glee シーズン4 第9話「勝負の時」(Swan Song)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン4 第9話「勝負の時」(Swan Song)のあらすじ

地区大会のパフォーマンス中にマーリーが気絶したことで、部員全員でマーリーを運び、介抱していた。するとそこにウィルが現れ、「何をしているんだ。卒業生は残って介抱。他は全員舞台に戻れ。途中退場は即失格の危険が有る」と訴える。「そんな規定あったっけ?」と呆然とつぶやくフィンの横に、「その通り」とスーが現れる。

そしてなんとみんながマーリーの介抱をしている間に、審査員の満場一致で、ウォブラーズ優勝が決まったというのだ!!呆然とするみんな。泣き出すマーリーに、複雑そうなキティ。そう、去年は全国優勝しているのに、今年は地区大会で負けて、今季はもう終わってしまったのだ…。

さらに追い討ちをかけるように、スーが音楽室を正規の手法を用いて乗っ取ってしまった。しかも全国優勝のトロフィーまで捨てようとする。あまりのことにウィルも一緒に校長室へ行って訴えるが、既に空き教室もないし、どうにもすることができない。

いつもの音楽室に集まり、フィンはニュー・ディレクションズのみんなに「解散」を告げる。ティナが「こうなったのは全てマーリーのせい。何がネクストレイチェルよ!レイチェルとは全く違う!!」と怒りをぶつける。「今年の大会は終わったけど、来年はある」とフィンは取り繕おうとするが、ティナは「私たちに来年はない」と訴える。そう、ブレインも、アーティー、サム、ブリトニー。みんな4年生なのだ。

後日すぐにみんなは、他の部に転部。ティナとブレインはチア部、アーティーはマーチングバンド、ユニークは室内ホッケー部、ライダーとジェイクはバスケetc…。で、そのことを講堂で集まった時にフィンに告げる。すると、フィンは案の定怒り出す。特にアーティーは、フィンが再びグリーに戻るように仕向けたのにも関わらずだから、余計だ。

別クラブに入部

しかも講堂は、6分しか借りれなかった。スー帝王が予約を6分単位に減らしたせいだ。しかも次は、金曜日の夜9時50分から。そのことを告げると、みんな続々と気まずそうにしながらも、講堂から出ていく。マーリーはジェイクを引き止めようとしたが、結局最後まで残ったのは、マーリーとフィンだけだった…。

そして次の集まり。夜9時50分。講堂に来たのは、なんとマーリーだけ。他はみんな来なかった…。せっかくマーリーが練習場を見つけてきたのに。ニュー・ディレクションズは崩壊してしまったのだ!!

この頃、サムはブリトニーにシリアルを使って(笑)、教室へ呼びだしていた。「サンタナが僕を敵視するのは、僕の気持ちに気がついているから。愛している」と告白し、「これから2人でデュエットできないことが残念だから、いっしょに歌って」と頼み、2人で「Somethin’ Stupid」を歌う。

歌い終わってから、サムはキスしようとするが、ブリトニーに拒まれる。サンタナとの付き合いは、レズビアンに知れ渡り、メールまで来るようになってしまっている。だから付き合うと、サンタナやレズビアンが、サムに何かしないか心配だからだ。サムは「怖くない。大丈夫」と言うが、やはりブリトニーはNGのまま。ショックのサム。

だが、今回の件で、ニュー・ディレクションズは崩壊してしまっていた。全てがラストチャンスなんだ。そう思い、ブリトニーはサムの気持ちを受け入れることに!そして2人はキスをする。

ニュー・ディレクションズの崩壊に落ち込むフィンの元に、なんとレイチェルから電話が来る。そして「全国優勝できなくても、みんな歌とダンスが好きで、だから絆ができた。ブリトニーとマイクは楽しそうに踊っていたし、パックとアーティーは歌で仲良くなった。愛も生まれた。いくつも生まれて消えたけど、全て楽しい思い出」と励まされる。

そしてフィンは、みんなにメールを書く。「歌とダンスが好きなことに、変わりはない。だからみんな集まろう」と、自分の思いを込めて。そして「5時にマーリーが見つけた練習場に来て欲しい」。

だが、そこに来たのは、やはりマーリーだけ。他は来なかった。マーリーはフィンに改めて「自分勝手で、甘かった」と謝る。するとフィンは「2人で頑張ろう」と言い、「Don’t Dream It’s Over」を歌い始める。

すると、途中でティナ&ブレイン、サム&ブリトニー、キティ&アーティー、そしてジョー、ライダー、ジェイク、ユニーク。みんなが現れ、歌う。そしてみんな笑顔で肩を組む!ここにニュー・ディレクションズ復活だ!!

スポンサーリンク

 

一方、その頃NY。もうすぐカルメン校長主催の冬の発表会にレイチェルが招待された!この発表会は10人しか招待されず、招待されるということは、トップ中のトップ!!しかも1年生で招待されたのは、ここ7年の間に1人だけ!それに何より、あのカルメンに認められているという証なのだ。

そんな時、カサンドラのダンスレッスン中。相変わらずカサンドラから、敵視されているレイチェル。「カルメンからの発表会の招待に浮かれてない?」と言われ、「一生懸命練習しているし、上達しています」と反論する。そして「私の時間が無駄じゃなかったと証明しなさい」と言われ、「All That Jazz」にて、生徒を巻き込んでのカサンドラとレイチェルの対決がStart!!

その結果、「踊りでは先生にかなわないけど、歌は私のほうが上手かも」とレイチェルは言い、唖然とするカサンドラを尻目に、「先生のおかげで、私は歌で勝負するしかないとわかりました」と言い放つ。

またカートはNYADAの後期に願書を出す時期。そこでカルメンに送ったオーディションテープの感想を聞くために、直接会いに行く。しかし、「あなたには才能がある。歌の見せ方も知っている。だけど上辺だけ。魂がこもっていない。私が求めているものは分かっているから、何度も来ないで」と言われてしまう…。

そしてそんな中、発表会が始まる。緊張するレイチェルだが、カサンドラに宣言したように、歌で勝負!!カートやブロディが見守る中、「Being Good Isn’t Good Enough」を堂々と歌う。

歌い終わると、なんとみんながスタンディングオベーション!!カルメンまでも満足顔。そしてアンコールで、更に「O Holy Night」を披露。

歌い終わると、またみんなからスタンディングオベーション。カルメンからも褒められる。そして「これから休憩。その次は、準備が出来ていたら、カート・ハメル」といきなりカートが指名される!!あまりのことに戸惑うカート。なんせいつも衣装も舞台装置をしっかり準備しているのに、今は全く準備していないのだ。

慌てるカートにレイチェルは「衣装もセットも必要ない。心を込めて歌えばいい」と伝える。そして「私があなたの一番好きな歌知っている?I Want to Hold Your Handよ」と。「状況が違う。あの時はパパのために歌った。今回はどうすれば?」と言うカートに「自分のために」とレイチェルは答える。そしてカートはみんなの前で、堂々と「Being Alive」を歌う。

歌い終わると、みんながスタンディングオベーション!!そして後日カートのもとに、NYADA合格通知が来る!!尚、レイチェルは発表会で、1年生ながら優勝という快挙を成し遂げた!

スポンサーリンク

 

glee シーズン4 第9話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Somethin’ Stupid ブリトニー,サム Carson & Gaile (Frank Sinatra & Nancy Sinatra)
All That Jazz カサンドラ,レイチェル,(NYADA学生) ミュージカル『Chicago』
Being Good Isn’t Good Enough レイチェル Barbra Streisand
O Holy Night レイチェル ×(シーズン2のアルバムのみ) Adolphe Adam(作曲家)
Being Alive カート ミュージカル『Company』
Don’t Dream It’s Over フィン,ニュー・デレクションズ Crowded House

glee シーズン4で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン4 第9話の感想

今回の展開にはビックリ。だって、ニュー・ディレクションズが崩壊なんだもん!!驚いた。で、面白かったのは、長年の夢が叶ったのに、スーはなんか釈然とせず、「(ニュー・ディレクションズ)を追い出して良かったという確信が欲しい」といって直ぐにピアノマンが現れ、「追い出してくれてありがとう。彼らに”音楽を”と言われる度に、嫌だった」とスーに言ったとき!

ピアノマンはグリークラブが嫌い

いつも黙々とピアノを弾くピアノマン。彼がセリフを言うなんて初めてで、しかもニュー・ディレクションズを嫌いなんて(笑)。いやー、笑った。ちなみにその後もピアノマンの演奏で、みんな普通に歌っている。

でもフィンの声でみんなが復活したから、良かったー。で、その時の「Don’t Dream It’s Over」好きだなー。

またカート。NYADA合格やったー!カルメンからの突然のセカンドチャンスをモノにしたね。確かに私もカートの「I Want to Hold Your Hand」はすごく印象に残っている。なんていうか、心がこもっていて、涙が溢れそうになる(PVの子供時代のカートがすごく似てるし)。で、他は確かにカートって、舞台衣装とかそういうのに凝りすぎているなーって思う。だからか今回の「Being Alive」は心にストレートに来る。いいなー。

次話glee シーズン4  第10話「クリスマスに贈る物語」(Glee, Actually)のあらすじと曲リストはこちら


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ