glee シーズン3 第4話「アイルランドから来た留学生」(Pot O’ Gold)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン3 第4話「アイルランドから来た留学生」のあらすじ

『ウエスト・サイド物語』を上映しようとしていたニュー・ディレクションズ。だが、費用で大ピンチに!

オハイオ州議員の補欠選挙に立候補しているスーが、”不況なんだから芸術にお金を使うな”と訴えて、支持率を上げているが、その矛先がニュー・ディレクションズにピンポイントに向かい、テレビで『ウエスト・サイド物語』を上映するのに、かなりの費用がかかると批判。

そのせいでマッキンリー高校へ苦情の電話が殺到し、それは校長へ暴力で訴える人が出るほど。その為、上映する予算がなくなってしまったのだ。

そこでみんなでパンフレットに広告を載せて、資金を調達することに。その広告の売り込みに協力してくれたのが、カートの父バート。事情を聴いたバートが、知り合いの資本家3人に話をし、上映費用を提供してくれ、そのおかげで、無事上映できることに!

そのお祝いと、メルセデスが退部したことで、みんながふさぎ込んでいることもあって、ブレインが「Last Friday Night (T.G.I.F.)」を歌い、みんなで楽しむ!

だが、1人サンタナは渋い顔をしていた。それは、ニュー・ディレクションズを辞めるかどうか迷っていたからだ。

実はメルセデスが入部した、コークランがコーチをしている”新グリークラブ”への誘いを受けていたからだ。コークランのコーチは素晴らしいし、ソロも歌い放題だからと、と。

今までサンタナが大会で歌ったソロは1回だけ。だから、メルセデスの提案は魅力的にみえる。でも迷いもあった。だが、今回ブレインが歌っているのを見て、決心。「今年のソロは、どうせレイチェルとブレインでしょ」とウィルに言い放ち、その場を後にする。

ただサンタナとしては、恋人のブリトニーと一緒に入部したい。だが、ブリトニーは仲間を裏切りたくないし、学年委員長への立候補中だからと迷っている。そこで目星をつけたのが、ブリトニーがなぜか妖精だと思っているローリー!

ローリーは、アイルランドから留学生。学校でホッケー部やアメフト部員から苛められているし、友達はホームステイ先のブリトニーだけ。寂しそうに、「Bein’ Green」を歌う。

ここで”3つの願い事を叶えてくれあたら、宝物をあげる”と、ブリトニーはローリーと約束をしていた。ブリトニーを好きなローリーは、なんとか願いが事を叶えようと奮闘。マシュマロ入りシリアルの”マシュマロだけ”を作ったり、猫のタビントン閣下のウンチをチョコバーにしたり(笑)

そしてローリーが口に出した3つ目の願いは、”ブリトニーがニュー・ディレクションズを辞めること”(※サンタナの作戦)。

その願いをローリーから聞いたブリトニーは迷うが、結局は”妖精の願いだから”と、ニュー・ディレクションズを辞めることに!

だが、これに反対したのが、フィン。ブリトニーに抗議するが、その際につい「サンタを信じているのは可愛いけど、妖精を信じるなんて馬鹿だ」と言ってしまい、ひき止めるどころか、ブリトニーを怒らせてしまっただけ。

サンタナとブリトニーは新グリークラブに入部!コークランもメルセデスも、もちろん大歓迎!「私のバックダンサーが増えた」と勘違いシュガーは最初だけ喜ぶが、サンタナが一喝し、シュガーは「勝てる部に入りたかっただけ」とすぐに小さくなる(コークランもシュガーを無視状態に(笑))。

そしてここに女子だけのチーム「トラブルトーンズ」誕生!!「Candyman」を早速練習(シュガーはバックダンサー。他はチア部員)。

凄腕コーチのコークランの指導もあって、このパフォーマンスはすごい!それは見学していたウィルとフィンが、危機感を持つ程(※地区大会でライバルとなる)。

またローリーは、3つの願い事をせっかく叶えたのに、「あなたは妖精じゃないのね」とブリトニーに言われてしまい、宝物は貰えず。

そんな落ち込むローリーを見かけたフィンが、ニュー・ディレクションズに誘う。友達がほしいローリーは、入部することに。みんなの前で、遠く離れて暮らす家族を想いながら、「Take Care of Yourself」を歌い、歓迎される。

尚、後日、ウィルはある願いをしに、バートの元へ行く。それはスーの対抗馬!なんとバートに、オハイオ州議員の補欠選挙に立候補してほしいと頼んだのだ。

しかし驚いたことに、バートはもう既にそのつもりであった。スーは芸術予算を削ることを公言しているが、カートはグリークラブによって救われた。だからカートの為にも、”芸術”を守るために、立ち上がったのだ!!

手始めにバートは、スーの出演しているTVに出演し、スーが実は芸術予算なんかよりも莫大な予算を、チア部に使っていることを暴露。そして同時に、”芸術”の大切さを訴えた。

もちろんこれによりスーから嫌がらせは受けるが、バートはそれにもめげず、戦う覚悟を決める!!

スポンサーリンク

 

ここで、コークランが育てているベスの親権を取り戻したいクイン。手始めにパックとベスの子守をし、その間にコークランが”ママ失格”となるように、部屋にベス用の辛い香辛料を置いたり、虐待の本を置いたり。何かと画策する。

これは、手助けしようとしていたパックがひくほど。しかもクインは、後日自分が仕掛けたことを、児童相談所に報告までしていた!そこでパックは単独でコークランを訪れ、泣いているベスをあやすコークランの隙をついて、これらを片付ける。

その後「Waiting For A Girl Like You」を歌うと、ベスは泣き止み、ようやく眠る。

ホッとしたコークランは「望んで母親になったけど、やっぱり大変」と弱音を吐く。「ベスの成長を一緒に喜べる人がいないのが辛い」とも。

「いつでも相談に乗る」とパックは答え、2人はキスをする。

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第4話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Bein’ Green ローリー 『Sesami Street』
Last Friday Night(T.G.I.F.) ブレイン,ニュー・ディレクションズ ケイティ・ペリー
Waiting For A Girl Like You パック フォリナー
Candyman トラブルトーンズ クリスティーナ・アギレラ
Take Care of Yourself ローリー Teddy Thompson

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第4話の感想

ローリー登場!私はローリーの声、好きなんですよね~。なんか不思議と、あたたかくて、魅力ある声。特に「Bein’ Green」好きだなー。ただローリーは、バラードばかりなんだけどね。テンポ良い曲よりも、こういう心にじ~んとくる歌の方が似合うんだよね~。

そして今回、ニュー・ディレクションズとは別の女子チーム。トラブルトーンズ誕生!でもこれって、メルセデスやサンタナを責めれないよ。だって、ウィルって、明らかにレイチェルをソロに選びすぎだもん。でもこれで元チームメイト同士が、地区大会で争うことに!コークランは良いコーチだけど、これからまた新展開が( *´艸`)

またクイン。目的の為なら、非常になれるの、忘れていた。本当にそういうところ、スーと同じで、怖い。それにさぁ、そもそも1年くらいの間、ベスを大事に育ててもらってるんだから、今更勝手すぎ。一番最初の産まれたばっかりが一番大変なんだぞ!(←2歳の子のママだから、ココ強調)

それに何より、コークランは良いママなんだしさ。おかげでクインは高校生活を満喫できるのに。だから、パック、よくぞ隠してくれた。でも、これからこの2人、どうなる?

次話glee シーズン3 第5話「すばらしき初体験」のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ