glee シーズン3 第7話「カミングアウト」(I Kissed a Girl)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン3 第7話「カミングアウト」のあらすじ

あるCMがキッカケでレズビアンであることを暴露されてしまうサンタナ。そのキッカケを作ったフィンにイライラし、ついビンタしてしまう

これにより、校長から2週間の停学処分を命じられ、来週の地区大会には出場できないことに!助けてほしいが、コーチであるコークランも、ウィルも「処分を受けるべきだ」と言うだけ。だがここでフィンが、サンタナをかばう。実際にはビンタされておらず、あれは演技だった、と嘘をついたのだ。

その為、サンタナは停学処分を免れる。校長室から出た後、「なぜ、かばったの?」と聞くサンタナに、「実力でトラブルトーンズを倒すため」と答える。

そして今週はサンタナの為に、「女性シンガーの曲」を歌うことを課題とする。例のCMはまだ放送されていないが、直ぐに放送されてしまう。だからその前に、サンタナにカミングアウトをしてもらいたいし、受け入れてもらいたいからだ。

早速、カートとブレインが大好きだという「Perfect」を歌う。

だが歌い終わると、相変わらずサンタナは意地悪を言うだけ。

そんなサンタナに、フィンは「自分を受け入れられないから周りを攻撃するんだろ」と言う。更に「今は周りを攻撃しているけど、そのうち自分を攻撃して、”自殺”してしまわないか心配だ」とも。

それでも「自分が大好きだから大丈夫」と突っ張るサンタナに、「君は初めての相手で、大切な存在だから」と伝え、「Girls Just Want to Have Fun」を贈る。

歌い終わると、サンタナはフィンに「ありがとう」と言い、2人でハグをする。

しかし、とうとう(サンタナがレズビアンであるとバレてしまう)例のCMが流れてしまう。周りの生徒から、変な目で見られるサンタナ。普通にふるまってはいるが、当然、居心地悪い。

そんな時、ラグビー部のキャプテンが、「俺が男を教えてやる」とサンタナを口説こうとしてきた!サンタナは突っぱねるが、相手がしつこい。すると、周りにニュー・ディレクションズ女子メンバーンのみんなが!助けに来たのだ。そしてみんなでその男を追っ払い、「I Kissed a Girl」を歌う。

サンタナは徐々に自分を受け入れていて、両親にも報告し、受け入れてもらえた。だから今度は、大好きなおばあちゃんにも、カミングアウト!だが、おばあちゃんには受け入れもらえず、更に絶縁までされてしまう。「そんな秘密を知りたくなかった」と…。

サンタナはショックを受けるが、「私は一人じゃない。みんながいるから」と、ニュー・ディレクションズ&トラブルトーンズのみんなに伝え、「Constant Craving」を歌う。

またここで、オハイオ州議員へ立候補中のスー。例のCMにより、スー自身までレズビアンだと疑われないか?を心配し始める。そこで見栄えが良い男と一緒にいるところを記者にアピールしようと、セックスフレンドの男リストから1人の男を選ぶ。

すると、それがなんとクータ―!ビーストが恋するアメフトのスカウトマンだ。クータ―はビーストに想いを告白しているし、何度かデートもしている。

だが、ビーストとのデートは、いつもジムでバーベルをあげることだし、手をつなごうとしたら殴られてしまった。それで”拒否”されていると勘違いされてしまったのだ。それにクータ―がほしいのは、”友達”ではない。それ以上の関係だからだ。

これにショックを受けるビースト。学年委員長の選挙の横で行われた議員選挙を見ながら、ビーストは”私の男をとらないで!”という歌詞の「Jolene」を歌う。

「選挙が終われば、スーとクーターは別れだろうから、それまでの辛抱だ」と、ウィルとエマに慰められるが。

そして選挙の結果、当選したのはなんとバート!カートの父親だ!!スーは3位で落選。これで議員の椅子も、評判も金(自分が当選すると賭けていた)も失ってしまい、スーにとって残るはクータ―のみとなってしまい、予想とは裏腹に、クータ―を手放したくないと宣言!

だが、ビーストも、クータ―を諦めていない。スーに宣戦布告し、クータ―に自分の想いを伝える。クータ―からは、「ビーストのことは好きだが、スーのことも嫌いじゃない」との返事だ。どうなる?

スポンサーリンク

 

ここでコークランに夢中のパック。彼女からはっきりと断られてはいるが、諦めていない。「I’m The Only One」を歌う。

そんなパックに、授業中にコークランから緊急電話が!なんと目を離した隙に、ベスが転んで、口を切ってしまい、血が出てしまったのだ。急いで病院へ駆けつけると、コークランはパニックになっており、そんな彼女を「大丈夫だ」と、抱きしめる。幸いベスの傷はたいしたことはなかった。

その後、2人はHをする。だが、コークランは、直ぐにパックを家から追い出す。「間違っていた」と。

パックは、怒りに任せてクインの家を訪れる。実はクインから、両親がいないからと誘われていたのだ。その時は「昔は好きだったけど、今は好きじゃない。レイチェルよりも自己中心だし」と、はっきりと断ったのに、コークランにフラレタことで、つい行ってしまったのだ。

クインと激しくキスをし、迫られる。だが、クインはベスを諦める代わりに、新たに赤ちゃんを作ろうとしているだけだと分かり、やめる。

そしてクインに3年前の妊娠のことを謝罪し、「赤ちゃんがいなくても、お前なら将来成功する」とクインを励ます。その時にコークランとのことを打ち明ける。

また学年委員長に立候補中のカートとブリトニー。世論調査(?)では、ブリトニー優位!学年委員長になったら、お菓子を配ると宣言し、票を集めているからだ。

選挙も終わり、あとは結果発表だが、その前にカートは校長から呼び出しを受ける。選挙ではカートが勝っていた。しかも圧勝!!だが、投票数が生徒数よりも多かった。つまり、カートへの水増し票があったのだ!

不正をしたと疑われるカート。身の潔白を訴えるが、信じてもらえない。当然、学年委員長にもなれず、停学処分まで受けさせられそうになる。

だが、本当にカートはしていなかった。不正をしたのは、実はレイチェルだった!レイチェルはフィンにその告白をし、フィンの助言でレイチェルは校長に正直に告白。

その結果、カートは学年委員長に無事に決定!だが、レイチェルは1週間の停学処分に。しかも来週の地区大会への出場停止も言い渡されてしまった!ただでさえ、ライバルは強敵トラブルトーンズなのに。いったいどうなる?

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第7話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Perfect カート,ブレイン P!nk
I’m The Only One パック メリッサ・エスリッジ
Girls Just Want to Have Fun フィン,ニュー・ディレクションズの男子メンバー Cyndi Lauper
Jolene ビースト ドリー・パートン
I Kissed a Girl サンタナ,レイチェル,ニュー・ディレクションズの女子メンバー&トラブルトーンズ ケイティ・ペリー
Constant Craving サンタナ,コークラン,カート k.d.ラング

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第7話の感想

シーズン3が始まってから、フィンがなんか、いや~な感じだったけど、今回久々にフィンらしくて好き。だって、クインが不良になったのもフィンがフッタからっていうのも原因の一つなのにフォローしないし、ブレインが転校してきたらソロが奪われるからと、ブレインに嫌がらせしっぱなしだし。

レイチェルがカートを裏切って学年委員長に立候補しても、諭さないし。レイチェルの恋人だけど、カートの義兄弟のくせに!だから今回、久々にフィンがリーダーっぽくて、なんかよかった。

それにしても、サンタナ。とうとう受け入れ、カミングアウト!良かった~。サンタナに絡んできたあの男を、みんなで追っ払ったのがスカッとした。それに「I Kissed a Girl」も良い!

またカートとブレインの「Perfect」良いな~。2人らしい選曲で、”君はそれで完璧”っていう歌詞も良い。良い歌~。

さて、次は地区大会!レイチェル抜きで、強敵トラブルトーンズに勝てるのか?どうなる?

次話glee シーズン3 第8話「全員集合!」(Hold On To Sixteen)のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ