glee シーズン3 第13話 「バレンタイン・パーティー!」(Heart)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン3 第13話 「バレンタイン・パーティー!」のあらすじ

もうすぐ州大会!だが、相変わらず遠征費が足りない。ウィルは懲りもせず、もうすぐバレンタインだから”歌を歌って、部費を集めよう”と提案。これにニュー・ディレクションズのみんなは、大反対!過去にそれで何度も、食べ物を投げつけられたりしているからだ。

すると、お金持ちシュガーが、お金をポンと寄付。渋るウィルに、みんなは有無を言わさない視線を送って、これでなんとか部費問題は解決(笑)。

シュガーは、みんなからお礼の拍手を浴びる中、バレンタインパーティーを開催することとパーティーにみんなを招待することを発表!ただしパーティーはカップル限定で、シュガーも相手を募集中とのこと。

ってことで、アーティーとローリーがシュガーを巡り、マイクとティナが歌う「L-O-V-E」をバックに、対決スタート!

ローリーに軍配が上がりそうになったが、今度はアーティーが男性メンバーと共に「Let Me Love You」を歌って、巻き返し!今度はアーティーに軍配が上がるか!?

その後、なんだか元気がないローリー。なんとビザの延長を頼んだのに却下されてしまい、今学期でアイルランドに帰ることになってしまったのだ(※ローリーはアイルランドからの留学生)!

家族と会えるのは嬉しいが、みんなと会えなくなるのは寂しい。そんな想いを込めて、「Home」を歌う。

シュガーはローリーに同情して、結局バレンタインパーティーはローリーと行くことに!!

ここでメルセデスがリーダーの神様隊に、クインも復活!ただ他の部員は、サムのみ。だがそこに新入部員として、ドレッド頭のジョーが入部してきた!ジョーは今まで学校に通わず、自宅での通信教育のみで、今回が初めての学校生活。そして裸足が好きというクリスチャンだ。

神様隊の今回の議題はバレンタイン。そこでグリークラブでは却下された”歌のプレゼント”をして、10ドルもらって、そのお金を寄付することに!

最初の依頼はフィン。相手は婚約中のレイチェル!「Stereo Hearts」を歌う。

だが、歌い終わった後に、サンタナからブリトニーへのラブソングを依頼されて、ジョーは困惑する。なぜなら基本、クリスチャンは同性愛に反対だからだ。そこで神様隊グループで話し合うことに。ちなみにメルセデス、サム、クインは歌うことに賛成で、ジョーだけが戸惑ったまま。

でもサンタナがこうしたのは、学校内でサンタナがブリトニーと軽いキスをしていたら、校長から説教をくらったのが原因だ。もっと激しいキスをしているフィンとレイチェルに、苦情が来ないのに、自分たちだけ苦情を言われるのはおかしいと訴えると、その理由が”宗教上”(同性愛禁止)と言われ、腹を立てていたからだ。さて。ジョーの出す結論は?

さて、ここでフィンと婚約したレイチェル。クイン、カート、メルセデスに相談はしていたが、他の人にも両親にも内緒にしていた。しかし講堂に呼び出され、行ってみると、そこにはいるのはレイチェルのパパたち!!(※レイチェルはゲイパパのみで、コークランが代理母)

怒られるかと思いきや、なんとパパ達はレイチェルの婚約を祝福し、フィンと、フィンの両親をバレンタインのディナーに招待してきた!!

そしてレイチェルとフィンは、ニュー・ディレクションズのみんなにも、婚約を発表!「学校を卒業する頃に結婚式を開くから、みんなに来て欲しい」と伝えると、みんなは微妙な雰囲気。クイン、カートはもともと反対していた。ティナだけは賛成だが、他のみんなは戸惑っている。

「結婚に反対の人は結婚式には来ないでもいい。でも、みんなには来て欲しい」とレイチェルは訴えるが。

そんな中、ディナー当日を迎えた。ディナーが終わると、なんとゲイパパから驚きの提案が。今夜このまま家に泊まるように言われたのだ!しかもキャロルから、フィンはお泊りグッズを手渡される。戸惑いながらも、2人はレイチェルの部屋へ。

レイチェルが肌の手入れをしていると、フィンが「トイレを使いたい」とのこと。だが、レイチェルはこれに「ムードがない」と反対し、とうとう喧嘩に発展!

そんなフィンとレイチェルの声を聞きながら、ゲイパパ達は喜んでいた。実はこれが、パパ達の真の計画。結婚はまだ早い。でも反対すれば、レイチェルが反抗しかねないから、祝福するふりして、結婚を延期させるつもりなのだ!

しかしパパ達の期待もむなしく、2人はキスで仲直りし、更にはお互いの生活習慣に慣れるためにも、結婚式を6月に早めるとまで言い出してしまった!!そしてそのままシュガー主催のバレンタインパーティーへ。

そしてパーティーがスタート!そしてパーティーは盛り上がる!すると、神様隊はサンタナからブリトニーへのラブソングとして、「Cherish / Cherish」を披露。ジョーも、「いろいろな愛の形があるから」とのこと。

スポンサーリンク

 

またここで、バレンタインパーティーの少し前から、カートのもとに毎日プレゼントが届いていた。「大ケガで大変なのに、ブレインはロマンチスト」とカートは大喜び!!そしてバレンタインを一緒に過ごすことに!

バレンタインパーティー当日。パーティー会場に早く到着するカートだが、そこに現れたのは、なんとカロフスキー!カートをイジメまくり、転校にまでおいやった、あのカロフスキーだ。しかもカートに愛の告白まで!

「ブレインがいるし、友達としてしか見れない」とカートが拒否すると、カロフスキーは落ち込んで、店を出て行こうとする。だが、その時に友達に声をかけられる。なんとカートと一緒にいるところを見られていたのだ!友達には「昔の学校の友人だ」と、言い訳するが…。

カートにとって、このパーティーは微妙な雰囲気のまま始まったが、嬉しいことも。なんと失明の危機にあったブレインが、途中で登場したのだ。もちろん両目も無事で、元気な姿!そして「Love Shack」をノリノリで披露!

ここで、元彼サムが気になるメルセデスは、とうとう恋人シェーンに別れを告げる。これでサムと付き合うか!?と思いきや、シェーンを深く傷つけてしまった申し訳なさで、サムのことは好きだけど、暫く誰とも付き合わないことに。そしてサムを想い、「I Will Always Love You」を歌う。これからどうなる?

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第13話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
L-O-V-E マイク,ティナ Nat King Cole
Let Me Love You アーティー,(フィン,パック,マイク,サム,カート) Mario
Stereo Hearts ジョー,サム,メルセデス,クイン Gym Class Heroes (feat. Adam Levine)
Home ローリー Michael Buble
I Will Always Love You メルセデス Whitney Houston
Cherish / Cherish ジョー,サム,メルセデス,クイン The Association / Madonna
Love Shack ブレイン,カート,メルセデス,レイチェル,ブリトニー The B-52’s

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第13話の感想

いよいよジョーが登場!!やったー!(^^)!それにしても、相変わらず、グリーは、すごいキャラ設定だ(笑)。それにしても、久々に聞いたけど、ジョーっていい声!

前にも書いたけど、ジョーとローリーはグリーオーディションでW優勝したことで、加わったメンバー。ちなみに準優勝がハーモニーとユニークね。まぁ、次のシーズン4以降はユニークだけが、目立っていたけどね。

そしてなぜか私の中で、ジョーって4人の中で一番印象が残ってないんだよねー。ローリー好きだからしっかり覚えているし、ユニークもすごいキャラだし、ハーモニーはインパクト強烈だったし(笑)。でもジョーって、踊りも上手いし、歌も上手いし、いい体なんだよね( *´艸`)…それで、何で印象薄いんだろ?

それにしても、今回のローリーの「Home」も良いなー。ローリーって、やっぱりなんかこう、ちょっと切ない曲が合う。深みのある声しているんだよね~。ただ残念なことに、どれも似たような感じになっちゃうけど。

また今回メルセデスの「I Will Always Love You」良いな~。シェーンを傷つけちゃったから、恋がわからなくなって、サムとは付き合わないという結論。だから、この歌で切なくて、でも良い。

あと、最後になっちゃったけど、ブレイン復活!!いや~。よかった、よかったヽ(´▽`)/

次話glee シーズン3 第14話 「それぞれの転機」(On My Way)のあらすじと曲リストはこちら

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ