glee シーズン2 第22話「夢のニューヨーク」(NEW YORK)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン2 第22話「夢のニューヨーク」(NEW YORK)のあらすじ

ついに全国大会だ!!

NYへついに来たことで、浮かれるニュー・ディレクションズのみんな。全国大会もオリジナルソングで勝負するので、曲を作らないといけない。そこでウィルは曲ができるまでは、ホテルにいるように厳命。

だが、ホテルで缶詰状態だと、なかなか曲ができない。できたのは、「My Cup」というダサイ曲だけ。

そこでウィルの命令を無視し、クインの提案でみんなで外へ出かけることに!「I Love New York / New York, New York」を歌いながら、みんな大はしゃぎ!

さて。ホテルで曲作り中の男子メンバー(※男女で部屋は別)。そこで「大会ではレイチェルとデュエットする」とフィンが宣言すると、パックたちも賛成し、「そんなことより、早く口説け」のヤジが。戸惑うフィンに、「甘い映画のようなデートに誘え」とアドバイスが。

そこでフィンはレイチェルを誘い、”曲作りの為”と偽って、2人でセントラルパークを歩いたり、レストランへ行ったり、甘いデートする。

その帰り道、これで「セレナーデがあれば完璧ね」というと、なぜかパックたちが出てきて、「Bella Notte」を歌う(笑)。

最後にキスをしようとすると、なんとレイチェルから断られた!訳が分からず、途方に暮れるフィン。

翌朝カートに誘われ、レイチェルはティファニーで朝食を食べ、その時に悩みを打ち明ける。レイチェルは高校を卒業したら、ニューヨークへ来るのが夢だ。しかしフィンは都会が似合わない。きっと離れ離れになるだろうから、付き合うことに戸惑っていたのだ。

カートに誘われ、本物のブロードウェイのステージに忍び込み、そこで「For Good」を2人で歌う。

歌いながら、”愛か夢かを今選択することはない”と、レイチェルは気づく。

さて、その頃。ホテルでは、レイチェルが部屋から抜け出したことを、クインがウィルにチクろうとしていた。クインは、フィンに振られたことで、ヤケになり、全国大会なんてどうでもよくなっていたのだ。だが、これを止めたのが、サンタナとブリトニー。

「ティナもローレンも恋人いるのに、なんで私は一人なの?」と愚痴をこぼすクインに、「それでも乗り越えなきゃ」と2人がアドバイス。そして気分転換に、クインは髪を切ることに。

その頃ウィルは、自分も出演するエイプリル主演のブロードウェイの会場へ。憧れのステージに立ち、つい「Still Got Tonight」を歌う。

すると、ウィルの歌を聞いていた管理者から、「君は本物だ」と褒められる。

ちなみにウィルがブロードウェイで歌うことは、グリークラブのメンバーに内緒にしていた。全国大会が終わるまで、動揺させたくなかったのだ。

しかしホテルに戻ると、みんなが既に知っていた。ボーカル・アドレナリンコーチのグルーズビーの仕業だった!そして動揺するみんなに、ウィルは「行かない」と宣言し、みんなは安心して曲づくりに励む!!

スポンサーリンク

 

いよいよ全国大会スタート!女性アカペラグループが、「Yeah」 を歌う。

その次はボーカル・アドレナリンだ!しかしメインボーカルのサンシャインは、緊張でモノが食べれなくなり、出場停止を考えるほどにパニくっていた。

サンシャインは、レイチェルがその才能に嫉妬するほど歌が上手い。麻薬密売所の償いとして、レイチェルはサンシャインを励まし、その励ましもあって、サンシャインはステージ上で見事に「As Long as You’re There」を披露!圧巻のパフォーマンスだ!!

さて。いよいよニュー・ディレクションズの出番。その直前にフィンは、「今まではヨリを戻したがっていたくせに、なぜ拒むのか?」と尋ねると、「愛している。でもニューヨークへ行くという夢があるから」とレイチェルは正直に答える。

そしてフィン作詞の「Pretending」を、2人で歌う。

だが、最後に2人は気持ちが盛り上がりすぎて、ステージ上でキスをしてしまう。あまりのことに、歌が終わっても観客はシーンと静かになってしまった程。

さて。気を取り直し、次の曲は「Light Up the World」!!

そしていよいよ結果発表だ!上位10校までが発表され、みんなで確認へ行くが、なんとニュー・ディレクションズの名前はなかった…。結果は12位だったのだ(ボーカル・アドレナリンは2位)。

ニュー・ディレクションズのコンサルタントのジェシーから「あのキスのせいだ」と散々責められ、サンタナはキレまくる。そのせいか帰りの飛行機では、みんな静かだった。

だが、その事を地元に戻り、恋人のブレインに話すカートは楽しそうだった。大会で負けたのは悔しかったけど、ティファニーで朝食も食べれたし、ステージで歌えたから、楽しかったのだ。そしてこの1年は楽しかった、とも。

そしてサンタナはというと、大会の件で落ち込んでいたが、ブリトニーに「グリークラブは家族のようなものだよ」と励まされる。そして「私たちの関係は?」とサンタナが尋ねると、「愛しているよ。誰よりも」との答えが!

またフィンは、落ち込んでいた。みんなで努力してきたのに、あのキスで台無しにしてしまったからだ。だがレイチェルに励まされ、元気を取り戻す。そして「ニューヨークへ行くまでに、まだ1年もあるから」と、2人はキスをする。

今年はこれで終わり。さぁ、次はシーズン3だ!!

スポンサーリンク

 

glee シーズン2 第22話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
My Cup ブリトニー gleeオリジナルソング
I Love New York / New York, New York ニュー・ディレクションズ Madonna / Frank Sinatra
Still Got Tonight ウィル × Matthew Morrison
Bella Notte パック,サム,マイク,アーティー 映画『Lady and the Tramp』
For Good レイチェル,カート ミュージカル『Wicked』
Yeah 女性アカペラグループ Usher feat. Lil Jon & Ludacris
As Long as You’re There サンシャイン,ボーカル・アドレナリン gleeオリジナルソング
Pretending レイチェル,フィン gleeオリジナルソング
Light Up the World ニュー・ディレクションズ gleeオリジナルソング

glee シーズン2で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン2 最終話の感想

今回の「Pretending」後のキスには、ビックリ。全国大会でのステージ上だからね!またフィン&レイチェルのデュエットはうまいんだけど、な~んかイマイチ飽き気味。大会はほとんどこのデュエットだから。最初は好きだったんだけど、こうも毎回だと。

(シーズン2の第1話のサンシャインにした仕打ちでレイチェルが嫌いになったのもあるけどね)

だからか私は「Light Up the World」の方が好きだなー。楽しいし、ニュー・ディレクションズらしいし。

またサンシャインの「As Long as You’re There」大好き!やっぱり歌上手いし、周りのダンスもすごい!!

gleeのシーズン2は今話で終わり。シーズン2はシーズン1で人気が出た分、シーズン1に比べてキャストが豪華で楽しい。ホーリーとかカールとか、ブリトニー・スピアーズとかね!

シーズン3は個人的にちょっとマンネリ化していた気もするけど、でもレイチェルやフィン達が最後の年ということで、進路を悩むというテーマもあります。”夢”を追うか、どうするか?さぁ、シーズン3も一緒に楽しみましょー!

次話gleeシーズン3 第1話 「メンバーチェンジ」(The Purple Piano Project)のあらすじと曲リストはこちら


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ