glee シーズン4 第19話「夢に向かって」(Sweet Dreams)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン4 第19話「夢に向かって」のあらすじ

発砲事件以来、学校のみんなはどこかおかしくなってしまっていた。ティナは衣装をチェンジしたし、サムなんて双子のエバンの一人二役を演じたり(かなりウザイ)。そん中、マーリーは州大会で自作の歌を歌いたかった。しかし周りの雰囲気にのまれ、なかなか言い出せずにいた。

しかしウィルが州大会のテーマが「Deams」と発表。その時に勇気を出して、マーリーは自作の歌を提案する。が、ウィルは「2年前と違う。地区大会も繰り上げで決まったし、そんなことはできない。」と一蹴。更に「この曲にする」とウィルが独断で決めてしまう。

ちなみにウィル提案の曲はかなり古い歌で、ブレインもみんなもその歌では負けると危惧するほど。そこでブレインが、ウィルに内緒で別の曲をみんなと相談して決める。

しかしその曲を提案すると、ウィルは怒り出す。更にはウィルの様子に驚いたユニークが、「色気でツルしかない」とブレインにコッソリ言いながら、胸を取り出したのを見て、今度はユニークに怒りをぶつける。更にはサムが双子を演じていることに文句をいい、部室を飛び出してしまう。

後日、マーリーはブレイン、ユニーク、そしてサムを呼び出す。「私の自信作の歌を一緒に歌って、元気を出そう」と提案し、4人で”友情の歌”である「You Have More Friends Than You Know」を歌う。

そんな4人の姿を偶然見かけたウィルは、自分の態度を顧みる。そんな時ビーストに、喧嘩別れして学校を去ったフィンと、仲直りすることを薦められる。フィンは、確かに生徒みんなの意見を聞いていたのだ。

そしてウィルは、フィンを尋ねる。フィンは新たな夢である教師となるために、ライマ大学へ通い始めていた。しかもなんと寮の新たなルームメイトとして、パックまでやってきていたのだ!ちなみにパックは大学に通うのではなく、脚本を書くため。

2人は、「Fight For Your Right (To Party)」をパーティーで歌ったり、とにかく遊び放題!!

そんな状態なので、ウィルから一緒に州大会に向けてコーチをしてほしいと頼まれても、フィンはその申し出を断る。

その後も暫くの間、フィンは遊びほうけ、肝心の授業にも出ていない状態となった。すると、パックが「このままではダメだ。しっかりしろ!」と叱咤激励。

そしてフィンは、ウィルを訪ね、コーチを引き受けることを提案!ただしコーヒーの買い出しなどの雑用係ではなく、”1人の対等なコーチ”としてという条件。ウィルは了承し、”過去を水に流す”と約束をし、2人は仲直り!!尚、フィンは州大会までコーチする約束で、その間は大学に交渉し、授業の単位の代わりとなった。

もちろんグリークラブのみんなは、ウィル&フィンのWコーチに大喜び!そしてウィルはサムにも謝罪し、ようやく雰囲気も良くなる。そして最後否定していた、マーリー自作の歌「Outcast」をみんなで歌う。

スポンサーリンク

 

一方NYのレイチェル。レイチェルの夢は、崇拝しているバーブラがファニーを演じた「ファニー・ガール」で主演を演じること!その再演が決まり、レイチェルはオーディションに応募。そのオーディションでバーブラの歌を歌おうと準備していると、現れたのが、レイチェルの実母コークラン!現在コークランは託児ビジネスをしている。

レイチェルの夢を応援をしてくれ、オーディションでバーブラの歌を歌うのではなく、”個性的な”曲を歌うようにアドバイス。そして”この曲が刺激になれば”と、「Next to Me」を2人で歌う。

コークランのアドバイスを受け、レイチェルはオーディションの選曲を、フィンに相談する。ちなみにフィンは真っ先に、ブロディを殴ったことを謝罪。レイチェルは「今は感謝している」と答え、「今度は会いたい」と素直に自分の気持ちを伝える。もちろんフィンも同じ気持ち。2人の距離は再び縮まった!

そしてオーディションについて、「原点に立ち戻れる曲を歌えばよい」とフィンはアドバイス。それを受け、レイチェルはオーディションで、まさしく”原点の曲”である「Don’t Stop Believin’」を披露!!(※地区大会ではなく、第一話のまさに最初のVersion)

審査員から「何か起きた気がする」と聞かれると、「友達が私の才能を信じてくれた。だからです」とのこと!

後日、結果が気になり落ち着かない、レイチェル。すると、なんと一次審査を無事通過の連絡が!レイチェルは夢の第一歩を歩き出した!!

スポンサーリンク

 

glee シーズン4 第19話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Next to Me コークラン,レイチェル Emeli Sande
Fight For Your Right (To Party) フィン,パック Beastie Boys
You Have More Friends Than You Know マーリー,ブレイン,サム,ユニーク Mervyn Warren & Jeff Marx
Don’t Stop Believin’ レイチェル,(フィン,ティナ,メルセデス,カート,アーティー) Journey
Outcast ニュー・ディレクションズ Glee Original

glee シーズン4で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン4 第19話の感想

今回はレイチェルの「Don’t Stop Believin’」の選曲にビックリ!そして懐かしい。だって、シーズン1の最初の曲。みんなもその頃の衣装と恰好で、すごく懐かしい。gleeっていったら、やっぱり「Don’t Stop Believin’」だね!!

それにしても、編曲でかなり雰囲気変わるもんだね~。ちなみにこちらが、最初のPVね。思わずこちらも見直しちゃったよ。

それにしても、フィン。パックと遊びまくりだね~。「Fight For Your Right (To Party)」のPVははっちゃけてて、結構面白い。でもフィンは雰囲気にのまれ、遊びまくってしまったか。でもそれを正したのが、まさかパックだなんて、本当ビックリ。でもこれが、最後のフィンの歌になってしまうなんて…。

フィンは、この後ニュー・ディレクションズのコーチに戻ることになっていたけど、この後姿を消します。ドラマでは触れられず、何事もなかったかのようにウィルだけが指導しているけど、これはフィンを演じていたコリー・モンティスさんが薬物中毒になっていて、断つためにリハビリ施設に入ったから。

だけど、施設から出所してまもなく、2013年夏に薬物中毒で亡くなってしまいました(シーズン5 第2話まで撮影済みの頃)。本当にこのニュース悲しかった。

シーズン5 第3話 「大好きだったフィンへ」 (The Quarterback)で、フィンを追悼しているけど、この回は役者さんもみんな演技を超えていた。特にレイチェル役のリア・ミシェルさん(私生活でも交際していた)は、もう見てられなかった。

だから、フィンの姿をgleeで見るのは、これが最後。すごく切ない。フィンと、コリー・モンティスさんの冥福を祈ります。

次話glee シーズン4 第20話「大停電」(Lights Out)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ