glee シーズン2 第10話「メリー・グリー・クリスマス」(A VERY GLEE CHERISTMAS)のあらすじと曲リスト

スポンサーリンク


glee シーズン2 第10話「メリー・グリー・クリスマス」のあらすじ

せっかく地区大会で(2校同時)優勝したのに、相変わらず学校内での地位が底辺のままのニュー・ディレクションズ。それでもクリスマスだから「The Most Wonderful Day of the Year」を歌いながら、拾ったツリーと盗んだ飾りで、楽しく飾り付け。

そんな中、ウィルがクリスマスだから歌を歌って、恵まれない子供たちに寄付を募ることを提案(というか、強要)。だが教室で「We Need a Little Christmas」を歌うと、生徒だけではなく、教師からもブーイングの嵐!!

これに落ち込むグリークラブのみんな。それでもフィンだけは、”クリスマスの奇跡”を信じて、頑張ろうとする。

そんな中、パックと浮気したことが原因でフラれたレイチェルは、今もフィンに未練タラタラ。講堂へフィンを呼び出し、歌を歌って許してもらおうとするが、「強要しないでほしい。今は許せない」と言われ、立ち去られる。

レイチェルは1人で「Merry Christmas Darling」を歌う。

 

落ち込むレイチェルだが、同じように落ち込んでいるのがウィル。エマがカールと結婚した上に、教員同士で行うシークレットサンタの相手が、あのスーだったのだ!プレゼント選びが下手なウィルは途方に暮れ、カートにアドバイスを貰いに行く。

その頃カートは、ブレインと共に「Baby, It’s Cold Outside」を歌っていた。

楽しそうに歌っていたカートだが、ウィルに会うと「みんなが懐かしい」との本音も。ウィルはカートから、スーへのプレゼントのアドバイスをもらう。

 

ウィルがプレゼントを持って、スーの部屋へ行く。だが途中でエマのサンタの相手も、ビーストの相手もスーだと判明!!なんとスーが裏工作をし、みんなのサンタの相手をスーにしていたのだ!怒ったウィルとビーストはプレゼントを全て奪い返し、「君はグリンチだ」とスーに言い放つ。

だが、今度はこれに怒ったスーが反撃!なんとグリンチに変装し、トナカイ犬(?)のベッキーと共に、「You’re a Mean One, Mr. Grinch」を歌いながらプレゼントを盗み、更にニュー・ディレクションズのツリーまで壊す!!

ツリーが壊され、歌も批判され、落ち込むグリークラブメンバー。もちろん寄付金も集まらない。そこで男子は時計を、女子は髪を切り、お金を稼ごうとまで!もちろんウィルによって、止めたが。

それでもみんなを盛り上げようと、レイチェルとフィンはクリスマスツリーを買いに行く。「Last Christmas」が流れ、レイチェルとフィンは歌う。

レイチェルは恋人の頃のようにフィンにくっついたり、キスをしようとするが、拒否される。フィンの心の傷は深いのだ。フィンは先に帰ってしまい、ツリーも買えず。

それでもグリークラブは寄付金が集まった。ウィルのアイデアで、「Welcome Christmas」を教師相手に歌い、好評だったからだ。

 

そして夜。ウィルがクリスマスを1人で過ごそうと、家に帰る。するとなぜか暖炉に火がついていて、ツリーまで!しかも部屋にいたのが、なんとスー!!

実はグリークラブへの嫌がらせに成功したのを喜んでいたが、みんながWelcome Christmasを歌う光景を見て、改心したのだ。

スーが呼びかけると、その奥からレイチェルやグリークラブのみんなが現れる。これぞ、まさにクリスマスの奇跡!!

スポンサーリンク

 

尚、ブリトニーは、今もサンタを信じていることが分かった。恋人のアーティーは、なんとか信じさせ続けてもらいたいと、モールにいるサンタにみんなで会いに行く。だがそこでブリトニーがサンタに願ったのは、アーティーが歩けるようになること!!

この願いは到底叶わない。そこでビーストに頼んで、ブリトニーを説得してもらうとする。だが納得できないブリトニーは、サンタに失望し、サンタを信じなくなってしまう。

しかしそんな中、奇跡が。アーティーが帰宅すると、歩行補助の杖がツリーの下に置いてあったのだ!それを使うと、アーティーは数歩だが歩くことができた!これぞ、クリスマスの奇跡!! (←実はビーストの粋な計らいね( *´艸`))

スポンサーリンク

 

gleeシーズン2 第10話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
The Most Wonderful Day of the Year ニュー・ディレクションズ クリスマスソング「赤鼻のトナカイ」
We Need a Little Christmas ニュー・ディレクションズ クリスマスソング「ささやかなクリスマスを」
Merry Christmas Darling レイチェル カーペンターズ
Baby, It’s Cold Outside カート,ブレイン フランク・レッサー
You’re a Mean One, Mr. Grinch スー,(ベッキー) 映画「グリンチ」
Last Christmas レイチェル,フィン Wham!
Welcome Christmas ニュー・ディレクションズ 映画「グリンチ」

glee シーズン2で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン2 第10話の感想

今回はグリーらしさ全開のクリスマス!クリスマスっていうだけで、楽しくなっちゃいますね~。またスーのグリンチには、いかにもスーらしくて笑った。そして最後にスーが改心したのには、びっくり!まさにクリスマスの奇跡!!

ちなみに私は知らなかったけど、映画「グリンチ」があります。ストーリーは嫌われ者のグリンチが、みんなのクリスマスを台無しにしてやろうと、恐ろしい計画を企むが、途中である女の子と出会って…という話。グリンチは、もともとアメリカではなじみの深い絵本が原作とのことだよ(”ω”)ノ

 

それにしても今回、ブリトニーが可愛い。今もサンタを信じているなんて、純粋すぎ!まぁ、ブリトニー自体が、おバカで不思議キャラだしね。そしてそれに驚きつつも、なんとか信じ続けさせようとするアーティー。なんか、ほのぼのですわ。

そして何といっても、ビーストが良い!なんとかブリトニーを説得しようとする姿も、その言葉も。「ある女の子がいて、その子はいつも普通の見た目にしてほしいと頼んでいた。でも叶わなかった。世の中には叶わないことはある。でもそのおかげで、その子には忍耐がついた」(※こんな感じのニュアンスね)

そして傷ついているブリトニーに、高価なプレゼントまで黙ってするなんて!本当に素敵。ビースト、大好きだ!!

glee シーズン2 第11話「踊る!アメフト部」(THE SUE SYLVESTER SHUFFLE)のあらすじと曲リスト


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ