glee シーズン3 第20話 「入れ替わり」(Props)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン3 第20話 「入れ替わり」のあらすじ

NYADAのオーディションに失敗し、落ち込んでいたレイチェル。サンタナとクインの計らいで、プロムクイーンとなったこともあり、自分に自信を取り戻し、なんとかNYADAに入学したいと、「I Won’t Give Up」を歌いながら、審査員のカルメンに全国大会の招待状を送ったり、電話やメールでアタック開始!!

さて。もうすぐ全国大会!あと1週間で大会だが、ティナは相変わらずレイチェルが主役なのにうんざり。ティナは初期メンバー(アーティー,レイチェル,メルセデス,カート)なのに、ソロはもらえない上に、今でも雑用扱いで、今回も衣装係だ。そしてとうとう不満が爆発し、部室を出て行ってしまう。

「全国大会が私の最後のチャンスなの」と、追いかけてきたレイチェルは自分勝手な発言しかせず、あまつには「50ドルあげるから、全国大会までは我慢して」と言われる。

更に恋人のマイクにまで、レイチェルのようにソロを歌いたいことが、「自己中だ」と言われる。「君には来年があるし、レイチェルは特別なんだ」とのこと。

怒りながらも、衣装係としてみんなの衣装用の生地を買うティナ。しかしマイクとメールでケンカ中、つまづいて噴水に落ちて、頭を打ってしまう。たまたま近くにいたカートとブレインに助けられるが、目覚めるとなんとティナはレイチェルと入れ替わっていた!!

しかもみんなも入れ替わっていた。パックとブレイン、フィンとカート、アーティーとサンタナ、ブリトニーとメルセデス、ウィルとスー、マイクとジョー、サムとローリー、クインとシュガー!

そしてみんなから全国大会でのプレッシャーをかけられつつ、歌を歌うように言われ、ティナはレイチェルとして「Because You Loved Me」を歌う。

歌い終わり、みんなから拍手を浴びる。ティナは、こんな喝采を浴びたかったのだ!!そしてレイチェルとして、ティナは話しかける。「いつも衣装やダンスで盛り上げてくれてありがとう」と。

「そう言ってもらいたかった」とティナ役のレイチェルがツブヤクのと同時に、ティナは目を覚ます。すると、いつも通りのブレインとカートの顔が。そう、不思議な夢から覚めたのだ。

そしてティナは、1人歌の練習をしているレイチェルに話しかける。「カルメンとは連絡とれた?」。しかしレイチェルは「メールも電話も、全て無視されている」と落ち込んだ顔。そんなレイチェルに「直接会いに行けば?今なら近くにいるし、車で送るよ」。

実はこれはさっきの不思議な夢で、ティナ役のレイチェルが、レイチェル役のティナに贈った言葉だった。

レイチェルは喜び、「今まで脇役扱いしていたのに」と謝罪。そして「来年はあなたがソロよ」と言ってハグし、車でカルメンの元へLet’s Go!!

ようやくカルメンに会えたレイチェル。だがレイチェルを一目見たカルメンは、うんざり顔。「あなたのせいで、他の生徒を見る時間が減ってしまう。あなたはそんなに特別なの?」と言われ、言葉に詰まるレイチェル。そこにティナが「確かにレイチェルは人をイラつかせるし、私も嫌いだった。でも彼女は特別です」と擁護する。

そしてレイチェルは全国大会に来てほしいと再度懇願し、「あなたも4回、受けています。私は来年もNYADAを受験します。入学できるまで、ずっと。何度でも!」と意気込みを訴える。

スポンサーリンク

 

さて。全国大会でのライバルは、なんといってもボーカル・アドレナリン。メルセデスとカートが応援したこともあって、ウェイドは女装してユニークとして歌ったことが、まさかの高評価!コーチのジェシーの評判まで急上昇(反対していたくせに)。もちろん全国大会でもボーカルはユニークで、周りが完璧なダンスという定番スタイル!

そこでなんとしてもニュー・ディレクションズに優勝してほしいスー(優勝しないとチア部をロズにとられる)。歌やダンスではなく、小道具にこだわりまくり、ユニークの二番煎じとしてカートを”女装”させようとする!

カートは拒否しているのに、スーは再三しつこく迫る。「チームの為に必要だ」と言っていたら、なんとパックが「優勝するために必要だろ」と、女装して現れた!

女装パック

それがまぁ、何とも似合ってなくて、気持ち悪い。さすがのスーもそれを認めるほど。そしてウィルが、小道具にも女装にも反対し、歌とダンスで勝負することに!!

そしてレイチェルとティナが歌う「Flashdance… What A Feeling」をバックに、全国大会へGo!!

さて、ここで地理の試験に落第し、留年決定のパック。高校を卒業したかったのにできず、パックはひねくれていた。実はさっき女装したのを見られていたこともあって、そんなパックにイジメっ子リックがつっかかる!リックは大学でもホッケーすることを自慢し、更に蒸発中の父親のことまで言い、パックを挑発し、ケンカまで勃発!!

すると、負けてゴミ箱に放り込まれたパックが、ナイフを取り出した!そんな姿を見たビーストが、直ぐに仲裁をするが(※ナイフはニセモノ)。

そしてパックはビーストに「何をやってもうまくいかない。絶望的な気持ちになる」と本音を語り、泣き出す。ビーストはハグし、「お前も私もタフそうに見られるが、実はそうじゃないよな…」と言い、慰める。

実はこの頃ビーストも悩んでいた。夫クータ―からDVを受け、でもそれを許して再度チャンスをあげたのに、その後も罵声を浴びせられているのだ。クータ―を信じたのに…。

パックの本音を聞いたビーストは家に帰り、クータ―に「毎晩ナイフを枕の下に置いて、寝ている」と正直に告白し、別れを告げる。その途端に暴力的になるクータ―が「お前が俺を憎んでいる以上に、俺は自分が憎い」と言うと、「私は憎いんじゃない。愛しているから辛いんだ」と告げ、そしてビーストは家を出る。

講堂で一人「Mean」を歌っているパックのところに、ビーストが現れ、一緒に歌う。

「地理の先生に再追試をお願いした。来週だから、しっかり勉強するように。私が教えるよ」とビーストが告げる。驚くパックに、「どうしてそこまで?」と聞かれて、「それはお前が私を助けてくれたからだ」と答える。「それにみんなの為に女装までした。だからだ」とも。

この追試に受かれば、パックは無事卒業できる!さて、どうなる?

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第20話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
I Won’t Give Up レイチェル Jason Mraz
Because You Loved Me ティナ Celine Dion
Mean パック,ビースト Taylor Swift
Flashdance… What A Feeling ティナ,レイチェル Irene Cara

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第20話の感想

今回はなんといっても、gleeメンバーが入れ替わっている「Because You Loved Me」が面白くて、好き。笑ってしまう。でも個人的にブレイン役のパックと、カート役のフィンが、いちゃついているのが、気持ち悪い(笑)。

それにしてもティナって歌も上手だし、踊りも上手!でも、なんか目立たないんだよね~。踊りだとピカイチのブリトニーがいるし、歌だとピカイチのレイチェルとメルセデスがいるからかな?

歌と踊りというククリでは、サンタナとクインも上手だし、更に2人はスタイルがバッチリすぎちゃうから、目立っちゃうのかな?でもまぁ、サンタナの場合は毒舌キャラだからか(笑)

今回は、パックとビーストの「Mean」が良いな~。パックやビーストの抱えている悩み。それを歌で慰めあっているのが、好き。ビーストも新しい一歩を歩みだしたし、パックも卒業のチャンスできたし、よかった~。さぁ、次は全国大会だ!!

次話glee シーズン3 第21話 「夢の全国制覇!?」(Nationals)のあらすじと曲リストはコチラ


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ