glee シーズン4 第16話「歌って解決」(Feud)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン4 第16話「歌って解決」のあらすじ

フィンがエマにキスしたことを、ウィルに告白して以来、ウィルの態度が一変。グリークラブみんなの分のコーヒーをフィンに買いに行かせ、更に「ポンプ2だといったのに、ポンプ3の味だ。全て返して来い」とパシリをさせる&難癖つける。

またライダーの歌を「アメフト以外にも才能ある」etcとほめちぎり、フィンにあてつけたり。その結果、フィンが壊れてしまった。そしてそんな状態なんで、グリークラブの雰囲気も最悪に。

それに業を煮やしたアーティー,ティナ,ブレインが、ウィルとフィンに「対決」。しかも歌手として対立する2人の曲をマッシュアップさせるという課題を出した。「教師2人の協力がなければ、州大会に勝てない」と、付け足して。

フィンは対決する前に、「課題よりも話し合いをしよう」とウィルに提案するが、ウィルは取り合わない。そのうえ、フィンにニュー・ディレクションズを任せたのも、教師としての素質とかでなく、レイチェルに振られ、軍を追い出され、落ち込んでいるフィンに同情したからだと告げる。

さすがに凹むフィン。そんなフィンに「歌を選んでおけ。全力で歌うから」と宣戦布告をし、立ち去る。

そしていよいよ2人の対決がスタート。ちなみにウィルとフィン以外は、中立の立場でそれぞれのチームに参加。ウィルはブレインとジェイク。フィンはライダー、アーティー、サムと一緒。曲は「Bye Bye Bye / I Want It That Way」のマッシュアップ!!

歌い終わって、ウィルの怒りも少しは晴れたようで、表情も明るい。みんなから「歌の後は握手で仲直りして」と言われ、フィンは「いいよ」と歩み寄る。が、ウィルは少し黙り、「できない」と告げる。「まだ許せない」と。

すると、「もう信頼を回復することは、できないですね。今までありがとうございました」とフィンは言って、その場を立ち去る…。

学校を去る準備をしているフィンの元に、マーリーがやってきた。今までのお礼としてサンクスカードを渡し、「本当に去るの?これからどうするの?」と尋ねると、「わからない。それをこれから暫く考える」との答え。

そんなフィンに一呼吸おいて、「正直に言っていい」と尋ねると、「もちろん」の答え。すると、「あなたはタマナシね」と突然言い出す。

さすがに面食らい、「聞きたくない」と答えるが、「シュースター先生になんて言われようと、無視すればいいんじゃない」と言い出す。だがフィンは、「シュースター先生は今の僕を作ってくれた人だ。グリークラブがあったから、今の僕がいる。だからだ」と答える。

マーリーは、「地区大会で倒れた後、この先どうなるか不安だったし、チームがバラバラになってしまった。でもそれを、あなたが1つにまとめてくれた」と言い、立ち去り際に「あなたは教師向きよ」と伝える。

この頃、他でも対立が勃発!それはユニークとライダーだ。ライダーがマーリーにキスをしたせいで、ジェイクはマーリーと話さなくなってしまった。そこでマーリーの親友として、ユニークがライダーにクレームをつけたのだ。

が、ライダーは「君には関係ない」と言い、更に「そもそもお前は男?女?」とまで。「黒人女性よ!」と怒って答えると、ユニークをジ~と見て、「女じゃない。男だ」と言う。その言葉にカチンと来たユニークは、ライダーを突き飛ばす!!

普段のユニーク
(※ユニークは心は女だが、体は男。普段は男の格好のままで、歌うときだけ女装。この時も上記の格好。ちなみに本名はウェイドで、ユニークはウェイドが憧れるキャラ。だからユニークになると自信満々になる。当ブログではユニークで統一)

ライダーはチャットで知り合ったケイティ(女性)とここ1週間、チャットで会話していた。で、ユニークとのことを相談すると、「グリークラブなんだから歌で対決してみては?」 とアドバイスされる。そこでライダーvsユニークで「The Bitch Is Back / Dress You Up」のマッシュアップを歌う!

だが、これだけでは、2人の溝は埋まらなかった。歌い終わってから、「女として認める?」とユニークに聞かれると、「No」とライダーが答えたからだ。マーリーへのキスで怒っているジェイクから「バカだな。ここは自分が自分でいられる場所なのに」と言われる。

そのことをケイティに相談すると、「私たちは友達?」と聞かれ、「Yes」と答えると、「一度も会ったことないのにって言われたらどう思う?」と。「ムカツク」とライダーが答えると、「他の人が何と言おうと、”自分たち”が友達と思っていればいいじゃない。彼のこともそうじゃないの?」と言われ、ライダーは納得する。

マーリー、ジェイクと一緒にいたユニークに会いに行き、最初はマーリーにキスのことを謝り、「アレは間違いだった。もうしない」と約束。次にジェイクに「次チャンスをくれたら、ちゃんと答えるから」と謝り、2人とも許す。

そしてユニークに、「女の子だと認めるよ」と謝る。その言葉に涙ぐむユニーク。理由を聞くと、あの2人で歌った帰り、女装したままで家に帰ろうとしたら、人気者の女の子たちに「あなたは男?女?」とからかわれ、怖い想いをしていたのだ!!

マーリーが「一緒に帰るよ」と言うと、ジェイクもライダーも頷く。すると、そこに「彼女たちのシャンプーに脱毛剤を入れておくわ」と、キティが現れて、そう言ったのだ!

「友達だっけ?」と驚くユニークに、「パックと付き合っていたら、何も言えないよ。でも外では一緒に陰口を言うけど、ここでは仲間よ」とも。そして「州大会では、みんながまとまらないと勝てないからね」と付け足す。

その言葉に「今年ティナもアーティー、ブレイン、サム。たぶんブリトニーも卒業する。だから来年からは俺たちだな」とジェイクが言い、5人の結束が固まった!!そして最後みんなで「Closer」を歌う。

スポンサーリンク

 

さて。もう1つ対決があった。それはブレインvsスー。ニュー・デレクションズが解散した時、ブレインはチア部に入部した。が、復活してからは、一度もチア部に行ってなかった。

だが部員のままだし、(サインを偽造された)”契約書”もあるからと、チア部の州大会に出るように、スーに強制されたのだ!それに反発したブレイン。結局歌で対決することに。そこで「I Still Believe / Super Bass」で勝負!!

が、ブレインは1人なのに、スーはチア部員と一緒。更にブラックライトや紙吹雪(?)、バイクまで使ったりと、まぁ、派手な演出をし、その結果スーがブレインを圧倒し、スーの勝利!!で、ブレインはチア部員に。

ガッカリしたようにみえたブレインだが、実はサムと示し合わせた”予定通りの行動”であった。チア部に潜り、内部崩壊させ、卒業までにスーを失脚させるためだ。

さて。ここでNYにいるレイチェル。妊娠したと思っていたが、サンタナと思い切って病院へ行くと、妊娠していなかった。ホっとするレイチェル。そんな彼女に、サンタナは”ブロディは怪しい。ドラッグの売人なんじゃないか?”と、再び主張する。彼の部屋をあさったら、ポケベルと大金を見つけたからだ。だが、レイチェルはブロディのことを信じていて、聞く耳を持たない。

だが、実はブロディは怪しいことをしていた。NYADAの学費を稼ぐために、ホテルで現金をもらって、(主に)熟女とSEXする。いわゆる”男娼”をやっていたのだ。「How to Be a Heartbreaker」を歌い、それが明らかになるが、レイチェルは信じきっている。

そこでサンタナは歌いながらシャワーを浴びているブロディの荷物をあさり、ポケベル(?)をすり取る。そしてNYADAに乗り込み、ダンスレッスンをつけているブロディのもとに行き、”レイチェルから手を引くこと。今すぐ荷物をもって、部屋から出ていくように”言い、「Cold Hearted」でサンタナらしく、脅しをかける。

だが、ブロディは出て行かなかった。逆にブロディはレイチェルにSOSを出していた。そしてレイチェルとカーはサンタナを部屋から追い出すことに!サンタナはNYでのバイト先も見つかっていたので、自分の荷物とレイチェルの掛け布団、カートの枕をもって、部屋から出ていく。

が、サンタナは諦めない。なぜならレイチェルとカートは、彼女にとって”家族”だからだ。そこで今度はなんとブロディが仕事で行ったホテルの部屋で、待ち構えていた!!

「レイチェルにこのことは黙っていてほしい」とブロディは言ってきたが、「私よりも彼を説得することね」と言い、指さした方角から出てきたのは、なんとフィン!「じゃぁ、2人で話し合って」と言いの残し、サンタナは部屋を出ていく。

当然怒り心頭のフィン。「レイチェルは本当のお前を知らないだろう。別れも言わず、さっさと彼女から消えろ」と言うと、ブロディが反論。そして殴り合いのケンカに!!ブロディを殴り倒し、「未来の妻に手を出すな」と言い、椅子を蹴って、部屋から出ていく。これからどうなる?

スポンサーリンク

 

glee シーズン4 第16話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
How to Be a Heartbreaker ブロディ,レイチェル,(ホテルのお客) Marina and the Diamonds
The Bitch Is Back / Dress You Up ライダー,ユニーク,(ニュー・ディレクションズ) Elton John / Madonna
Cold Hearted サンタナ Paula Abdul
Bye Bye Bye / I Want It That Way ウィル,フィン,ブレイン,ジェイク,ライダー,アーティー,サム ‘N Sync / Backstreet Boys
I Still Believe / Super Bass ブレイン,スー,チア部 Brenda K. Starr / Nicki Minaj
Closer ニュー・ディレクションズ Tegan and Sara

glee シーズン4で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン4 第16話の感想

今回はウィルvsフィンの「Bye Bye Bye / I Want It That Way」が好き!特にウィルチーム3人のダンス。マジ、すごすぎ!!紐を使ってのダンスなんて、ビックリした。かっこよすぎだよ!またフィンが学校を去っちゃうことになろうとは…。でもまぁ、ウィルにとって、エマへのキスは裏切りだからねぇ。それに結婚式でエマに逃げられるという辛い目にあったから、許せないのは分かるなー。

そしてマーリー。フィンへの言葉は、本当に納得。地区大会で自分が倒れ、それで棄権になっちゃって、まさかの敗退。で、グリークラブ解散。そりゃー、責任を感じるよ。でもそんな中、フィンだけはマーリーを責めず、そして励まし、解散しちゃったみんなに呼びかけ、見事ニュー・ディレクションズを復活させたんだもんね。マーリーは、フィンに恩を感じてるよ。でもまぁ、今までもフィンはリーダーシップを発揮して、みんなを一つにまとめていたから、確かに教師向いてるかもなー。

またブレインvsスーの、「I Still Believe / Super Bass」が好きだし、スー。すごすぎ!よく見ると、スーは踊れてないけど、周りチア部が華麗に踊っているから、絵的に満足だし、あの紙吹雪とか、演出すごい。また早口言葉とか”さすが女優!”って思う。いやはや、楽しすぎる~。

そしてブロディの「How to Be a Heartbreaker」の演出にも、彼の正体にも、結構ビックリ。で、ブロディを信じているレイチェルの歌声がちょっと切ない。これからいったいどうなるか?楽しみだ!

次話glee シーズン4 第17話「どうしても止められない!」( Guilty Pleasures)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ