glee シーズン2 第14話「アルコール狂想曲」(BLAME IT ON THE ALCOHOL)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン2 第14話「アルコール狂想曲」のあらすじ

マッキンリー高校では飲酒が問題になっていた。酔ったまま学校へ登校する生徒が毎日いるのだ!

そこで校長から集会で「飲酒の危険性」を訴えるパフォーマンスを頼まれる。ただウィル自身が、テリとの離婚エマとカールの結婚が堪えて、酒を毎日のように飲んでいる状態だが。

さて。州大会でオリジナルソングを歌うために、レイチェルは曲作りをしている。曲が無事に完成したので、フィンに聞いてもらうが、それは「My Headband」と題名通りのヘアーバンドの歌で、まぁ、最低な曲。

「良い曲を作るにはどうしたら良いの?」と相談すると、「人生を楽しむこと」のフィンの答え。実はレイチェルは、飲酒さえしたことがないのだ!

これでは今週の課題の”飲酒の危険性”を訴えることは、無理。そこで週末は父親が不在だから、パック提案のパーティーを開くことに!

だが、そのパーティーはお酒もなく、予想通りの退屈なもの。参加していたニュー・ディレクションズメンバーと、カート、ブレインのみんなが帰ろうとする。

そこでレイチェルはパックにそそのかされ、パパ達のお酒を出すことに。すると、みんな大盛りで酔っ払う!(※酔っている姿をブレインに見せたくないカートと運転手のフィンだけは、シラフね)

ビンまわしゲームで、レイチェルはブレインとキス!カートが嫉妬するほど、何度も激しくキスをする。その後、「Don’t You Want Me」をノリノリで歌う。

 

翌々日。まだアルコールが抜けず、二日酔いのみんな。それなのに”迎え酒が効く”からと、アーティーはみんなに酒を薦め、その状態で「Blame It (On the Alcohol)」を練習。

だが、この歌はアルコールを推奨する歌で、もちろん集会には不適切。反対するウィルだが、「この歌が良い」とみんなは言い張る。終いには、「大人だって飲んでいる」と。

これにウィルも困る。ウィルも高校生の時にお酒を飲んでいたし、今も毎日お酒を飲んでいるからだ。高校生の生徒にどう注意したらよいのか、わからなくなってしまう。

相談にのってもらったビーストにお酒に誘われ、ウィルは羽目を外して飲みまくり!「One Bourbon, One Scotch, One Beer」をビーストと歌う。

ウィルはすっかり酔っぱらい、ビーストに抱えられ、何とか帰宅するほど。

「子供たちにはお酒の危険性は教える。でもそこから先の判断は、任せればよい」と、ビーストはアドバイス。そしてキスをし、「愛している」とも。

だが、ウィルがそれを聞いていたかは定かではない。ウィルは酔いまくっていて、ついエマに電話してしまったぐらいだからだ。(翌日はすっかり二日酔い)

スポンサーリンク

 

そして集会当日。グリークラブのメンバーは、パフォーマンスに緊張していた。そこで緊張をほぐすためにお酒を飲み、「Tik Tok」を歌う。だが、途中から気持ち悪くなり、ブリトニーはステージ上で嘔吐!更にはサンタナまで!!

またもや大失敗!

 

しかも翌日、ウィルは更に落ち込むことに。スーが学校中に放送したのが、酔っぱらったウィルの声。ビーストとお酒を飲んで酔っぱらった時にかけた電話の相手は、エマではなく、スーだったのだ!!

しかも内容は、既婚者のエマを口説くもの。まぁ、卑猥。とんだ赤っ恥だ。

その後、校長室へ呼び出される。飲酒は停学だから、停学を覚悟するニュー・ディレクションズ。だが校長からは、褒められた。あのパフォーマンスで、酔って登校する生徒がいなくなったからだ(笑)

そしてその後。全国大会まではウィルも禁酒するから、グリークラブのみんなも酒をやめるようことを提案し、みんなも同意する。これにて一応、一件落着。

 

尚、レイチェル宅のパーティーで、すっかりブレインに恋をしてしまったレイチェル。ブレインをデートに誘い、OKを貰う。

ブレインは自分をゲイだと思っているが、男の子と付き合ったことはない。しかもレイチェルとのキスは良かったから、本当にゲイか確認したかったのだ。

だが、ブレインに恋をしているカートは、面白くない。2人のデートが終わった夜に、わざわざレイチェルの家を訪れるほど。デートがどうだったか、気になってしょうがないのだ。

レイチェルも、カートの好きな人は知っている。だが、ブレインとは歌もあうし、デートも楽しかった。だから諦めきれないのだ。

「ブレインはゲイだから」とグチグチ言うカートにしびれを切らし、レイチェルはシフラの時にキスをすることに!

 

そして後日、レイチェルはブレインにキスをする。それに対するブレインの答えは、「分かった。僕はゲイだ」。

この答えに安堵するカート。さすがのレイチェルもショックか?と思いきや、「好きな人がゲイなんて、いい曲がかけそう!」と嬉しそう(笑)早速、曲を書くために家に帰る!

スポンサーリンク

 

今回glee シーズン2 第14話で使われた曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
My Headband レイチェル オリジナル
Don’t You Want Me ブレイン,レイチェル The Human League
Blame It (On the Alcohol) アーティ,パック,メルセデス,サンタナ,ニュー・ディレクションズ Jamie Foxx feat. T-Pain
One Bourbon, One Scotch, One Beer ウィル,ビースト George Thorogood & The Destroyers
Tik Tok ブリトニー,ニュー・ディレクションズ Kesha

glee シーズン2で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン2 第14話の感想

Tik Tok」は踊りもかっこいいけど(特にブリトニー)、最後がヤバイ。でもアルコールが怖いことは、しっかりと伝わる回ですわ。(アルコールもホドホドは楽しいけど、飲み過ぎると危ないよ!)

また何気に「Blame It (On the Alcohol)」が楽しくて、好き。

 

それにしてもビースト。やっぱりウィルに惚れちゃっていましたねぇ。まぁ、初キスの相手だし、カッコイイこと言われちゃってるもんね。それにウィルもフリーだし。

でもウィルは泥酔状態で、聞いていない。しかもその後エマにアタックする電話をかけているしね。うーん、なんか難しい。

またレイチェル。ブレインに恋をしたのに、ブレインはやっぱりゲイ。これじゃぁ、ゲイと知らずにカートに恋をしたメルセデスと一緒だよ(笑)。でも「いい曲がかけそう」って、ポジティブすぎる!さすが、レイチェルだ!!

glee シーズン2 第15話「ホリー先生の性教育」(SEXY)のあらすじと曲紹介


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ