glee シーズン2 第20話「夢のプロム・クイーン」(PROM QUEEN)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン2 第20話「夢のプロム・クイーン」(PROM QUEEN)のあらすじ

プロムまであと6日!

しかしプロムで円酢相するはずだったバンドが急にキャンセルとなってしまい、ニュー・ディレクションズが歌うことに!

全国大会まであと3週間なのでウィルも最初は断ろうとしたが、バンドに払うはずだった400ドルがもらえるし、校長から無理に頼まれたこともあって、引き受けることにしたのだ。

だがプロムは大事な行事。そこで交代で歌を歌うことに!

みんなはプロムを楽しみにしているが、メルセデスは1人落ち込んでいた。誰からも誘われず、相手がいないからだ。同じく相手がいないレイチェルは、1人でも行くつもりではだったが、名案を思いつく。

それはサムに頼んで、3人でいくこと!サムは父親が失業し、ホームレスという大変な状況なので、デート代がない。そこでレイチェルとメルセデスがその費用を貸すという条件で、サムからOKが!

さて。プロム用に歌う曲の感想を聞くために、レイチェルが映画部の前で「Rolling in the Deep」を歌い始めると、そこに現れたのはなんとジェシー!!

レイチェルと恋人だったのに、アッサリ裏切って、メチャクチャにレイチェルを傷つけたあのジェシーだ!!

ジェシーは大学を退学となり、グリークラブのコンサルタントとして再出発するためにこの街に戻ってきたのだ。「愛と引換えに全国大会4連覇を手に入れたが、間違いだった」とレイチェルに謝罪し、プロムへ一緒に行こうと誘う。

この噂を聞きつけたのが、フィン。レイチェルをふり、クインと付き合っているくせに、嫉妬したのだ。だが、「もう別れたんだし、どんなに辛くてもあなたとクインを応援したんだから、あなたも応援して」とレイチェルに言われる。

さて。ブリトニーに「バカ」と言ってしまいフラれてしまったアーティー。どうにか許してもらい、一緒にプロムへ行ってもらおうと、「Isn’t She Lovely?」を歌い、プロムへ誘う。

しかし「バカ呼ばわりされて傷ついたから、今回は1人で行って。私は他の人の彼氏と踊るから」と振られる。アーティーは1人で行くことに。

さて。いよいよ待ちに待ったプロムが始まる!最初は「Friday」!

次は、レイチェルが「Jar of Hearts」を、フィンを想いながら歌う。

カート共にプロムに来たブレイン(バックはティナとブリトニー)が、「I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How to Dance with You」を歌う。だが、この時に問題発生!

レイチェルといちゃつくジェシーにフィンが嫉妬し、「慎めよ」と注意すると、ジェシーからは「何をしようと関係ない。彼氏じゃないだろ。失せろ」と言い返される。

そに怒ったフィンが言い返し、とうとうジェシーと喧嘩にまで発展!それが見つかり、2人ともスーに追い出されてしまう。

そしてそのまま、ジュニアプロムキングとクイーンの発表へ。キングにはカロフスキー!そしてクイーンには、なんと立候補していないカートの名が!!

スポンサーリンク

 

ショックを受けて、会場を出ていくカート。追いかけるブレイン。

カートはマッキンリー高校へ戻ってから、いじめ撲滅隊(サンタナ&カロフスキー)に警護されていたこともあり、いじめにあっていなかった。だから、てっきり周りも”ゲイ”を受け入れてくれたと思っていたのだ。

でも違った。口や手を出さない代わりに、投票を利用しただけ。結局は変わらないのだ!

だが、カートはしばらくしてから、会場へ戻り、ティアラを受け取る決意をする!

実はブレインには、ダンスパーティーのちょっと前にゲイをカミングアウトし、パーティーの前にボコボコにされたという悲しい過去がある。その悪い過去を払拭するためにも今回一緒にプロムへ来たのだ。だからもあるし、それに”周りになんと言われようと負けない”というカートなりの意思表示でもある。

さて。同じようにショックなのが、(本命だったのに)落選したクイン。クインは、フィンとプロムカップルとして立候補していたが、ジェシーとの喧嘩でフィンが追い出されてしまい、相手を失ってしまったのだ。

クインの後を追いかけてきたレイチェルの頬をついぶって「あなたのせいよ。今もフィンがあなたを好きだから!」と言うが、すぐ我に返り、レイチェルに謝る。そして話し合い、2人は和解する。

またサンタナもショックを受けていた。(偽装)恋人であるカロフスキーがキングなのに、クイーンの座を逃したからだ!

追いかけてきたブリトニーから、「本当の自分を隠していたからだよ。そうでなければクイーンだよ」と励まされる。そしてカートを支えるためにも、一緒に会場へ戻ることに。

カートが会場へ戻ってきて、クイーンとしてティアラを見事に受け取る!その姿に会場中から、拍手が沸き起こる。

そして恒例であるキングとクイーンのダンスがスタート!曲はサンタナとメルセデスが歌う「Dancing Queen」。

カロフスキーは、カートに「カミングアウトするいい機会だよ」と言われるが、「無理だ」と言って、立ち去る。

舞台にひとり取り残されてしまったカート。だが直ぐに「すみません」と声がし、振り返るとブレインから「踊ってもらますか?」と。カートは笑顔で「喜んで」と答え、2人が踊り始める。そしてみんなも踊り、大盛り上がりでプロムが終わる。

スポンサーリンク

 

glee シーズン2 第20話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Rolling in the Deep レイチェル,ジェシー ADELE
Isn’t She Lovely? アーティー,サム,パック,フィン,マイク スティーヴィー・ワンダー
Friday アーティー,サム,パック Rebecca Black
Jar of Hearts レイチェル クリスティーナ・ペリー
I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend How to Dance with You ブレイン,ティナ,ブリトニー Black Kids
Dancing Queen サンタナ,メルセデス アバ

glee シーズン2で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン2 第20話の感想

今回ジェシーの久々の登場にはびっくり!「Rolling in the Deep」いい!歌が本当にうまい!レイチェルだと二人共声量あるし、声の相性も良いし、2人のデュエットいいなー。

でもまさかレイチェルのプロムの相手になるとは。いやはや、びっくりの展開だ。

そしてクインと付き合いながらも、やっぱりレイチェルが気になり続けるフィン。今回とうとうやっちゃいましねー。そしてその気持ちに気づきながら、もどかしさを抱えたままのクイン。複雑な三角関係。

ただあんなにクインは美人だし、レイチェルは性格悪いから、大抵の人はレイチェルよりもクインを選ぶと思うんだけど。glee一番の謎だ(笑)

またカート。今回のいじめはつらいよ~。男なのに、クイーンなんて。でもそのいじめに打ち勝って、ステージに戻り、ティアラをもらったところはカッコよかった!

そしてブレイン。カロフスキーが立ち去ったあとに、素早くカートをダンスに誘って、もうカッコイイったらありゃしない。ブレイン、やっぱり好きだなー。

次話glee シーズン2 第21話 「突然の別れ」(FUNERAL)のあらすじと曲リストはこちら

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ