glee シーズン2 第19話「うわさの真相」(RUMOURS)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン2 第19話「うわさの真相」(RUMOURS)のあらすじ

グリークラブを潰したいスーは、学校新聞をゴシップ記事メインに変更し、グリークラブの内部崩壊を狙う!この効果はテキメン。

学校新聞にクインとサムの密会記事がのり、恋人のフィンが事実を確かめる。クインは「浮気はしていない」と答えるが、2人で何をしていていたかを決して言わない。苛立つフィンに、サムは「もともとお前が(クインを)奪ったんじゃないか!」と言い返し、2人とも喧嘩に!

ブリトニーは”2人でフォンデュを”という番組を作り、ネットに流しはじめたが、その時に「サンタナは趣味が変わった」と発言したことで、学校新聞にサンタナの性癖についての記事が載ってしまい、隠れレズビアンのサンタナは怒る。

スーの狙い通り、グリークラブの仲が、すっかり険悪になってしまった!!

頭を悩ますウィル。そんなウィルの前に突如現れたのが、エイプリル!ブロードウェイで失敗したから、今度はオリジナルの曲を作って挑戦する。だからその協力をウィルにお願いしにきたのだ。

エイプリルと話をしている時のこと。ゴシップが原因でバンドが解散しそうになっても、その葛藤の中で『噂』というアルバムを作ったフリートウッド・マックを思い出す。そこで今回は、そのアルバムの中からの曲を課題とする。

手始めにエイプリルとウィルが、「Dreams」を歌う。

その後もエイプリルの練習に付き合うウィル。「Nice to Meet You, Have I Slept with You?」を2人で歌い、最後にウィルをブロードウェイに誘う。

この突然のエイプリルからの誘いに困惑するウィル。エマからはブロードウェイに挑戦することを応援されるが、”生徒やエマから離れたくないが、夢にも挑戦したい”、とウィルは悩む。

だが、この件を裏であやつっていたのは、やはりスー。ウィルの元妻テリの悪知恵で、エイプリルを利用し、昔の情熱を取り戻させ、そしてブロードウェイに誘うにように仕向けていたのだ!

更にはウィルが教師を辞めて、ブロードウェイに挑戦すると勝手に学校新聞で報道までされる。このことを生徒から質問され、「今は全国大会しか考えていない」と答えるが…。

スポンサーリンク

 

さて。クインとサムの浮気が、不安なフィン。クインはサムと以前付き合っていたし、クインは過去に2回浮気(恋人フィンがいながらパックと浮気し、恋人サムがいるのにフィンと浮気)をしているからだ。

そこでモーテルに、レイチェルと張り込みをする。だがそこに現れたのは、サムとカートだった!!

グリークラブ何人かでサムについて、噂をし始める。ゲイなのか?カートが浮気?etc。だがクインだけは話したくないとすぐにその場を離れ、「サムはゲイではない」とだけ、言い残す。

この言葉に、更に不安になるフィン。再度モーテルでレイチェルと張り込みをすると、なんと今度はサムとクインが出てきた!!

この事でフィンはクインに詰め寄る。ちょうどその頃、レイチェルと張り込んでいる時、車内で親密だったことを学校新聞で記事にされていたから、クインもフィンに詰め寄る!

「浮気はしていない」とお互い言い張り、「お互いを信じないとね」と言い合うが、お互い疑心暗鬼のまま。そして「I Don’t Want to Know」を歌う。

またレイチェルは、今もフィンに未練タラタラ。なのにクインはサムと浮気までし、今もフィンを振り回していることに怒っている。そこで「Go Your Own Way」を、フィンに向けて歌う。

だが、これにクインは怒る。「人の恋人に堂々とラブソングを歌うなんて、失礼よ!」と。「サムと浮気をしているくせに」とレイチェルが言い返すと、「浮気はしていない」とクインは反論。

そして2人を発端とした騒ぎは、段々とみんなを巻き込み、徐々に矛先はサムに向かう。そして終いには、「2人(カートとクイン)とも彼氏がいるんだぞ!」とも。

そしてついにこれに耐えられなくなったサムは、「2人は支援してくれていただけだ。服や弟と妹の世話のことで!」と言い、唖然とするみんなに、「父親の失業で家を追い出され、今はモーテルに暮らしているんだよ。これで満足か!?」と告げて、立ち去る。

そう。実はサムはみんなにこの事を言わず、事実を知るカートとクインにだけ、助けてもらっていたのだ。カートもピザのバイトでダルトン高校に行ったことで、ブレイン経由でバレてしまっただけ。ちなみにクインは同じ教会に通っているから、隠しきれなくて妹たちの世話を頼んだのが真相だ。

後日、サム家族が暮らすモーテルを訪れたレイチェルとフィン。”両親は仕事を探しているが、今の不況では厳しいから、グリークラブも辞めるかも”、とサムは言う。

そんなサムを引き止め、”生活を立て直すまで、みんなで協力するから”、と伝える。そして質に入れていたサムのギターをみんなで買い取り戻したと手渡す。そして初めて涙するサム…。

最後、妹と弟に聞かせたいと、2人を連れてサムがやってきて、みんなで「Don’t Stop」を歌う。

ここでブリトニーとサンタナの関係が不安になったアーティー。ブリトニーに聞くと、「サンタナは女の子だから、イチャついても浮気じゃないでしょ」との驚きの返事が!

「誰が浮気じゃないと言った?」と聞くと、「サンタナ」の答え。「君はサンタナに洗脳されている」とアーティーが言うと、「彼女はいい子よ」の返事。

その後いくら話し合っても平行線。いら立ったアーティーは、「君は馬鹿だ!」とつい言ってしまう。この言葉にショックを受けたブリトニーは、「あなただけはそう言わないと思っていたのに…」と涙ぐんで、立ち去る。

アーティーは「Never Going Back Again」(もう彼女は戻ってこないという後悔の歌)を歌う。

アーティーの言葉にショックで泣き崩れるブリトニー。サンタナはブリトニーを励まし、ブリトニーへの想いを込めて「Songbird」を歌う。

歌い終わったあとに、「もうフリーだから、みんなの前で歌ってよ」とブリトニーから言われる。だが、それはレズビアンのカミングアウトでもある。ブリトニーから以前、”お互いフリーになったら周りの目を気にしないで付き合うよ”と言われていたが、サンタナは周りの目が怖くなり、渋る。

そこでブリトニーの番組「2人でフォンデュ」にサンタナが出演し、そこでブリトニーがサンタナへ告白とプロムへの誘いをするから”Yes”と返事して、とブリトニーが提案。これにサンタナも了承する。

だが収録当日サンタナは出演をキャンセルし、更に偽装恋人のカロフスキーと体の関係というデマを、学校新聞の記者にわざと流す。今後2人はどうなる?

スポンサーリンク

 

glee シーズン2 第19話で使われた曲リスト

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Dreams エイプリル,ウィル Fleetwood Mac
Never Going Back Again アーティー Fleetwood Mac
Songbird サンタナ Fleetwood Mac
I Don’t Want to Know クイン,フィン Fleetwood Mac
Nice to Meet You, Have I Slept with You? エイプリル,ウィル × gleeオリジナル
Go Your Own Way レイチェル Fleetwood Mac
Don’t Stop ニュー・ディレクションズ Fleetwood Mac

glee シーズン2で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン2 第19話の感想

今回はサムにびっくりの展開。父親の失業でモーテル暮らしなんて!!でもそんなこと、みんなには言えないよ。からかってくる人もいるだとうし、「Don’t Stop」の歌通りに、前に進んで欲しい。

またアーティーもなぁ。つい「バカ」と言ってしまった気持ちはわかるけど、ブリトニーに絶対言ってはいけない言葉。そしてそれが原因で別れとは。まさに後悔先に立たずだよね。

そしてブリトニーもフリーになったから、前々から約束していた通り、ブリトニーはサンタナの気持ちを”受け入れる”と言ったのに、今度はサンタナが周りの目に怖じけつきだしちゃった。このサンタナの気持ちもわかるけど、今後はどうなる?

次話glee シーズン2 第20話「夢のプロム・クイーン」(PROM QUEEN)のあらすじと曲リストはこちら


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ