glee シーズン4 第11話「肉食系女子の恋愛事情」(Sadie Hawkins)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン4 第11話「肉食系女子の恋愛事情」のあらすじ

プロムまであと142日。ティナやローレン、シュガーは男子生徒に誘ってもらえる自信がなく、”まだ諦めるな!”の女子会(?)に入部しており、そこである提案があった。そして生徒会で、男子からじゃなく、女子から誘えるダンスパーティー”Sadie Hawkins”の開催を提案し、無事開催することが決まる!

ここでグリークラブは地区大会で負けたことで、スーに音楽室を奪われ、今は空いている教室を渡り歩いている状態。フィンが毎回の課題に頭を痛めていると、ビーストからダンスパーティーに申し込む歌を課題にするようにアドバイスされる。そこでティナは、”あなたを好き”という歌詞の「I Don’t Know How to Love Him」を歌い、申し込む。

男子メンバーの関心は、誰が申し込まれるか?アーティーは元カレの自分が申し込まれると思っていたのに、その相手はまさかのブレイン!しかも歌い終わった後、ブレインは戸惑いながらも”No”と返答。ショックを受けるティナ。

その後、ブレインとティナは、よそよそしい。だが、ティナが思い切って声をかけ、まずは謝る。ブレインはダンスパーティーでイジメられたことが原因で、ダルトン高校へ転校したという苦い思い出があるからだ。

だがブレインは、過去の思い出が原因ではなく、好きな人がいるから、ラブラブなパーティーに行きたくないだけと、打ち明ける。ティナのしつこい責めにあい、ブレインはサムが好きと打ち明ける。ちなみにサムはゲイでないし、大切な友達で、ブリトニーとラブラブ。「片思いの切なさは分かる」とティナは励まし、結局2人で”親友”として一緒にダンスパーティーに行くことに!

この頃、マーリーは切なそうにジェイクを目で追うだけ。2人はデートを何度もしていたが、地区大会でマーリーが倒れてから、電話もしてこないし、なんだか距離ができてしまっていたのだ。そんなマーリーに気が付いたブリトニーが、声をかけ、2人メインで「Tell Him」を歌う。

歌でダンスパーティーに誘う勇気をもらったマーリーは、ジェイクを誘い、OKをもらう!同じくブリトニーもサムを誘い、OK!だが、同じくジェイクを狙っているキティは渋い顔。そしてその後、ジェイクに「マーリーだと一塁まで進むのは大変だけど、私ならその先まで進めるよ」とあからさまに誘う。

欲望に迷うジェイク。(ロスから戻ってきた)異母兄のパックに相談すると、「マーリーに惚れているなら、やめておけ」とアドバイス。「俺はチア部全員を味見したけど、虚しかっただけだ」とも。そしてジェイクはパックの忠告に従う。ちなみにキティに釘を刺しに行ったパックは、「ジェイクを好きなわけじゃなく、人のものを奪うのが好きなの」と告げられ、更にダンスパーティーに誘われる。(費用はキティもち)

さて。そんな中、ダンスパーティーが始まる!誰にも誘われなかったとブツブツ言うアーティーを放置し、最初はニュー・ディレクションズ男子が「No Scrubs」で盛り上げる!!

その間、マーリーはジェイクと踊りながら、「これからも一緒にいたいけど、先を焦らせないでほしい。そうでなければ付き合えない」と告げる。戸惑うジェイクだが、受け入れる。そしてマーリーは他の女子メンバーと「Locked Out of Heaven」を歌い、盛り上げる!!

だが、そんな中、壁の花達(隅でジッと見ているだけ)もいた。シュガーやローレン達だ。しかし過去に同じく壁の花だったビーストに「勇気を出して誘え」とアドバイスされ、シュガーはアーティーを、ローレンはジョーを誘い、見事OKをもらう!そして最後、ライダーは、ジェイクと踊るマーリーを見つめながら、「I Only Have Eyes for You」を歌う。

ちなみにこのダンスパーティーでローレンやみんなは自信を持ち、”まだ諦めるな!”の女子会(?)はこの後、見事解散することに!

スポンサーリンク

 

その間に新展開もあった。以前から、サムはウォブラーズの地区大会での見事なパフォーマンスに疑問を感じ、薬を使ったのではないか?と疑ってたいた。ブレインから「証拠」を探すように言われ、証拠を見つけようと奔走していた。

そこで探した証拠は、ハンターの頭がでかくなっていること、ウォブラーズみんなが筋肉質になっていること、ハンターがキレやすくなっていること。これらをブレインと一緒に、フィンに訴える。「これでは証拠として弱い」と言われると、とっておきの証人であるトレントを呼び、彼は打ち明ける。

なんとブレインがいた頃は固い絆で結ばれていたウォブラーズだったが、セバスチャンやハンターが来たことで、メチャクチャになっていた。ハンターは男性ホルモンの薬を強要し、それを拒否したため、トレントは地区大会に出れなかったのだ!このことを発表すると、長年の歴史があるウォブラーズの名誉が汚される。だが、今のままで良いのか?迷いながらもトレントは…。

さて。NYでのカート。NYADAに無事合格でき、通い始め、友達をつくることに。レイチェルはブロディを見つけると飛んでいき、カートをあまり相手にしないからだ。友達作りには、クラブに入るのが手っ取り早い。が、NYADAにも高校生活と同じく階級があった。バレエがここでは頂点のようだが、自分には合わない。そんなとき”アダムのリンゴ”というポスターを見つける。

その時、声をかけてきた人が。彼がアダムで、”アダムのリンゴ”の創設者。発表会でのカートの歌声を覚えており、勧誘してきたのだ。ちなみに”アダムのリンゴ”はグリークラブで、ここでは底辺。最初は断るが、次第にアダム自身に魅力を感じてきたこともあり、一度クラブの様子を見に行くと、みんなが「Baby Got Back」を披露。

さて、カートはどうする?そして一緒に暮らすレイチェル。ブロディとは喧嘩をしながらも、ラブラブだ。だが、ブロディは寮に住んでいて、遠くてなかなか会えない。そしてつい、ブロディにここに一緒に住むことを提案するが?

スポンサーリンク

 

glee シーズン4 第11話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
I Don’t Know How to Love Him ティナ ミュージカル『Jesus Christ Superstar』
Baby Got Back アダムのリンゴ Sir Mix-a-Lot
Tell Him マーリー,ブリトニー,(キティ,ティナ,シュガー,ユニーク) The Exciters
No Scrubs アーティー,ブレイン,ライダー,サム,ジョー TLC
Locked Out of Heaven マーリー,ユニーク,(ブリトニー,シュガー,ティナ) Bruno Mars
I Only Have Eyes for You ライダー,(アーティー,ジョー) The Flamingos

glee シーズン4で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン4 第11話の感想

今回はビックリ。ティナがまさかのブレイン狙いとは!一緒にダンスパーティーで楽しく踊る2人だけど、ブレインの目はブリトニーと踊るサムを見つめていて、なんだか切ない。変なスクエアー関係だ(笑)。そしてライダーもなぁ。マーリーとジェイクを見つめる視線が切ないねー。

ちなみに申し込むときに歌った「I Don’t Know How to Love Him」良いなー。ティナって目立たないけど、やっぱり歌うまい。それにPVも、ブレインとティナとサムの楽しそうな姿が良い。それにしても、シーズン4からブレインとサムは仲良くなったなぁ(カート卒業したし)。

久々のローレン。シーズン2ではパックとラブラブだったのに、「パック以降に相手が現れない」と嘆いたのに笑った。そしてシュガー。シーズン3でローリーとアーティーがシュガーバトルをしていたし、チア部だから、てっきり結構モテると思っていたら、いやはや。”壁の花”だったとは。

そしてウォブラーズ。まさかの展開!薬を使っての肉体改造という不正とは!!確かにシーズン3まではあんなに激しくないダンスで、今回やたら見事なバックテンだったけど。いったいこの先、どうなる?

次話glee シーズン4 第12話「ヌードに挑戦」(Naked)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ