glee シーズン4 第20話「大停電」(Lights Out)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


 glee シーズン4 第20話「大停電」のあらすじ

ウィルは州大会のライバルを偵察し、ザ・フージャーダディーズ高に強力なボーカル”フリーダ・ロメロ”がいることを知る。彼女の歌声は、迫力満点なのだ!!

そこでニュー・ディレクションズもパワフルなスタイルを練習しようとする。が、その矢先に、なんと学校内が停電してしまった!!そこで今週の課題を、”アンプラグド(エレキ・ギターなどの電気楽器を使わないライブ演奏のこと)に変更する。

最初にサムが「You’ve Lost That Lovin’ Feelin’」を歌い初め、すぐにライダーも一緒に歌う。

その後、次に指名されたのがアーティー。だが、「(電気の)楽器がないから歌えない」とすぐに挫折。すると、サムが「僕の家はしょっちゅう電気が止められてた。でもそれでも、妹と弟に歌を歌っていた。」と詰め寄る。そして「知っているぞ。さっきずっとメールしていただろう。そういうのに頼りすぎだ」と訴える。

アーティーは、自分の態度を反省。サムに謝罪し、偶然ペットボトルを踏んだ時に出た音で、楽器がなくても、身近な物を使って音を出せることが分かった。だから、それでみんなで一緒に歌おうと提案。身近なものを楽器にし、「We Will Rock You」を歌う。

この頃、ライダーは、今でもケイティの正体を探っていた。”なりすまし”をされたし、会う約束を2度もすっぽかされているが、自分の心を開けた相手だから、諦めきれないのだ。それに唯一の”誰にも話していない秘密”を話した相手だし。

そのことをジェイクに言うと、会ったこともない相手じゃなくて、みんなに話すことをアドバイスされる。ライダーは”人は誰もが傷ついている”という歌詞の「Everybody Hurts」を披露。

そして歌い終わると、ケイティだけに打ち明けた秘密。”11歳の時、子守にイタズラされた”というツライ過去を話す。シャワーを浴びていたら、17~18歳の年上の女性に触られたのだ。そのことを親にも誰にも言えずに苦しみ、”女性不振”に陥ったとも。

ウィルは「通報しよう」と言ってくれたし、女性陣は神妙そうな顔をしていたが、サムとアーティーは「男が憧れる夢じゃないか。超ラッキーだ。羨ましいな」と言われてしまう。「それのどこが悩みかわからない」とまで。だからライダーも、「何を悩んでいたんだろうな。俺はラッキーボーイだ」と最後には言ってはいたが…。

だが、そんなライダーに手を差し出したのは、なんとキティ!ライダーを夕食に誘ってきたのだ。ちなみにキティはパックに振られていた。入ってもない大学に行くために。

そしてキティは「私も経験者」と、ライダーに打ち明ける。キティは6年生の時、友達の家にお泊りしていたら、友達の兄が寝袋に入ってきて、体を触られたのだ。動揺して直ぐには親に言えず、暫くして告げた。すると、すぐに言わなかったことを理解できないと言われてしまった。

更にママが相手の親と話しても「彼はいい子。信じられない」と言われ、信じてもらえず、友達には無視された。結局、転校して逃げることに。だから、「辛さを理解してもらえない辛さは分かる」とライダーに伝える。

2人は急接近!だが、後日、キティがライダーをランチに誘うと、ちょうど例のケイティとチャット中で、彼女の返信待ち。もしかしたら会えるかもしれないという状況。

それでライダーは誘いを断ったが、これにキティが怒る!「打ち解けて、好きになりかけたのに」と。「ケイティの件が終わったら…」とライダーは言うが、キティは「もういい」と言って、立ち去ってしまう。

一方、発砲事件でベッキーをかばい、退職となったスー。新しい職場はトレーナで、仕事は順調。給料も倍近くなった上に、スーの好きなシゴキが堂々とでき、充実した日々を過ごしていた。そんなスーのクラスに、なんとブレインが潜入してきた。

チア部に入部したのは内部崩壊させるだったと、打ち明ける。「今のチア部は迷走している。新コーチ・ロズの指導がおかしいし、それにまだ発砲事件でみんなの動揺は収まっていない。だから戻ってきてほしい」とスーに訴える。

スーが学校の様子を見に行くと、ベッキーがやってきたが、チア部のユニフォームを着ていない。どうしたか訊ねると、なんとチア部を辞めるつもりだという。ロズがベッキーをイジメているからだ。

ベッキーはスーに学校に戻るように訴えるが、スーは断る。「ガキ臭い場所からやっと抜け出せた」と。「Little Girls」を歌う。

ベッキーもスーの行動は、自分をかばうためだとわかっている。でも、わざとロズにイタズラし、校長室まで連れて行ってもらい、校長に告白をする。

その頃ようやく学校の停電も終わり、電気が灯る!!最後、ウィルから「楽器もいらないアカペラをやろう」と言われ、「The Longest Time」を歌う。

スポンサーリンク

 

一方、NY。NYへやってきたサンタナは、夢が見つからず、迷走していた。レズビアン・ビアーガーデンで用心棒したり、レズビアンバーで”ゴーゴーガール”(檻の中で踊る)をやったり。レイチェルとカートはそんなサンタナを心配するが…。

その頃、毎年カサンドラが手伝っている”ニューヨーク・シティ・バレエ”のガラ公演があり、その招待客の世話役をカートが頼まれた。そしてその手伝いを、レイチェルサンタナがすることに!

ちなみにレイチェルは5歳のころからバレエを習っていて、この事に大喜び。カートも3歳の頃から習っていて、周りの親とか友達にバカにされたが、そこは自分がなじめる場所。もちろん喜んで、お手伝い。サンタナは興味なさそうだが、ドレスにつられて手伝うことに。

そして当日。手伝いのお礼に、カサンドラと共に公演を、舞台傍で見れることになり、喜ぶカートとレイチェル。だが、「サンタナはバレエに興味ないから」とレイチェルは言い、カサンドラは「嘘よ。バレエは女の子みんなの憧れよ」と言う。

すると、サンタナも素直になり、バレエを習っていた過去を話す。そして4人で「At The Ballet」を歌う(曲のみ)。

「夢はゆっくり探せばいいよ」とカサンドラにアドバイスを受ける。そしてサンタナは、NYADAのダンス特別レッスンに参加し、一歩前進する!!

スポンサーリンク

 

glee シーズン4 第20話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
You’ve Lost That Lovin’ Feelin’ サム,ライダー The Righteous Brothers
Everybody Hurts ライダー R.E.M.
We Will Rock You ニュー・ディレクションズ Queen
Little Girls スー ミュージカル『Annie』
At The Ballet サンタナ,カサンドラ,レイチェル,カート ミュージカル『A Chorus Line』
The Longest Time ニュー・ディレクションズ Billy Joel

glee シーズン4で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン4 第20話の感想

今回はライダーのイタズラされた過去にビックリ。で、サムとアーティーが理解しないことにもビックリ。そんなノリ?キティの過去には超ビックリだし、キティとライダーの接近にも驚いた。

それにしても、こういう犯罪って、加害者は遊び半分だろうけど、被害者のトラウマはヒドイ。本当にひどすぎる。だからか、ライダーの「Everybody Hurts」はジーンときた。

ちなみにここら辺から、キティは結構いい子になってくるんだよね。やっぱりマーリーを拒食症にしちゃったのが、キッカケだろうなぁ。

また身近な物音をバックに歌った「We Will Rock You」が斬新でかっこよくて、好き!そして今回PVは残念ながらなかったけど、「At The Ballet」も良い。バレエと融合していて、いいなー。サンタナ好きだー!!

次話glee シーズン4 第21話「一歩を踏み出す勇気」(Wonder-ful)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ