glee シーズン3 第22話 「卒業」(Goodbye)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン3 第22話 「卒業」のあらすじ

もうすぐ卒業!ウィルが部室を除くと、初期メンバー(カート,レイチェル,アーティー,ティナ,メルセデス)が最初に歌った「Sit Down, You’re Rocking The Boat 」を歌っていた。

歌い終わると、みんなで「ダサイ」と笑っていた。まぁ、実際ダサイ(笑)。そしてそんな底辺から、とうとう全国優勝まで、ニュー・ディレクションズはのし上がったのだ!

ウィルは、今週の課題を「GoodBye」にする。卒業生は下級生に、下級生は卒業生に贈る歌だ。まず手本として、ウィルが「Forever Young」を歌う 。

カートは父バートに学校の講堂へ呼び出された。カートは7歳まではまぁ、普通の子だったが、8歳の頃から今みたいになっていった。男らしいバートには、カートが理解不能。特に母が亡くなってからは、お手上げ状態だった。だが、カートがこの曲を踊っているところをバートに見られた事をキッカケに、カートはゲイをカミングアウトし、そこから親子の関係が修復されていった。

その思い出の曲「Single Ladies (Put A Ring On It)」を、なんとあのバートが踊ってくれたのだ!!しかもあの時と同じようにブリトニーとティナも一緒だ(笑)。もちろんカートはこのプレゼントに大喜びだ。

そしてカートは、ブレインと避けていた話題、”遠距離恋愛”になることを話し合い、「遠距離恋愛は難しいけど、僕らなら乗り越えらえる」と伝える。

その後にカートは、ニュー・ディレクションズのみんな。特に男子メンバーに感謝を述べた。彼らはゲイのカートを、”普通の男”と接してくれたからだ。「音楽室ではゲイもストレートも関係なかった」と。そして「I’ll Remember」を贈る。

卒業生(フィン,レイチェル,メルセデス,クイン,サンタナ,カート,マイク,パック)から、「You Get What You Give」を贈る。尚、ブリトニーは留年なので不参加。

下級生(アーティー,ティナ,ブレイン,ジョー,ローリー,シュガー,サム)からは、「In My Life」が贈られる。

だが下級生が歌っている時にパックが一人元気ない。もうすぐ卒業がかかった地理の再追試で、ビーストが教えてくれているのだが、なかなか覚えられず、合格できる自信がないからだ。そしてそんなパックにクインは気がつき、手を差し伸べる。なにせ2人にはベスという子供までいる特別な関係だからだ。

クインもパックに地理を教えるが、なかなか覚えらない。苛立つパックに、クインは「あの頃の自分を思い出して」と、キスをしようとする。クインが処女を捧げたあの頃のパックは、自信に満ち溢れていたからだ。

「妊娠させて、すまなかった」と謝るパックに、「後悔していない」とクインは答え、2人はキスをする。そのキスでパックは自信をすっかり取り戻し(笑)、チリの再追試を受ける。すると、なんと結果はCマイナス!これで卒業できる!!

パックはすぐさま卒業式のガウンを着て、ニュー・ディレクションズのみんなと合流し、フィンと「Glory Days」を歌いながら、卒業証書を貰う!これで高校卒業だ!!

さて。レイチェルは卒業後にフィンと結婚し、一緒にNYへ行く予定だ。レイチェルとカートはNYADAへ、フィンはアクターズ・スタジオ(俳優の学校)へ進学希望。NYADAとアクターズ・スタジオからの合否結果の通知がとうとう発送され、3人で一緒に開ける約束する。

そしていよいよ通知が届いた。3人は音楽室に集まり、最初にフィンが確認すると、「不合格」。そして次のカートもまさかの「不合格」。最後のレイチェルはなんと「合格」!その結果に戸惑う3人…。

レイチェルは今までブロードウェイという夢。その夢だけを一心に追ってきた。しかし今は違う。フィンと一緒じゃないと嫌だし、カートがいないのも寂しい。そこで悩んだあげく、NYADA入学を1年伸ばしてオハイオ州に留まり、2人が合格するように手助けすることに決める。ただ当初の予定通りに結婚式はあげることに。

そして迎えた結婚式当日。レイチェルを迎えに来たフィンは、緊張している面持ち。そして式場へ到着!…と思いきや、なんとそこは駅!

フィンはレイチェルに「このまま列車でNYへ行くべきだ。君の足かせにはなりたくない」と告げる。泣き出し、嫌がるレイチェル。「僕だって辛い。でも君の才能に確信しているから、このままNYへ行くべきだ」と。

そしてフィンは軍隊へ行くことに決めたことを告げる。フィンの父は、火の中から仲間を救いだした英雄だ。だが、薬のせいで除隊処分になっていた。だからフィンは父の名誉をどうしても挽回したくて、軍隊に入隊することを決めたのだ!

これはフィンにとっても、辛い決断。お互い愛し合っているから、離れたくない。でもレイチェルのの夢を邪魔したくないし、フィンも軍へ入隊する。だから今は離れるのがお互いにとって、最善なはず。だから、だ。

レイチェルはフィンの気持ちを受け入れ、「Roots Before Branches」を歌いながら、駅でニュー・ディレクションズのみんなとフィンに見送られながら、電車に乗り込み、1人NYへ旅立つ。

スポンサーリンク

 

ここで他の卒業メンバー。メルセデスはサムがネットに投稿した動画がプロデューサーの目にとまり、なんとCDの契約となった!卒業後はロスへ行く予定だ。

またマイクは、シカゴのバレエ団から奨学金まで貰えることに!!

着実に自分の夢に向かっている2人にサンタナは祝福するが、内心面白くない。サンタナはルイビア大のチア部に合格していて、奨学金も貰えることになっている。だが、恋人のブリトニーは留年だし、メルセデスと同じように”才能”があるのに、サンタナ1人だけがケンタッキー州というのも納得できない。

”大学へ進学せず、NYへ行きたい”。

そう思うようになり、母に相談すると、「大学に進学してほしい。その為に、貯金もしたのよ」と大金を渡される。「だけど、このお金でNYへ行っても良いわ。あなたの才能を信じている。自分で選びなさい。それが大人の一歩よ」とも。果たして、サンタナはどうする?

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第22話(最終話)で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Sit Down, You’re Rocking The Boat カート,レイチェル,アーティー,ティナ,メルセデス × ミュージカル『Guys and Dolls』
Forever Young ウィル Rod Stewart
Single Ladies (Put A Ring On It) × Beyonce
I’ll Remember カート Madonna
You Get What You Give ニュー・デレクションズ卒業メンバー(フィン,レイチェル,メルセデス,クイン,サンタナ,カート,マイク,パック) New Radicals
In My Life 下級生メンバー(アーティー,ティナ,ブレイン,ジョー,ローリー,シュガー,サム) The Beatles
Glory Days パック,フィン Bruce Springsteen
Roots Before Branches レイチェル,フィン Room For Two

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第22話の感想

今回はなんといっても、フィンの決断に驚いた!まさかレイチェルの為に別れて、NYへ旅立たせ、更に軍隊へ入隊とは!!”結婚する!”と言っていた頃とは全く違う選択。でも相手のことを想い、そして自分で悩んで出した結論。こういうのって、本当に難しいわ~。

そしてカートも、まさかの不合格!私としては、歌詞を忘れる大失敗をしたレイチェルが合格で、オーディションで高評価だったカートが不合格なのは、なんか変!でもまぁ、シーズン4でカートが不合格だった理由がわかるんだけどね。しかも納得できちゃう理由がね。σ(´┰`=)

さて、今回のgleeシーズン3は、”夢と現実”というテーマもあった。マイクは父の猛反対を押し切って、ダンススクールへ進学することを決めたし、メルセデスもCDデビューの夢はあるけど、実現方法がわからず悩んでいたし。サンタナは今も模索中だし。カートだって、不合格だからどうなるか。

そしてシーズン4は、レイチェルが過ごすNYとマッキンリー高校のニュー・デレクションズと2つに分かれます。ニュー・デレクションズには新メンバーが加わって、一気に雰囲気変わるよ。高校生らしい恋の3角関係もあるよ( ´艸`)

またNYでは、レイチェルは環境がガラリと変わるし、フィンともいろいろと。これがまた先が読めない展開で面白い!私はレイチェルいじめるダンス講師カサンドラが好き。やっぱりレイチェルはレイチェルのまま、ムカつくままだからね(笑)さぁ、そんな新展開が繰り広げられるシーズン4も一緒に楽しみましょーo(^∀^)o タノシイ♪!

glee シーズン4 第1話「舞台はニューヨークへ!」(The New Rachel)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ