glee シーズン2 第1話「スカウト大作戦」(AUDITION)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン2 第1話「スカウト大作戦」のあらすじ

夏休みも終わり、いよいよ新学期スタート(※アメリカは9月からが新学期)!

しかしマットが転校してしまったため、大会に出場するには部員数が足りなくなり、新入部員を集めないといけない。しかも州大会で3位だったのに、グリークラブの評判は相変わらず、”負け犬”扱い。だから、部員を募集しても、誰も来ない。

今年のグリー全国大会はNYで開催される!そこでウィルがNYにちなんだ歌を歌って、部員を勧誘することを提案。みんなは「Empire State Of Mind」を歌う。

周りの反応はイマイチ。だが、留学生のサンシャインと転入生のサムだけが、反応していた。

その後にサムがアメフト部のシャワー室で1人「Every Rose Has Its Thorn」を歌っているのを、偶然フィンが聞く。

サムの声が良いから、フィンは声をかけ、グリークラブへ勧誘。サムは、パック、マイク、アーティーと共に「Billionaire」を歌う。

これで歌うのが、楽しくなったサム。グリークラブのオーディションを受けることに!

 

ここで夏休み中に、ティナに振られたアーティー。しかもティナはアジア人のサマーキャンプで一緒だったマイクと、恋人同士になっていた!(※夏休み中、アーティーがティナに連絡をとらなかったのが原因)

なんとかティナを振り向かせたいアーティーは、「アメフト部へ入部したい」とフィンに訴える。そこでフィンは、アメフト部の新コーチ・ビーストに頼みに行くことに。

ちなみにアメフト部の前コーチのケンはエマへの失恋でおかしくなったことと、アメフト部が弱小だった為にクビになり、新たにやり手の女コーチのビーストが赴任されていた。

しかしフィンからアーティの入部テストを頼まれたビーストは、「ふざけるな!」と怒り、更にフィンをクビにしてしまう。アメフト部のクオーターバックであることを誇りを持っていたフィンは、これに落ち込む。

だが、これはビーストがウィルに怒っていたのが原因だった。実はチア部とグリークラブの予算の1割を減らし、アメフト部の予算を増やすと校長が告げたからだ。

そこでウィルとスーがビーストを辞めさせようと、勝手に大量のピザを注文したり、教師が多数いる中で無視したりetc、とにかく嫌がらせをしたからだ。だからウィルがフィンのクビを考え直すように頼んでも、当然ビーストは聞き耳もたず、だ。

 

その頃、トイレでサンシャインとたまたま会ったレイチェル。レイチェルはサンシャインをグリークラブに勧誘するが、まぁ、イマイチの反応。だが、サンシャインが口ずさんだ「Telephone」を聞いて、あまりの美声に張り合って一緒に歌う。

一緒に歌ったことが楽しかったサンシャイン。オーディションを受けることに。

スポンサーリンク

 

だが、オーディション当日。なんとサムもサンシャインも来なかった!サムはビーストがフィンに怒っている姿を見て、オーディションを止めたから。

だが、なんとサンシャインはレイチェルに嘘のオーディション会場を教えられていたからだった!しかもその場所は、下手をすれば命に関わるという危ない場所。

それが同じアジア人のマイクとティナにばれるが、レイチェルは悪びれた様子もない。しかも自分のソロがサンシャシンに奪われると思ってしでかせたくせに、「ティナのためよ」とか、まぁ、自己中な言い訳ばかり。

あまりの自己中さに、ウィルから怒られ、恋人のフィン(2人は恋人同士に!)からも諭され、ようやくレイチェルはサンシャインに謝る。

そして講堂に来てもらって、入部テスト。そこでサンシャインは「Listen」で圧巻のパフォーマンス!!

このパフォーマンスに、みんなも大喜び!もちろん入部、大歓迎!!

しかし喜びは一瞬だった。なんと全国大会優勝の常連校であり、ライバルのボーカル・アドレナリンが、サンシャインを引き抜いてしまったのだ!!

これはグリークラブを目の敵にするスーが、サンシャインの存在を教えてしまったから。そしてサンシャインも、レイチェルが怖いことと、全国優勝をしたらビザを貰えるかもしれないからと、転校することに。

 

これにグリークラブのみんなは、レイチェルに怒り心頭!「レイチェルをグリークラブから退部させよう」という話が出るほど。

これには、さすがのレイチェルも反省。フィンからも、みんなに謝るように言われ、「What I Did for Love」を歌いながら、グリークラブのみんなの元へ。

尚、ウィルはスーとの協定を反故にし、ビーストに謝って、2人は和解。そして再びスーは、グリークラブの敵となった。

またクインはスーの性格と自分の価値を上手く利用して、再びチア部に戻る。そしてサンタナが豊胸手術したことをスーにチクリ、サンタナの地位を奪って、妊娠する前の”人気者”の座を取り戻す!さすがクインです( `ー´)ノ

スポンサーリンク

 

今話gleeシーズン2 第1話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Empire State of Mind ニュー・ディレクションズ ジェイ・Z & アリシア・キーズ
Every Rose Has Its Thorn サム × ポイズン
Telephone サンシャイン,レイチェル レディー・ガガ & Beyonce
Getting to Know You ティナ × ミュージカル『王様と私』
Billionaire サム,アーティ,パック,フィン,マイク Travie McCoy & Bruno Mars
Listen サンシャイン 映画『Dreamgirls』
What I Did for Love レイチェル 映画『A Chorus Line』

glee シーズン2で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン2 第1話の感想

いよいよ始まったシーズン2!シーズン2はシーズン1で人気がでたから、歌も最近の曲が歌われるようになったし、ゲストもかなり豪華に!そして何よりもブリトニーと、私の好きなサンタナが歌うようになり、更にマイクの出演も大幅アップ!

どうやらブリトニーもサンタナもマイクも、シーズン1では準レギュラーだったのが、シーズン2から正式にレギュラーになったとのこと。ただマットは転校しちゃったけどね。ダンスが上手なのは、マイクだけにしたのかな?(※マットはダンスが上手い)

 

それにしてもサンシャインの「Telephone」はもちろん、「Listen」最高!!サンシャイン、うますぎる!!低めのところの声があつみがあって、もうカッコイイ!!何回も聞いちゃいました!うわ~。もう、かっこよすぎるよ!

でもそれもそのはず。サンシャインは歌手名「シャリース」(Charice)。フィリピン出身でyoutubeで人気を博した世界的な歌姫!本当にびっくりの歌唱力!!

 

尚、私は今回の話を見て、レイチェルが大っ嫌いに!今までだってムカついたけど、もうこの自己中にうんざり!だって、本当にひどすぎる。自分からサンシャインをグリークラブに誘っておいて、歌が上手いから入部させないように、危険な場所を教えるなんて!

しかもマイクやティナに責められても、”今は危険じゃない”とか言い、更にはそれが自分のソロを守るためのくせに、”マイクやティナの為”とか言うし。自分の為とは認めず、言い訳ばかり。本当、自己中すぎるし、ムカつく。フィンよ、なぜレイチェルが好きなのだ??(。-`ω-)

 

また今回、サムもビーストも初登場!サムも結構好きだし、ビーストは先生たちの中で一番マトモでカッコイイ。他の先生は、みんな変だからね。ようやくマトモな先生です(笑)

それにしても、今回の話を見ながら、ビーストは最初、スーやウィルに予算のことで嫌われていた。でもそれがシーズン4か5では、スーに助けられ、シーズン6では逆にスーを助けていた。そんな2人の”絆”も、最初は違っていたんだな~って思って、ちょっとウルってきたよ。

glee シーズン2 第2話「憧れのブリトニー・スピアーズ」(BRITNEY/BRITTANY)のあらすじと曲紹介


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ