glee シーズン3 第3話「Aマイナスは落第点」(Asian F)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン3 第3話「Aマイナスは落第点」(Asian F)のあらすじ

マイクは、科学でAマイナスをとってしまった。Aマイナスはアジア系にとっては、Fに匹敵するらしく、父親は校長にまで掛け合うほど、怒ってしまった。そこで家庭教師を付けて、成績を上げることに。

マイクの親はハーバード大学に入学させ、医者の道へ進ませようとしている。だが、マイクはダンサーになりたい!

それに今度グリークラブで上映する『ウエスト・サイド物語』で、踊りもあるけど、歌も歌う”リフ役”のオーディションを受けるつもりでもあった。その為に歌の練習もしていたのだ!

しかし父親に反発することもできず、マイクは家庭教師に会いに行こうとする。が、ある教室を過ぎた時、足を止めた。そこは、マイクがいつもダンス練習をしているところだ。

踊りながら、親の期待と、自分の気持ちに揺れ動き、迷う。だが、オーディションを受けることに決め、「Cool」をアメフト部員と踊りながら歌う!

これには、周りもびっくりするほどで、ビーストからも「立派だ!」と褒められる。今までマイクは歌っていなかったしね。

だが、家庭教師に会うのをサボったことが、すぐ母親にばれる。正直に将来の夢について話すと、なんと母親はマイクの味方をしてくれた!自分も夢があったのに、親に逆らえずに、夢をあきらめた過去があったからだ。そしてリフ役がもらえたら、父親に一緒に話をすることを約束する。

さて。『ウエスト・サイド物語』において、主役のマリア役をレイチェルと奪い合っているメルセデス。アメフト部の彼氏シェーンから、「みんなはレイチェルが勝つと思っているが、お前が勝つよ」と励まされる。初めて言われたその言葉に、メルセデスは自信を持ち、「Spotlight」をオーディションで見事に歌う。

そのパフォーマンスは素晴らしく、ショーの監督であるアーティー達が「マリア役はレイチェルで決まりだと思っていたけど、思わぬ伏兵がいた」と、悩むほど。メルセデスの上達は嬉しいけど、配役は難しい。そこでマリア役をかけて、木曜日に再度「Out Here On My Own 」で勝負することに!

だがその頃、ウィルからダンスレッスンを受けているメルセデスは、イライラを募らせていた。いつもウィルはショーや大会で主役をレイチェルにするし、レッスン中に厳しく指導をしてくるからだ。「体調が悪い」と言っても、聞く耳持たずで、「できる」と言うだけ。(ただダンスレッスンに遅刻したのは、メルセデスが悪い)

そしてとうとう怒りが爆発し、「先生とはやっていられない!」と言ってしまう。「そのドアを出たら、クビだ」と宣告されるがが、「It’s All Over」を歌い、メルセデスはグリークラブを辞めてしまう。

それでもマリア役のオーディションでは、シェーンに励まされながら、「Out Here On My Own 」を見事に歌う!それはあのレイチェルが、”私の敗けよ”とフィンにつぶやくほど。

そして主役のマリアは、メルセデスとレイチェルの”ダブルキャスト”に!1週間ショーの期間を延長し、2人共が主役を演じるというのだ(他の役は1人)!!

レイチェルは納得(安心)したが、メルセデスは不満。「私より勝っていた?」とレイチェルや監督たちに尋ねると、みんな答えない。それほどメルセデスのパフォーマンスがすごかったからだ。

「なんでみんな彼女に気兼ねをするの?もうレイチェル中心のショーには、うんざり」と言い残し、メルセデスはマリア役まで辞退してしまう。

結果、『ウエスト・サイド物語』の配役は、マリア役はレイチェル、トニー役はブレイン、リフ役はマイク、アニタ役はサンタナとなる(※サンタナはスーに内緒でこっそりグリークラブに忠誠を誓い、ちゃっかりと復帰)。

そしてメルセデスは、コークランに会いに行き、コークランがコーチをしているグリークラブに入部する!!部員はオンチのシュガーのみだから、もちろんコークランは喜ぶ。

尚、ブレインはカートに気兼ねし、主役のトニー役を断っていたが、カートがブレインを諭したから、ブレインがトニー役に。

スポンサーリンク

 

ここで、NYADAに入学するためのポイント稼ぎとして、学年委員長に立候補中のカート。レイチェルもカートを応援している。対抗馬はブリトニーだが、おバカなので、余裕で勝てると思っていた。

だが、サンタナが補佐としてついて、その戦略は”女子”をウリにすること!過去6年間、男子がずっと学年委員長だったから、おかしくなったのだと訴え、女子を味方につけて「Run The World 」を披露!

そのパワーに圧倒されるカート。だが、そのパワーに圧倒されたのが、もう1人いた。レイチェルだ!

マリア役のオーディションで、メルセデスのパフォーマンスに驚いこともあり、なんとカートに内緒で学年委員長に立候補までしたのだ!!だが、その自分勝手さには、恋人のフィンからも呆れられる。

「10年後思い出すのは、クラブのことじゃない。失った友達だ」とカートにも言われ、2人の友情に亀裂がはいる。

その頃、ウィルもエマのことで悩んでいた。2人は同棲中だが、エマが両親を紹介してくれないのだ。

”自分に魅力がないから”と心配するウィルに、「理想の恋人だよ」と、ビーストから励まされ、ウィルはエマに内緒で両親を招待する。が、両親を見たエマの様子が変だ!実は、エマは自分の両親を恥じていたのだ!!

だが、それもそのはず。エマの両親は”赤毛至上主義”な上に、エマを「潔癖ちゃん」と呼んだり、まぁ、かなり失礼な人なのだ。「将来子供ができても、髪の毛は何色でも構わないし、たとえ潔癖症になろうとも、そんなあだ名で呼ばない」と、ウィルは両親を一喝し、追い払う。

だが、エマは落ち込み、涙ぐむ。両親と会って、辛かった子供時代の頃を思い出したからだ。ウィルは謝り、エマの隣で一緒に祈り、「Fix You」を歌う。

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第3話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Spotlight メルセデス Jennifer Hudson
Run The World (Girls) ブリトニー,サンタナ,女子学生 Beyonce
Cool マイク,アメフト部員 ミュージカル『West Side Story』
It’s All Over ウィル,ニュー・ディレクションズ 映画『Dreamgirls』
Out Here on My Own メルセデス,レイチェル 映画『Fame』
Fix You ウィル,ニュー・ディレクションズ コールドプレイ

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第3話の感想

今回メルセデスは、2年間ためた怒りがとうとう爆発!レイチェルは何かと問題ばかり起こすくせに、今まで重要なソロは全てレイチェル(とフィン)。そういうバックグラウンドがあるから、まぁ、”とうとう”っていう感じ。

それにしても、「Spotlight」はメルセデスの感情がこもっていて、良かったー。ちなみにシュガーが創設したグリークラブは、部員数ゼロ。しかもシュガはオンチのくせに、コーチのコークランの言うことを聞かない困ったちゃん。だからメルセデスの入部に、コークランは、嬉しそう。でもこれから、どうなる?

また今回のブリトニー&サンタナの「Run The World」は良い。女子主役って、いいねー!また「It’s All Over」は新鮮で面白いし、マイクの「Cool」もよかった。やっぱりマイクの踊りは、すごいなー!(歌も上手くなったー)

次話glee シーズン3 第4話「アイルランドから来た留学生」(Pot O’ Gold)のあらすじはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ