glee シーズン3 第2話「運命のオーディション」(I Am Unicorn)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン3 第2話「運命のオーディション」のあらすじ

カートとレイチェルは、高校卒業後にNYADAを目指すことに!だが、そこは人気が高い。そこで願書にアピールできるよう、カートは学年委員長に立候補することに!

選挙活動用のポスター作成を、ブリトニーが手伝ってくれることになった。しかし彼女の提案は全面ピンク色で、カートをユニコーンに見立てていて(特別な存在ということ)、”ゲイ”を前面に押し出しているような感じ。

カートは白黒基調とした、まぁ、モダンなポスターをイメージしていたので、ブリトニーのポスターに不満。しかもそのポスターを、勝手にブリトニーが廊下に貼っていたことで、つい口論となってしまう。ブリトニーはショックを受け、サンタナに慰められる。

今年こそ、全国大会優勝を目指すニュー・ディレクションズ!昨年ボーカル・アドレナリンは2位と全国優勝を逃したことで、コーチのグルーズビーは解雇され、コーチ探しに難航している状況。だから、こちらにも優勝するチャンスはある!

今年はウィル指導で、ダンスレッスンを強化することに!メンバーはダンスが苦手なフィン、パック、カート、メルセデス。講師補佐はマイク。そこに、みんなと仲良くなりたいから、とダルトン高校から転入してきたブレインも参加することに。

ウィルはダンスレッスンに集中するので、今度開催する『ウエスト・サイド物語』のショーの監督は兼任できない。そこで代わりにエマとビーストがしてくれることになった。更に、ウィル推薦でアーティーも加わる。そして早速、3人が審査員となって、ショーのオーディションを開催する!

その頃、ウィルの元へ驚く人が現れる。それは、コークラン!!なんと非常勤講師となって、戻ってきたのだ。彼女を雇ったのは、金持ちのモッタ氏。

娘のシュガーはニュー・ディレクションズの入部を断られるほど、オンチだが、娘の才能を信じているモッタ氏が、多額の寄付と引き換えに、シュガー用のグリークラブを創設させ、そのコーチとして雇ったのだった。尚、コークランはレイチェルの実母であり、クインとパックの子供・ベスの養母

早速コークランは、レイチェルに会いに行く。すると、ショー主役マリアのオーディションの練習をしていた。レイチェルは、コークランに会って動揺するが、それでも「Somewhere」を歌うことをアドバイスされる。

オーディションでも、この歌を見事に歌いきるレイチェル。アーティーたちからも拍手喝采!だが、同じく主役に立候補しているメルセデスを見てから、決めることに。

そしてカートも主役のトニーを希望し、「I’m The Greatest Star」を見事に歌う!

パフォーマンスは上手い!しかしトニーは元不良グループのリーダー。カートでは、声も、姿も、女すぎて、どうしても向いてない…。

そんなアーティーたちの評価を盗み聞きしたカート。レイチェルに手伝ってもらい、ロミオとジュリエットの演技を2人ですることに!これはカートも、”男らしい役ができる”というアピールである。

しかし、無理して男らしく歌うカートに、何度かアーティーやビーストは笑ってしまう。そして終いには、キス寸前でレイチェルまで!さすがにショックを受け、カートは立ち去ってしまう。

珍しく父・ビーストの車の修理工場へやってきたカート。バートに既存の作品では、”自分にあう役がない”と愚痴をこぼす。しかしバートからは、「お前は見るからにゲイだ。でも、それがお前だし、今までの映画や舞台に自分に合う役がないなら、自分で作ればいい」と励ます。

「ユニコーンはもう嫌だ」とカートは反論するが、「角のないユニコーンは、ただの馬だ」と諭す。

カートは自分らしさに気が付き、ブリトニーが作ってくれたポスターを学校に貼り、ブリトニーにも謝り、再度ポスター作りの手伝いを願う。しかしブリトニーは謝罪は受け入れてくれたが、ポスター手作りはできない。それもなんとブリトニーも学年委員長に立候補するからの返事。尚、「私もユニコーンだから」とのこと。

さて。当初トニー役を希望していたブレイン。だが、恋人のカートも同じ役を狙っているから、「僕は3年生だし、最上級生がトニー役をやるべきだ」と遠慮して、「ベルナルド役にする」とまで、カートに言ってしまう。

そしてオーディションで、「Something’s Coming 」を熱唱するブレイン。

このパフォーマンスに、アーティーたち3人とも拍手喝采!ブレインは声も姿も男らしく、トニー役にぴったりだ。しかしブレインはカートと約束通り、ベルナルド役を希望。アーティーたちから「トニー役はどう?」と薦められ、戸惑いながらも遠慮する。そしてその姿を、カートは寂しそうに遠くから見つめる…。

スポンサーリンク

 

ここで今回コークランが戻ったのは、クインとパックにベスに関わってもらうため。自分がレイチェルとかかわれなかったことを後悔したので、同じ思いをしてほしくないからだ。

だが、クインはすっかり不良になってしまっていた。

不良のクイン

「ちゃんとした人になるまでは、ベスに会わせられない。会いたかったら、立ち直りなさい」とクインを諭す。

この頃、コークランの家に、パックがいきなり押しかける。「(いきなり来るのは)迷惑だ」と伝えるが、ちょうどベスが起きたので、パックとベスの親子のご対面。ベスは、クイン似の可愛い女の子に成長していた。

パックは再度クインを説得するが、相変わらずのクイン。だが、コークランに再度説得され、更にパックとベスの写真を見せてもらい、思わず涙ぐむ。

そしてダンスレッスンをしているウィルたちの元へ、突如現れたクイン。その姿は、以前のクインだった!!そして「体がなまっているから」とダンスレッスンに加わる。

「戻ったんだな」と喜ぶパックに、「決めたの。何があろうと、ベスの親権を取り戻す」と、クインは宣言する!!

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第2話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Somewhere レイチェル,コークラン ミュージカル『West Side Story』
I’m The Greatest Star カート ミュージカル『Funny Girl』
Something’s Coming ブレイン ミュージカル『West Side Story』

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第2話の感想

今回突き刺さったのは、コークランの言葉。
「あなたは母親じゃない。私が母親」とクインが反論したときの、「違う。母親は子供の為に、自分を犠牲にできる人」という、この言葉。

確かにそうだなー、って思う。子供にしてみれば、産んでくれた母親よりも、育ててくれた人。いつも傍にいてくれる人、それが母親だなー。って。そして一緒にいるってことは、自分を犠牲にしないといけないことって、いっぱいあるから(今2歳の娘を子育て中なんで、実感)。

だから、あの頃も今も、クインやパックには、ベスを育てるのは難しかったから、養子でよかったと思う。そしてコークランが養母だから、よかったともね。

そしてようやく”ベスの為に”と、壁を乗り越えたクイン。相変わらず、すごい変身(笑)。やっぱりクインは、清楚なお嬢様スタイルが似合う。でも、これからベスの親権を取り戻すって!?どうなる?

またカート。カートが演じられる役って、どうしても限られちゃうから、ブレインがうらやましいのは、分かる。でも、ブレインもカートも、どうする?

次話glee シーズン3 第3話「Aマイナスは落第点」(Asian F)のあらすじと曲リストはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ