glee シーズン1 第9話「グリー部の車いす体験記」(WHEELS) あらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン1 第9話「グリー部の車いす体験記」の あらすじ

地区大会まであと少し。でも、ここで問題が発生!地区大会の会場へはバスを借りて、みんなで行くのだが、アーティーのために車椅子用のバスを借りなければならない。だが、車椅子用だと、費用が高くて借りられないのだ。

そこでウィルはカップケーキを売って、バス代を稼ぐことを提案!しかし、みんなは嫌がって反対。しまいには、「アーティーだけ父親に送ってもらうようにしたら」と、言いだす。

みんなの手前、アーティーは気にしていない素振りをしていたが、講堂で「Dancing With Myself」を歌いながら、一人落ち込んでいた。

そんなアーティーの姿を見たウィルが、以下を命令。

  • 車椅子で1日3時間、生活すること
  • カップケーキを売って、バス代の費用を稼ぐこと
  • 車椅子でパフォーマンスをすること

アーティー以外のみんなは不満だが、渋々従うことに。

 

だが、カップケーキを売っても、一向に売れない!しかもクインたち人気者が売ってもだ。苛立つクインは、「カップケーキも売れないようでは父親失格」と、フィンに怒りをぶつける。

しかしそれには、別の理由があった。高額な妊婦検診費用が払えず、クインは途方に暮れているのだ。

あかちゃんをあげる約束をしているテリに、以前、検診費用の援助を頼んだのに断られてしまった。しかも妊娠は両親に内緒だから、頼れない。恋人のフィンに稼ぐように頼むしかないのだ(※実父はパックだが、フィンには内緒)。

フィンはクインのために、バイトを探してはいるが、一向に見つからない。これからもまだまだ検診費用はかかるし、更にマタニティードレスも必要になる。とにかくお金が必要なのだ!

しかも現在、督促状まで来ていて、いつ両親にばれるかハラハラ。クインはイライラしっぱなしだ。

 

そんなクインの状況に一肌脱いだのが、クインを好きなパック。なんとカップケーキに薬を混ぜて生徒を薬物中毒にし、結果、バカ売れに(笑)。

その稼いだお金を渡そうとするが、クインは受け取らなかった。ただ、最初パックを”負け犬”と拒絶していたが、そんなパックの姿に態度を軟化させはじめた。

またフィンも、ようやくバイトが決まり、これで一安心。

スポンサーリンク

 

だが、地区大会に向けて、もう一つ問題が。それは”ソロ”。女性の歌ということで、ソロに立候補したカートを無下に断わり、ウィルはレイチェルを選んだ。だが、それに腹を立てたのが、カートの父バート。ウィルに直談判をし、ソロをめぐるオーディションを開催することに。

そして「Defying Gravity」で、カートvsレイチェルのオーディション開催!

だが、カートは途中で音を外していまい、結果はレイチェルがソロに!

しかしそれは、わざとだった。バートのもとにカートを中傷する電話が来たので、カートはバートのことを想って、わざと負けるようにしたのだ。

 

また車椅子で生活するうちに、ティナはアーティーとの距離を縮め、2人はキスをする。吃音も、車椅子も、受け入れさえすれば普通と思っていたが、ティナが「吃音はわざと」だと告白したことで、アーティーは失望。2人の距離は開く。

さて。カップケーキを売ることで、費用を稼ぐことができたグリークラブ。更にスーから募金があったことで、無事にバスを借りられることに!そして最後「Proud Mary」をみんなで歌う。

 

尚、キャプテンだったクインが抜けたことで、チア部は戦力ダウン。校長の命令で、部員募集をかけることになったが、そこに立候補してきたのが、ダウン症のベッキー。縄跳びをしても下手くそなのに、なんとスーは合格にしたのだ!!

何か裏がある?と疑っていたウィルだったが、違った。スーが慕っている姉ジーンも、ベッキーと同じ病気だからだった。

スポンサーリンク

 

今話gleeシーズン1  第9話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Dancing With Myself アーティー ジェネレーション X
Defying Gravity カート,レイチェル ミュージカル「ウィキッド」
Proud Mary ニュー・ディレクションズ アイク&ティナ・ターナー

glee シーズン1で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン1 第9話の感想

スーのお気に入りのベッキー!今回で初登場だったんだなぁ。性格も悪く、スーにべったりで、厄介なベッキー。でもスーが唯一振り回される相手で、結構笑えるキャラでもある。

そして、スー姉のジーン。ジーンやベッキーと一緒にいるときのスーは、本当に優しくなって、まるで別人。グリークラブへ募金したり、意外に優しい一面もあるスー。普段あんなに意地悪なのに、不思議だ。

それにしても、何度見ても、クインはスゴイ。フィンの子じゃないのに、堂々と妊婦検診の費用を稼ぐことを強要したり、子供の父のパックを邪険にしたり、いやはや。恐ろしい。(テリも同じだけど)

 

またティナもなぁ。”吃音がわざと”っていうのは、アーティーには酷だよ。アーティーは、交通事故で歩けなくなってしまった体。歩きたくても、歩けない。”わざと”じゃないんだから。その時のアーティーのセリフにグッときた。

また「Dancing With Myself」を歌っているアーティーの姿も切なかった。普段見せないけど、本当は歩きたくてしょうがないんだよね。普段意識しないけど、”歩ける”って幸せなことなんだよなぁ~。

glee シーズン1 第10話「レイチェルの猛アタック」(BALLAD) あらすじと曲紹介


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ