glee シーズン3 第6話「ガチンコ勝負」(Mash Off)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン3 第6話「ガチンコ勝負」(Mash Off)のあらすじ

ニュー・ディレクションズとトラブルトーンズの対立は、深まっていくばかり。なんとかできないかと、コーチのウィルとコークランは、メンバーを呼び出し、「You and I / You and I」のマッシュアップを披露。

そこでマッシュアップ対決を発表!これは2チームは地区大会でライバルとなるが、お互い切磋琢磨してほしいからだ。

ちょうどその頃、サンタナが毒舌を発揮し、フィンの悪口を言ってきた。フィンとローリーが反撃してみるが、撃沈しただけ。それでフィンは、ドッジボール対決を提案。

Hit Me With Your Best Shot / One Way Or Another 」で、いざ対決開始!!

対決は順調に進み、フィンが終了を告げた。その時だった。ローリーに、サンタナたちが、わざとボールをぶつけまくったのだ!カートがやめるように言うが、ローリーは鼻血まで出てしまった。反省もしないサンタナ達を尻目に、メルセデスは呆然と立ち尽くす。

後日、トラブルトーンズでの練習前のこと。メルセデスが多数決でチームのリーダーとなることが決まり、メルセデスはサンタナに毒舌を封じること提言。サンタナは渋々了承するが、意気消沈。まぁ、ブリトニーやメルセデスから、エースなんだからと励まされ、やる気を取り戻し、練習をしたが。

ここで学年委員長に立候補中のカート、ブリトニー、レイチェル。立候補者の討論会において、候補者が他の候補者を悪く言っている中、カートは”いじめ撲滅”を提言。これはもちろん先のドッジボールでの件を、見かねてだ。

これに生徒たちは拍手喝采。そしてそれを聞いたレイチェルは、「立候補を取りやめ、カートを応援する!」と、宣言!

カートは、自分を裏切って立候補したレイチェルと絶交していたが、この件をきっかけにレイチェルに話しかけ、「NYADAに入学することだけを考え、”カートと一緒に合格する”という夢を忘れていた」とレイチェルが謝罪。「これからはカートを応援する」とも。これで2人の友情は復活!!

そしていよいよ、マッシュアップ対決スタート!ニュー・ディレクションズは、ローリー初ソロもある「I Can’t Go For That (No Can Do) / You Make My Dreams 」を披露。

トラブルトーンズは後日発表する。だがこの間にトラブルが!なんとテレビのCMで、サンタナがレズビアンであることが暴露されてしまったのだ!!

サンタナは隠れレズビアン。親しいメンバーは、ブリトニーとの関係に気がついていたが、親には内緒にしていた。だが、CMにより、このことが学校内だけではなく、街中に広まってしまうのだ!あまりのショックに、泣き出すサンタナ。

このきっかけを作ったのは、実はフィン。毒舌サンタナにイラっとして、つい「カミングアウトしないのは、なぜだ?」と学校の廊下で言ってしまい、それを聞いたある生徒が、議員立候補中の叔父に教えてしまった。

そしてその叔父が、議員立候補中のスーを貶めるために作ったCMで「レズビアンをチア部のキャプテンとして~」と使われてしまったのが真相。

スーが、”ヒヒの心臓を移植されて~”と嘘を交え、バートを陥れるCMを作ったことも一連のキッカケだったこともあって、スーもウィルも、バートもサンタナを心配するが…。

そしてそんな中。トラブルトーンズが「Rumour Has It / Someone Like You」を披露。もちろん傷ついたままのサンタナも熱唱。

だが、歌の最後に、フィンが隣のレイチェルに何かささやいた。それを見たサンタナは歌い終わってから、「何を言った?」と詰め寄り、「さすがだと言っただけ」と答えるフィンに、ビンタをする。

スポンサーリンク

 

またコークランとキスしたこともあって、パックはコークランに夢中!年の差もあるし、生徒と先生の関係だが、そんなの関係なし。コークランを想い、「Hot for Teacher」を歌う。

「あのキスは間違いだった」とコークランに拒否されてしまうが、それでもパックはめげずにアタック!

そしてベスをあやしているときにある”告白”をする。それは、クインがベスを手に入れるために、コークランが母親失格になるような証拠を置いていき、児童相談所に報告したこと。それをパックが処分しておいたことだ。コークランはこれに大ショック!

ベスに積極的に関わるように言ったのは、コークラン自身だが、これはひどすぎる。後日家に訪れてきたクインを拒否し、ついでにトラブルトーンズへの入部も拒否。そして「子供のために自分を犠牲にできるのが母親」と説教する。「大人になりなさい」とも。

だが、クインは「自分はお金のために、レイチェルを売ったくせに!」と言い返し、コークランは何も言わず、クインを家から追い出す。

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第6話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Hot for Teacher パック,フィン,ブレイン,マイク ヴァン・ヘイレン
You and I / You and I コークラン,ウィル レディー・ガガ / エディ・ラビット & クリスタル ゲイル
Hit Me With Your Best Shot / One Way Or Another ニュー・ディレクションズ,トラブルトーン パット・ベネター / ブロンディ
I Can’t Go for That / You Make My Dreams ニュー・ディレクションズ ダリル・ホール&ジョン・オーツ
Rumour Has It / Someone Like You メルセデス,サンタナ,トラブルトーン Adele

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第6話の感想

今回の「I Can’t Go For That (No Can Do) / You Make My Dreams」は楽しいし、トラブルトーンズの「Rumour Has It / Someone Like You」はかっこよくて、良い!サンタナとメルセデスって、良い声しているし、声の相性いいな~。

また今回は、サンタナがかわいそう。サンタナの毒舌ぶりに、イライラするのはわかる。でも、それでレズビアンをバラされるのは、次元が違うよ。いくら周りが気づいているといっても、ねぇ。親にもなかなか言えないし、まだ高校生だから、イジメとかあるし(カートなんて、かなりイジメられている)。

だから、まぁ、最後フィンにビンタしたのも、気持ちはわかる。もちろん良くはないけどね。それにサンタナって、ビッチだけど、いじめっ子って、人をイジメるくせに、自分がいじめられると弱いってイメージある。打たれ弱いというかね。

さて、これからどうなる?

次話glee シーズン3 第7話「カミングアウト」(I Kissed a Girl)のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ