢を見るほど。

カートに不安をぶつけるレイチェル。これはファニー・ガールの”プレビュー公演”を観た批評家から、高評価を受けてはいるが、”悪評”もかかれたことが原因だ。特にヒドイのが、個人ブロガー。彼らは好き勝手にブログで悪評を書きまくっていたのだ。そこでカートから、初日の舞台が終わるまで、”ネット禁止令”を受ける。

明日のレイチェル初公演を観に、ティナがレイチェル達の部屋へやってきた!が、ティナは空気が読めないので、レイチェルに堂々と「レビューを読んだわ。すごい、成功間違いなしだって!でも中には”音が外れている”と言ってたり、あなたのことを”トロール”なんていってる人もいる。ひどすぎる!」と、ブレイン達の必死な”無言な説得”に気づかづ、時限爆弾を落としてくれた。

レイチェルは「気にしないわ。大事なのは、仲間の評価」と答えるが、不安なまま。先に寝るために、自分の部屋へ戻ってしまう。ちなみにティナはみんなに怒られるが、気にしていない。

夜中。レイチェルの部屋から、何かの声が。カートが慌てて駆け付けると、なんと”禁止”されていたプレビュー公演の評価を新聞で読んだり、ネットで読んでいたのだ!特にブロガーなんかは酷く、「ホビット穴に帰れ!」など、まぁ、散々。さすがのレイチェルもすっかり自信をなくし、舞台に立てないと言い出す!

レイチェルのピンチに、カートがブレインたち仲間を呼び出す。普段は人を押しのけてでも舞台に立つのに、今では部屋に引きこもりっぱなしだ。みんなで説得するが、結局ダメだった。そこでカートは、最終兵器としてサンタナを呼び出す。

サンタナはサンタナらしく、遠慮なくレイチェルの部屋に行く。そして「ファニー・ガールの評価を呼んであげる」と言って、「動きが変」とか、まぁ、さんざん悪評を聞かせる。落ち込むレイチェルだが、サンタナのレビューはなんと1964年の記事。そう、レイチェルが崇拝するバーブラが演じ、喝さいを浴びた”バーブラ”のファニー・ガールのレビューだったのだ!!

レイチェルは自信を取り戻す。そんなレイチェルに「9割はあんたのことが嫌いだけど、ステージで満足させて」と、サンタナらしくエールを送る。

そしていよいよ始まったレイチェル主演の「ファニー・ガール」。「I’m The Greatest Star」でスタート!!

第一幕も無事に終わり、観客の反応は上々。楽屋に激励しに行ったカートたちの前で、レイチェルは支配人から「よかったよ」と誉め言葉をもらう。だが、ここはブロードウェイ。初演が終わり、翌朝の新聞にレビューが乗るが、そのレビュー次第ではロングラン公演にも、1日だけの公演にもなってしまう。そんなシビアの世界だ。

プレッシャーを感じつつも、レイチェルは次のステージに立つ。そして最後。歌っているとついフィンを思い出してしまうという「Who Are You Now?」を歌いきる!!

公演が終わり、支配人から労いの言葉が。翌朝のレビューまで気は落ち着かないが、とにかく”今日は祝おう”と、カート推薦のゲイバーにみんなと行くことに!

ゲイバーに行くと、店員がレイチェルを知っていて、リクエストを受け、「Pumpin Blood」を歌い、みんなではしゃぐ!!

そして翌朝。不安に思いながらも朝一で新聞を買い、恐る恐るファニー・ガールのレビューを読む。すると、なんとニューヨークタイムズでレイチェルの才能をべた褒め!!”筆者はもう一度見たい””ロングラン公演になるだろう”etc。これにはレイチェルもみんなも大喜び!!

スポンサーリンク

 

一方オハイオ。グリークラブがなくなり、元気がないウィル。それでもレイチェルを観に、NYへ行くことに。だが、もうすぐ妻エマは出産だし、ビーストは飛行機の座席が1席では足りないので、一緒に観に行く相手がいない。すると、なんとスーが一緒に行くと言い出した!

スーはTV番組でNYを”ネズミが多い”とか、まぁ、散々悪く言ったことで、視聴者から多くのクレームが来てしまった。しかも実はNYへ行ったことがない。そこで実際に行って確かめる為に、ウィルの余っている航空券を狙って声をかけてきたのだ。

ウィルは”航空券代を払うこと”と”レイチェルのショーを一緒に観る”の2つの約束をさせる。そして「NYC 」を歌いながら、いざ2人でNYへ!

そしてスーは、(初公演を控える)レイチェル達の部屋へ行き、そこに泊まることを宣言!なんとホテルへ行くと、ウィルが間違ってダブルベッドの部屋を用意していたのだ。もちろんレイチェル達に嫌がられるが、まぁ、そこは気にしないスーだ。

更には、ウィルとレイチェルのファニー・ガールを観に行くと、劇場の前で「行きたくない」と駄々をこね始める。更には「チケットどう?」と、チケットを売り始める始末。まぁ、同じようにチケットを売ろうとしている男性と目が合い、スーは吸い込まれるように劇場内へ行ったが。

だが、やはり退屈。スーは最初の「I’m The Greatest Star」の途中で、席を立ってしまう。そして同じく席を立った男性に、劇場で声をかけられる。彼の名はマリオで、先ほど劇場前でチケットを売ろうとしていた男性だった。

スーとマリオは、”ショーが退屈”ということで、意気投合。マリオが経営するレストランに、2人で出掛ける。そこで2人は更に惹かれあう。マリオに「さっきのショーで、スーが主演だったらよかったのに」と言われるほど。そして2人はレイチェル達の部屋でSEXをしまくる。

翌朝レイチェル達に見つかり、当然のごとく嫌がられる。ただでさえ嫌われているのに、ベッドやソファーをそんなふうに無断で使われ、嫌がられないわけない。

レイチェルから「私は仲間に助けられ、ショーをやり切った。でもあなたには、支えてくれる人は金輪際いない!」と罵られ、マリオと共に部屋を出る。

お互い惹かれあっている2人だが、マリオはNY。スーには赤ちゃんもいるし、オハイオから離れられない。スーはマリオに未練を持ちながら、オハイオに戻る。ただそのことがキッカケで”NYが大好き”になっていたが。

ちなみにウィルはレイチェルのショーを観れなかった。始まる前にレイチェルの楽屋を訪れて、励ましていると、エマから電話があり、陣痛が始まったと言われたからだ!そしてオハイオまでとんぼ返り!おかげでエマの出産に間に合い、母子ともどもに元気だった!ちなみにあかちゃんは男の子!!

スポンサーリンク

 

glee シーズン5 第17話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Lovefool レイチェル,(ブレイン,ティナ,カート,サンタナ,サム) The Cardigans
NYC ウィル,スー ミュージカル『Annie』
I’m The Greatest Star レイチェル ミュージカル『Funny Girl』
Who Are You Now レイチェル,スー ミュージカル『Funny Girl』
Pumpin Blood レイチェル,(サンタナ,メルセデス) NONONO

glee シーズン5で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン5 第17話の感想

今回レイチェルの「I’m The Greatest Star」は楽しくて、レイチェルらしくて、結構好き。

それにしてもあの自信満々レイチェルが恐れをなすなんて、ビックリ。普段はそれこそ自分がステージに立つためなら、人に毒を飲ませることも構わないタイプなのに。でもそれくらい、シビアな世界なんだろうなー。

それに今はネットで、好き勝手に評価をかけちゃう。日本でも同じだけど、そういう意見って、結構”嫉妬”を含んでいることもあるとは思う。”成功していて羨ましい”だから、つい悪く書いちゃったり。まぁ、もちろん純粋に”人の好み”もあるけどね。

また”ファニー・ガール”は、バーブラ演じる”ファニー”が主人公。ファニーは、舞台で失敗ばかり。でもそれで人気が出て、人気スターになっていく。しかし私生活では、男に恋をして結婚したが、その男がダメ男。終いには投獄までされてしまう。そして最後、ファニーは”愛する”からこそ別れることを選ぶというストーリー。

だから、今回スーがマリオと恋をし、でもそれぞれの生活があって”別れる”というのは、ファニーとシンクロさせているのかなぁ?と勝手に思っちゃった。それにしてもマリオ。スーと同じような性格とは、恐れ入った。最強怖いコンビです。

そして久々のサンタナ登場!!いや~、第13話でブリトニーとレスボス島へ行っちゃって以来だから、久々すぎでしょう。でもやっぱりカッコイイ!レイチェルへのあの”毒舌”。サンタナじゃなきゃぁ、できないよ!見ていると、なんかスカッとするんだよねー。まぁ、実際は傍にいたら、嫌だけど(笑)

次話glee シーズン5 第18話 「ピンチとチャンス」(The Back-Up Plan)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ