glee シーズン5 第15話 「愛と危険」(Bash)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン5 第15話 「愛と危険」のあらすじ

レイチェル、カート、ブレイン、(サム)が揃って、キャンドルや花を持ちながら、「No One Is Alone」を歌う。

花束と男性の写真が路上に山積みにされており、そこにレイチェル達も花やキャンドルを捧げる。写真の男性は、”ゲイ”というだけで、知らない男性達に暴力を受け、重症の大怪我を負ってしまったのだ。彼が回復することを願うみんな。(ちなみにレイチェルの両親はゲイパパ)

アメリカでは同性婚が認められつつあるが、NYではそうした”ゲイ”にうんざりした人たちによって、”ゲイ”が暴行を受けるように事件も出ている。

ここでレイチェル主演のファニー・ガール公開まであと2週間!通し稽古で最後のひと踏ん張りだ!!それでも忙しい稽古の合間を縫い、NYADAの冬の批評会には参加し、ブレインと「Broadway Baby」を披露!

だが、カルメンは渋い顔。それもそのはず、今回の批評会の課題では、”デュエット”は認められていないからだ。そのためカルメンから”落第”と告げられるが、歌がよかったのでチャンスをもらえた。1週間以内に再度歌を披露することに!

だが、レイチェルは通し稽古の最中で忙しい。カルメンに再発表を”初演の公開後”にしてほしいと頼むが、「ダメだと告げたはず。それにあなたの成績は落第寸前で、そんなことを頼める立場ではない」とアッサリと断られる。

しかも「あなたには才能がある。でもここで学ぶ姿勢が足りないし、舞台に出るには早すぎる。基礎ができていない。」とも。レイチェルは怒って、なんとNYADAを退学すると宣言し、校長室を後にする!!

このことはすぐ学校中に広まり、稽古後にカートとのレストランでの夕食時に、「学校をやめるのは、考え直した方がいい」と直ぐに告げられる。「苦労して入った大学をすぐ辞めるのは、もったいない」と。

「学校には通えていないし、授業料が無駄になっている。それに私の初舞台を学校長は応援していない!あなたは私の親友なのに、私の見方じゃないの!?」と、レイチェルは喧嘩腰。

「親友だし、味方だ。でも学校には通った方がいい。今回が最後の舞台になってしまうかもしれないし」とカートが答えると、レイチェルは怒り、「酷い!学校にいるから保守的なのよ!成功には、チャレンジが必要よ!」と言って、レストランを飛び出す。

これにはさすがのカートも怒る。そんな時、家に帰る途中、奥の路上から「助けて」の声が。見ると、「ゲイがなんだ」と言われながら、男2人に暴行されている男性の姿が。思わず止めに入ると、なんとその男性はカートを見捨ててすぐに逃走!そして今度はカートが、その男2人に暴行されてしまう!!

すぐさま病院に運ばれたカート。その知らせを受け、ブレイン、サム、レイチェル、メルセデス、アーティーが病院へ駆け付ける。カートは左目にひどいアザや顔中に傷はあるが、命には別状はなかった。ホッとするメンバー。

治療を受け、眠ったままのカートの横で、ブレインは静かに「Not While I’m Around」を歌う(批評会の課題としても)。

入院中のカートのところに、すぐさま父・バートがやってきた!「何やってる!相手が銃を持っていたらどうする!?」と説教。だがカートは、「でもパパでも同じことするでしょ」と平然な顔。「俺はアメフトをやっていた」とバートが答えると、「僕もだよ」。で、「キッカーだろ」と突っ込まれる(※カートは高校時代にアメフト部で少しの間、キッカーとして在籍)。

「人助けはエライ。でもこれからは、こんなことするな。警察を呼べ」とバートが言うと、「でもこれが僕だよ。あなたの息子だ」の答え。そんなカートに、バートは「とりあえず無事でよかった」と言って、抱きしめる。

そんなカート。退院してすぐにブレインと向かったのは、最初の路上。一緒に花を手向け、彼の回復を祈る。すると、重症だった彼も回復してきているという知らせを受ける。

その後、批評会でバートやレイチェル達の前で、「I’m Still Here」をカートは堂々と歌う。

スポンサーリンク

 

サムはブレインと、NYにやってきたメルセデスと、同居を始めた。メルセデスとサムは、一夏の恋をしたが、サムの転校により破局サムがマッキンリー高校に戻ってきたが、メルセデスは新しい恋人シェーンがいた。でも結局2人はヨリを戻したようにも見えたが、まぁ、微妙な関係だった。そしてそんな2人が、ここNYで再び惹かれあっていた!!

サムは積極的にアプローチしてきたが、メルセデスは躊躇していた。サムのことは好きだし、付き合うなら、軽くではなく、”真剣”に付き合い。しかし…。悩みながら、「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」を歌う。

メルセデスはバックコーラスであり、友達である2人にサムとの恋を打ち明ける。すると、「高校時代の元カレ?ここはNYなのよ!新たに相手を見つけるべき」とすぐに言われる。だが、サムと実際に会った2人がすぐに言ったことは、メルセデスは黒人、サムが白人という”人種”の話だった。メルセデスが気にしてのも、そこだ。

そして「白人の恋人がいるとバレたら、アルバムを黒人女性にも黒人男性にも買ってもらえないよ」とまで、言われてしまう。まだまだアメリカには”人種”の壁が残っているのだ。

メルセデスはサムに「付き合えない。黒人歌手で白人の恋人がいる人を私は知らない」と告げる。だが、そんなことが諦めるサムではない。「なんで?そんなことを気にするなんて、メルセデスじゃない」と反論。

だがその後、カートが”ゲイ”を目の敵にしている男2人から暴力を受けたことで、”黒人と白人”を気にして付き合わないのは、”ゲイ”を認めない人たちと同じだと気が付く。そしてサムに「Colorblind」を歌い、2人は付き合うことに!

みんなにも堂々と交際宣言する!!ちなみにブレインは過去に2人が付き合っていたことも知らなかったので、驚く(笑)

スポンサーリンク

 

glee シーズン5 第15話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
No One is Alone レイチェル,カート,ブレイン ミュージカル『Into the Woods』
(You Make Me Feel Like)A Natural Woman メルセデス Aretha Franklin
Broadway Baby レイチェル,ブレイン ミュージカル『Follies』
Not While I’m Around ブレイン ミュージカル『Sweeny Todd』
Colorblind メルセデス Amber Riley(メルセデス役本人)
I’m Still Here カート ミュージカル『Follies』

glee シーズン5で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン5 第15話の感想

相変わらずレイチェルは自分勝手!でもまさかNYADAを辞めるとは!オーディションで不合格で、何度もカルメンに頼み込んで、合格できたのに。それなのに自分の力不足を指摘されて、苛立って、辞めるとは!!まぁ、ファニー・ガールの主演で頭がいっぱいなのもあるだろうけど。

でもそれ以上にビックリはカート。まさか”ゲイ”を理由に暴力を振るわれた人を助けるとは!それでケガを負ったのに、後悔せずに、堂々としているのがスゴイ。カートって、芯が強いなぁ!そんなカートの「I’m Still Here」も良かったし、ブレインのカートを想っての「Not While I’m Around」も良い。心に染みます。

そしてメルセデスは再びサムと付き合うことに!でもメルセデスって、サムとシェーンしか付き合ってないけど、サムはクインに始まり、(一瞬だけ)サンタナ、ブリトニー、ペニーという、そうそうたるメンバーと付き合っている。ちなみにメルセデスは昔カートに振られサムはブレインに恋されたけど(笑))。まさか2人がヨリを戻すとは、ビックリだ!今度どうなる?

次話glee シーズン5 第16話 「性の悩み」(Tested)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ