glee シーズン4 第4話「涙の別れ」(The Break-Up)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン4 第4話「涙の別れ」のあらすじ

ブロディとキスし、それ以上に進む雰囲気になった時に、なんと恋人フィンが突然部屋に現れるという超気まずい再会を果たしたレイチェル。

フィンから4か月間も音沙汰なしだったが、その夜は2人とも話もせず、一緒に寝ただけ。お互い怖くて、話が聞けない状態だったのだ。

だが翌朝、レイチェルは思い切って、フィンにどうしていたかを尋ねる。フィンは陸軍へ入隊したが、それは16日間だけだった。銃の手入れをしているときに誤って自分の足を撃ってしまい、それで半名誉除隊となってしまったのだ!!

フィンは父の名誉回復のために入隊したのに、それもできなかった。自分の目標も失い、レイチェルにも恥ずかしくて連絡できず、ただ途方に暮れていたのだ。

レイチェルから新しい夢を見つければいいと提案され、フィンは過去に俳優のアクターズ・スタジオを目指していたから、NYADAを見学することに!だが、そこでは自分の居場所を見つけ、夢を追って輝いているレイチェルを見て、余計にみじめになってしまっただけ。

高校生の頃は、自分が人気者で、レイチェルは底辺だった。それなのに、今は逆。フィンは”ここは自分の居場所じゃない”と強く感じ、ブレインと共に「Barely Breathing」を歌う。

だが、そんなことに気が付かないレイチェルは、カートと共にNYADA学生がたまり場にしているカラオケ・バーにまで誘う始末。そこは正装しないと行けないような場所だ。フィンは内心嫌がるが、2人は気が付かず、ノリノリ。

そんな時に部屋のインターホンが!なんと突如、ブレインが現れたのだ!!喜ぶカート。そして4人でカラオケ・バーへ行く。

バーでは、ブロディと気まずい再会。「2人で歌ったら?」というブロディに「(NYADAの)学生じゃないから」と断るフィン。「レイチェルの連れならOKだよ」としぶとく誘われ、「レイチェルと2人で歌ったら?」と返答すると、ブロディとレイチェルは「Give Your Heart a Break」を歌い出す。

バーで初めて歌を披露したレイチェル。楽しそうにフィンのもとへ駆け寄る。「あなたも歌ったら?」とカートに提案するが、カートは遠慮。するとブレインが、「僕にとって大事な人へ捧げる」と言って、カートとブレインが初めて出会った時の思い出の歌Teenage Dream (Acoustic Version)」を、泣きそうになりながらも熱唱する。

バーからの帰宅中。フィンは、レイチェルにブロディとの関係を問い詰める。「友達?」と聞かれ「もちろん」とトボケルが、「本当のことを話してくれ」と言われ、「だって、あなたは4か月間も連絡すらくれなかった」と答える。そして「キスだけ」と答えるが、、もちろんフィンは怒る。

一方、カートととブレイン。「さっきの歌。辛そうだったけど、何があった?」と聞かれ、ブレインは「他の男と寝た」と正直に答える。呆然とするカート。「セバスチャン?」と聞くと、「違う人。遊びだった。だって、君は連絡くれなくて、寂しくてしょうがなかったんだ」と答え、「許してほしい」と頼む。

4人で「Don’t Speak」を歌い、カートもフィンも、何も言わず立ち去る。

翌朝。フィンはレイチェルに黙って、部屋から出ていこうとするが、既に起きていたカートに声をかけられる。「レイチェルに伝言は?」の問いかけに、「ない」と答え、部屋を立ち去る。

オハイオ州に戻り、フィンはマッキンリー高校のウィルのもとへ。自分の気持ちが分からず、ただウィルに話を聞いてもらいたかったからだ。

その後、フィンは音楽室でブレインに会う。「なんで浮気した?」と聞くと、「わからない」の答え。ブレインもただ、ただ、カートに相手されず、寂しかっただけだから。ブレインは浮気を後悔し、カートに何度も謝罪するが、メールも電話、そして花束を贈っても、全て無視されている状態だ。

その頃サンタナも久々にオハイオに戻り、ブリトニーと会っていた。カートのVorguでのバイトを羨ましがるサンタナに「嫉妬?あなたもNYで夢を追いかければ?」と言われるが、「全然。大学は楽しい」と答える(※NYで夢を追いかけるか迷っていた過去あり)。

久々に会って2人は楽しそうだが、「悪い恋人だった」と、ブリトニーに謝る。帰る気になればオハイオに戻ってこれたのに、戻ってこず、ブリトニーを放っておいたからだ。そして「自分の気持ちをこの歌で伝える」と、ブリトニーに「Mine」(”あなたは最高の人という歌詞”)を歌う。

「悲しい歌は嫌い」というブリトニーに、「わかっているでしょ。遠距離恋愛のよくある結末(浮気)にはなりたくない」と、サンタナは別れを告げる。

この頃、ウィルのもとにも転機が。グリーへの情熱が失われつつあり、新たな夢として芸術教育を変えるプログラムを応募したら、合格したのだ!喜ぶが、そのためには暫くこの地を離れ、遠くワシントンへ行かないといけない。

そこでその日の夜、婚約者のエマに「一緒に連いてきてほしい」と伝えると、なんと断られてしまった!エマには自分の好きな仕事があるし、何より”エマ自身の人生”があるからだ。

だが、断られると思っていなかったウィル。「てっきり僕の夢を応援してくれていると思っていたのに」とぼやくと、「応援している。だから、応募することにも、行くことにも賛成。でもあなたが夢を追っている間、私は一人でホテルにいるの?」と。

そして尚も話をしようとするウィルを遮り、「私はあなたの犬じゃない」と言って、部屋を出ていく。

スポンサーリンク

 

さて。1人高校で、アーティーやブリトニー、みんなと再会するフィン。新入生とも初対面だ。ウィルから「ゆっくり自分を見つめなおす時間も必要だ」と言われ、グリークラブの活動を一緒に過ごす。

その時ウィルは、去年ウエストサイド物語を上映したように、今年もショーを開催しようと提案する。で、演目リストをみんなに配るが、まぁ、なんていうか、みんなの気に入るものではない。そこでフィンが「グリースは?」と提案すると、みんなに喜ばれ、「グリース」に決まる!

講堂で1人たたずむフィンの元に、レイチェルが現れる。フィンから電話を無視された為に、家やバートの工場へ行ったり、かなり遠回りして、ここにたどり着いたのだ。

そして「あなたに列車に乗せられたときは恨んだ。でもNYへ行ってから、あなたに感謝した。どれだけあなたが自分の気持ちを押し殺して、選択したかが分かったから。でもあなたは4か月もの間、連絡をくれなかった。もう待てない」と、別れを告げる。そして「The Scientist」を歌う。

スポンサーリンク

 

glee シーズン4 第4話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Barely Breathing ブレイン,フィン Duncan Sheik
Give Your Heart a Break レイチェル,ブロディ Demi Lovato
Teenage Dream (Acoustic Version) ブレイン Katy Perry
Don’t Speak ブレイン,カート,フィン,レイチェル No Doubt
Mine サンタナ Taylor Swift
The Scientist フィン,レイチェル,カート,ブレイン,サンタナ,ブリトニー,ウィル,エマ Coldplay

glee シーズン4で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン4 第4話の感想

今回の別れは、”やっぱりな~”ってのが感想。ブリトニーはサンタナから連絡なくて、寂しがっていたし、妙にサムと急接近しているし。レイチェルは、フィンから連絡ないわ、新しい環境で寂しい思いをしているときに優しくしてくれるブロディが現れるは。更にアプローチされるは。まぁ、こうなるのは、納得(っていうか、フィンの落ち込みっぷりが半端ないし)

またカートも、ブレインがNYへ旅立つことを後押ししたんだけど、Vorguでのバイトが忙しすぎて、ブレインにちゃんと連絡できなかった。結果放っておいたんだから、しょうがないところはある。でもやっぱり悪いのはブレインだし。遠距離恋愛ってただでさえ難しいから、高校時代いくらラブラブでもねぇ。まぁ、あの2年間ラブラブだったマイクとティナも、遠恋になったとたんに別れたみたいだし。

でも意外だったのは、ウィルとエマ。ある程度大人でも、大人だからこそある”自分と相手の都合”がねぇ。いったいどうなる?

また今回「The Scientist」が一番好き。あの演出といい、歌といい、いいなー。切ないけどね。そしてサンタナの「Mine」も好き。サンタナ好きだし、なんかつられて泣きそうになる。表情とか、声とかいいなー。やっぱり好き!

そしてブレインの「Teenage Dream」。前回のブレインとカートが出会った時(シーズン2 第6話)の思い出の曲と、ずいぶん感じが違っていて、ビックリ。ちなみにその時はコチラ。

尚、キティと付き合っていたジェイクは、あっさり別れた!マーリーとマーリーの母親をキティが馬鹿にしたのをかばったのがキッカケだったけど、キティが人気者だから、付き合っていただけだしね。あの性格の悪さに疲れていたし、マーリーが気になっているし。こちらはウブな高校生っぽい恋愛。さて。こちらもどうなるか?キティがどう反撃してくるか、楽しみ( *´艸`)

次話glee シーズン4 第5話「主役は渡さない!」(The Role You Were Born to Play)のあらすじと曲リスト

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ