glee シーズン5 第11話 「LAで全国大会!」(City of Angels)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン5 第11話 「LAで全国大会!」のあらすじ

いよいよLAでの全国大会だ。今回はなんとフィンの義父バート(カートの実父)と母キャロルも同行することに!もちろんフィンがかつて教えていて、大切にしている仲間を応援するためだ。「I Love LA」を歌い、気分を盛り上げ、みんなでLAに乗り込む!

ホテルのロビーにいると、なんとセレブ風の格好をしているメルセデスが!最初は駐車場で自作のCDを売っていたが、全然売れなかった。しかしセレブのお手伝いさんがCDを買ってくれ、それがセレブに伝わり、別のセレブに。そしてとうとうソニー・ミュージックへ行きついたのだ!

メルセデスはソニーと契約し、曲を書く代わりに、自分のCDを作ってもらい、宣伝もしてもらえることに!着実に成功への道を歩んでいた。

そんなメルセデスと対照的に、マーリーは落ち込んでいた。何度も曲を書いてコンテストに応募しているが、全て落選しているからだ。そしてライダーに「この大会が終わったらグリーも辞める。夢を諦める」と、こぼす。

するとライダーが動いた。ジェイクの浮気以来、険悪の仲だったジェイクと2人で、メルセデスにマーリー自作の曲を渡したのだ。すると、メルセデスは、「これから落ち込むのは3分だけにして、すぐ別の曲を書きなさい。あなたには才能がある。夢を諦めないで」と励ます。

またニュー・ディレクションズは、ホテルのロビーで強敵スロート・エクスプロージョンに遭遇!リーダーは、ジャン・バティストで、親が曲芸師。シルク・ドゥ・ソレイユで学んだことを、グリーに持ち込んできたのだ。

そしてそんな彼らは、去年チャンピオンのニュー・ディレクションズを知っていて、更にフィンの死のことも知っていた。だが、「同情はしない。明日はひねりつぶす!」と宣言してくる。ライバル、バチバチだ!

いよいよ明日が大会となる。ステージにコッソリ偲ぶ込むニュー・ディレクションズ。ステージ上でサムはリーダーシップを発揮し(ウィルに「フィンがサムをグリークラブに引き連れたんだから、何かあればリーダーになれ」と頼まれた)、フィンの写真を見せ、チームを1つにまとめようとする。

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%ae%e3%81%b62

が、そこに、なんとスロート・エクスプロージョンがあらわれた!なんと彼らはコネを使って、ステージを借りていたのだ。しかもフィンの写真を見て、嘲り笑った人まで!まぁ、ジャン・バティストがそんな部員を叱ったが。

更に翌日、大会へ向かおうとすると、なんとフィンの写真がなくなっていた!スロート・エクスプロージョンの嫌がらせだ。憤慨するサムに、「正々堂々と戦って、勝ってやろう!」と、ブレインがなだめる。さぁ、いよいよ全国大会の幕が開ける!

スポンサーリンク

 

全国大会。最初はアマゾニアンズによる「Vacation」。

次は強豪・スロート・エクスプロージョンだ。最初に「Mr. Roboto/Counting Stars」で、圧巻のパフォーマンス!観客も盛り上がる!

さぁ、次はニュー・ディレクションズだ。ちなみに部員が足らないので、チア部から3人補充した模様。

この頃、キャロルは苦しんでいた。グリークラブのみんなと一緒にいれば、フィンを近くに感じられると思っていたのだが、はしゃいでいる彼らを見ると、苦しくなってしまうのだ。バートは「辛いならそのまま帰ってもいいし、(大会を見ずに)ドライブに行ってもいい」と言う。

だが、やはり出場直前にキャロルは現れた!「僕のチームを見ないで帰るの!?と、フィンに怒られそうだから」と。そして「勝って来て!」と、フィンみたいに、みんなにハッパをかける!!

最初はブレイン&ティナがメインの「More Than A Feeling」。

次はダンスも楽しい「America」。

最後は卒業メンバーであるサム、ブレイン、ティナ、アーティー4人がメインの「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」。(フィンの懐かしい画像有り)

キャロルは驚いていた。どれもフィンの好きな曲ばかりだからだ!そう、みんなはフィンの好きな曲を、フィンのために歌っていたのだ!!そして最後にサムはフィンに捧げたドラムのスティックを、高々に掲げる!

 

そして結果発表。残念なことに優勝は、スロート・エクスプロージョン!ニュー・ディレクションズは準優勝だった…。ちなみにフィンの写真を盗んだのは、やはりスロート・エクスプロージョンの部員。ただボーカル・アドレナリンと違って、盗んだ犯人は退部となるマトモな部だが。

オハイオに戻り、準優勝トロフィーを、部室に飾るウィル。みんな悔しそうだ。今回フィンのためにも、何としても優勝したかったのだ。

しかも校長スーは、宣言通りに優勝できなかったニュー・ディレクションズを廃部にするという!準優勝でも容赦なしだ…。

そしてその知らせは、NYにもすぐに届く。いったいどうなる?ちなみにロズは見事にチア部を優勝させたので、そのまま。

スポンサーリンク

 

glee シーズン5 第11話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
I Love LA ウィル,ニュー・ディレクションズ Randy Newman
Vacation アマゾニアンズ The Go-Go’s
Mr.Roboto / Counting Stars スロート・エクスプロージョン Styx / One Republic
More Than A Feeling ニュー・ディレクションズ Boston
America ニュー・ディレクションズ Neil Diamond
I Still Haven’t Found What I’m Looking For ニュー・ディレクションズ U2

glee シーズン5で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン5 第11話の感想

今回スロート・エクスプロージョンのジャン・バティストを演じたのは、スカイラー・アスティン。レイチェル役のリア・ミシェルの親友で、今回の競演をリアさんも喜んでいたとのこと。しかもリア・ミシェルさんとスカイラー・アスティンさん、そしてglee シーズン1のジェシー役ジョナサン・グロフさんは、ブロードウェイ『春のめざめ(Spring Awakening)』のオリジナルキャストだったとか!

話戻って、彼の「Mr. Roboto」は斬新で面白くて、好き。最初は変な日本語にビビったけど、動き面白い♪そして「Counting Stars」は一転したパフォーマンス。どちらも、さすがです!

それにしても、ニュー・ディレクションズ。まさかフィンが絡むとは!「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」では、フィンの画像を見て、思わずホロッときちゃいました。最後のサムがスティックを掲げたときには、もう、もう。それにしても、フィン…、切ないです。

またシーズン5では、シュガーとジョーが出ていない。シーズン4までだったのかなぁ?私としては、全国大会くらいは出ると思っていたのに、残念。まさかのチア部?3人が代役とは。それにしても、シーズン4からニュー・ディレクションズでは、ダンス踊れるメンバーが増えたから、ダンスが多くなったなぁ。

だが、それ以上に気になったのは、ボーカル・アドレナリンは?全国大会○連覇というチームなのに、今回出場なしとは?まぁ、今までタイプ替えようと、その代わりにスロート・エクスプロージョンなんだろうけどさぁ。

そして大会では力を出し切ったのに、ニュー・ディレクションズ準優勝。そして廃部とは。地区大会の時みたいに繰り上げ優勝とか?いったいどうなる?

次話 glee シーズン5 第12話 「祝!100話目」(100)のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ