glee シーズン3 第10話 「プロポーズ大作戦」(Yes/No)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン3 第10話 「プロポーズ大作戦」(Yes/No)のあらすじ

エマはウィルとの結婚を望んでいるけど、ウィルは一度テリとの結婚に失敗していることもあって、慎重。なかなか進展していない。だが、エマ達よりも後に付き合いだしたビーストが、クーターを結婚したと聞いて、羨ましくなってしまう。

スーはクーターと付き合っていたこともあって、これにショックを受けつつ、それでもビーストを祝福。更にエマには「結婚したければ、自分から申し込みな」とアドバイスまで。エマは「Wedding Bell Blues」を歌う。

エマは想像していただけだと思っていたのに、実際はみんなの前で「結婚して」とウィルに言っていた!!驚いて、思わずその場を立ち去る。

ウィルはエマの気持ちを知って、プロポーズをしようと、ニュー・ディレクションズのみんなに選曲と協力を頼む。よって、今週の課題はプロポーズにぴったりの曲を選ぶことに!!

アーティーは、ウィルに踊りでエマをメロメロにすることを提案し、ウィルとマイクの踊りをバックに、「Moves Like Jagger / Jumpin’ Jack Flash」を歌う。

その後、女子メンバーのサンタナ、メルセデス、ティナ、レイチェルが、プロポーズの曲選びのために、ウィルにエマとの始めて会ったときのことをインタビュー。その時のエマの笑顔を思い出したウィルの答えは、「忘れられないよ」。

そこで女子チームは、「The First Time Ever I Saw Your Face」を歌う。それぞれの恋人に初めて会った時ののことを思い出しながら。

着々とプロポーズの準備をするウィルだが、思わぬ障壁が。プロポーズをする前に、エマの両親に了解を得ようとしたら、なんと断られてしまったのだ!!

結婚生活もだが、将来子供が出来たとき、超潔癖性のエマには耐えられないんじゃないか?とのこと。その両親の指摘に、ウィルは不安になってしまう。

その後、エマが結婚について切り出してきた時、ウィルは”潔癖性”のことを心配していることを正直に伝える。ショックを受けるエマだが、「薬も飲んでいるし、病気を治す努力もしている。それに一生あなたを愛する。だから…」。その答えに、ウィルは悩む。そしてウィルの結論は出た!

学校の自分の部屋で、”一生独女でいる”というパンフレットを並べているエマ。そんなエマを、ウィルは廊下へ誘い出す。するとそこには、白い花を一輪手渡してくれる生徒、ビースト、スーが。花を受け取りながら、そのまま歩くと、プールサイドに。

そこでは「We Found Love」をバックに、シンクロ部と一緒に踊るニュー・ディレクションズのみんなが!!

歌の最中に白いタキシード姿のウィルが現れ、「大変なことはあるけど、2人で乗り越えていこう」と、エマにプロポーズ!!そしてエマの答えはもちろん「Yes」。お幸せに!!

スポンサーリンク

 

そしてそんな中、他のメンバーの恋も進展していた。メルセデスとサムは夏の間、付き合っていた(※シーズン2の終わり頃)。そんな頃を思い出し、「Summer Nights」を歌う。

だが、サムが転校したことで、2人の恋は既に終わっている。が、サムが再び転校したことで、2人は再会。メルセデスには新しい彼氏シェーンがいるが、サムはまだ諦めておらず、アタック中。

サムはメルセデスの気をひくために、部活に入ろうとするが、学期が途中だったこともあって、入部できたのはなんとシンクロ部のみ!しかも入部したら、周りから、からかわれてしまう。

だが、ウィルのプロポーズ作戦で、「The First Time Ever I Saw Your Face」を歌っているときのこと。メルセデスの頭の中に浮かんできたのは、シェーンではなく、サムだった!

動揺するメルセデスに、「まだ心のどこかに彼が残っているんじゃないの?」と、レイチェルたちはアドバイスする。サムとメルセデスの恋の行方は?

さて。ここで高校4年生のフィンは、将来を悩んでいた。最初はアメフトで大学の推薦をもらおうとしていたが、スカウトマンのクーターから声はかからず、諦めて、別の道を探すことに。そしてフィンの出した答えが、「陸軍」だった!

フィンの父は、フィンが小さい時に亡くなっている。国のためにイラクで戦死していて、幼い頃からフィンにとって、父は英雄だ!!だから、父のように立派になりたい。父と同じ道を歩きたい!そう考えたのだ。

だが、その話をウィルから聞いたキャロル(フィンの母)から、衝撃な話を聞かされる。なんとフィンの父はイラク戦争で、何かは分からないが何かがあり、”薬物依存性”となってしまい、それで不名誉除隊となっていたのだ。

しかも帰国後も依存性を克服できず、それが原因で亡くなっていた。さすがに本当のことをフィンに話せずに、ここまでにきたのだが…。

その話に傷つき、落ち込むフィン。そんなフィンに、レイチェルは”あなたが大切”という歌詞の「Without You」を贈る。

そして最後。エマへのプロポーズを見ていたフィンは、なんとレイチェルに指輪を差し出し、プロポーズ!!さて。レイチェルの答えは??

スポンサーリンク

 

glee シーズン3 第10話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Summer Nights メルセデス,サム,ニュー・ディレクションズ 映画『Grease』
Wedding Bell Blues エマ,(ビースト,スー) The 5th Dimension
Moves Like Jagger / Jumpin’ Jack Flash アーティー,(フィン,パック,ブレイン) マルーン5 (feat. Christina Aguilera)/ The Rolling Stones
The First Time Ever I Saw Your Face サンタナ,メルセデス,ティナ,レイチェル Roberta Flack
Without You レイチェル David Guetta (feat. Usher)
We Found Love レイチェル,サンタナ,ニュー・ディレクションズ Rihanna (feat. Calvin Harris)

glee シーズン3で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン3 第10話の感想

今回の話は結構好きだし、何といっても「We Found Love」が大好き!!レイチェルとサンタナの歌もいいけど、この演出がもう最高!!プールでこんな斬新な踊り、本当に楽しい~。個人的には最初みんなが元気にプールに飛び込むのに、アーティーだけ落っこちるところと、ウィルがスーツ姿で飛び込むところが好き(笑)

またエマの「Wedding Bell Blues」は、バックのスーとビーストが笑える。それに久々のエマ先生の歌。声量はないけど、声がやっぱりキレイ~

また「Summer Nights」もこんな歌があるのかと、ちょっとびっくり。斬新で、楽しくて、良い!

でもやっぱりビックしたのは、まさかのフィンのプロポーズ!!しかも相手が、あのうざいレイチェル(笑)。歌は上手いけど、性格悪いのに。う~ん、フィンよ。なぜレイチェルなのだ?

ただレイチェルは将来ブロードウェイで活躍するという夢があって、それを必死に追っている。そんなレイチェルの答えは??

次話glee シーズン3 第11話 「マイケル争奪戦」(Michael)のあらすじと曲リストはこちら


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ