glee シーズン1 第4話「カートの告白」(PREGGERS) あらすじと曲紹介

スポンサーリンク


gleeシーズン1 第4話「カートの告白」のあらすじ

カートは部屋で、ティナとブリトニーと「Single Ladies」をバックに踊っていると、その現場を父バートに見られてしまう!

言い訳をするが、バートは怪しんだまま。その時にブリトニーは、カートがアメフト部員だと嘘をついてしまい、バートから「今度、試合を見に行く」と言われてしまう。

そこでカートはフィンに頼んで、アメフト部の入部テストを受けることに。するとカートはなんと「Single Ladies」をバックに踊りだす。これにはアメフト部のみんなが笑うが、その後しっかりシュートを決めたので、見事キッカーに!!

またテリは姉とウィルと一緒に、出産の練習をしていた。その際に姉にだけ、実は妊娠していないことを伝える。しかし姉はウィルに真実を告げるよりも、嘘をつきとおすこと、赤ちゃんを見つけるようにアドバイスする。

さて。今度グリークラブで公演する「West Side Story」のショーで、ウィルはティナをソロに抜擢!もちろんチーム全体のレベルを上げる為だが、これに大反対なのが自己中レイチェル。ウィルの嫌がらせだと言い、怒って、グリークラブに来なくなってしまう。

そんな時、スーはグリークラブからレイチェルを引き抜く作戦を実行。校長を脅してサンディを復職させ、更に新たなクラブを設立させた。

このクラブのオーディションを開催すると、レイチェルは迷わず参加。そこで「Taking Chances」を歌い、見事に主役をGET!!

だが、サンディーからグリークラブをやめるように言われ、レイチェルも迷う。ウィルにグリークラブの練習に参加するように言われても、練習をボイコットしたままだが。

ティナはショーの練習で「Tonight」を歌っていた。

だが、このままではレイチェルがグリークラブを辞めてしまうから、レイチェルを主役にしてほしいと、ウィルに訴える。

スポンサーリンク

 

ここでクインが、最近元気ない。心配するフィンに、なんと妊娠しているという衝撃な告白を!父親はフィンというが、2人はHをしていない。しかしクインはフィンの子だと言い張り、フィンはクインを信じ、ウィルに相談する。

またフィンはアメフトで大学への推薦を狙っているが、アメフト部は超弱い。弱小チームだ(それで学校内で威張っているとは(笑))。だからアメフト部を強くするために、フィンはウィルにアメフト部にダンスを教えるように頼む。

顧問のケンに相談すると、ケンは賛成したが、部員は嫌がる。だが、ケンに怒られ、渋々練習スタート!

そして、いざ。試合が開始!しかしやっぱりアメフト部は弱く、勝てそうにない。そこで「踊りはしない」と言っていたが、最後の最後に「Single Ladies」をバックに踊りをし、呆気にとられる敵に不意打ちで攻撃を仕掛け、見事タッチダウン!

勝負の行方は、キッカーのカートに託された!カートもやはり踊りだすが、それでも見事にシュートを決めて、チームは見事勝利!!

そんなカートを見ていた父バートが、試合後にカートを褒める。そこでカートは”ゲイ”であることを、父にカミングアウト!戸惑いながらも、バートは受け入れる。

またフィンは、親友のパックにクインが妊娠したことを言ってしまう。そのことを知ったパックはクインに詰め寄る。なんと(酒を飲んだせいで)クインはパックと寝ていたのだ!!パックは子供のことも、クインのことも面倒を見ると言うが、クインは”父親はフィン”と言い張り、拒絶する。

そしてそんなクインに、(ウィルから赤ちゃんのことを知らされた)テリが接触する…。

後日、アメフト部から、(クインに未練がある)パック、マイクとマットがグリークラブへ入部!喜ぶ部員たち。練習を開始するときに、「(今度のショーの)主役はティナ」でだとウィルは宣言。レイチェルは怒って、サンディの元へ-。

どうなる?ニュー・ディレクションズ。どうなる?クイン、そしてテリ。

スポンサーリンク

 

今回のgleeシーズン1 第4話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Single Ladies (Put a Ring On It) × Beyonce
Taking Chances レイチェル セリーヌ・ディオン
Tonight ティナ × 映画「West Side Story」

glee シーズン1で使用された曲一覧はコチラ

今回のglee シーズン1の感想

いや~。何度見ても、やっぱりカートの父のバートがすごい!息子の”ゲイ告白”に戸惑いつつも、カートがほしい言葉をちゃんとかける。「理解はできないが、理解していくつもり」。こんなことを、衝撃告白後に言えないよ。すごい!

この後も何度か登場するけど、バートの言葉って重いんだよね。心に”ズシーン”とくるセリフ。カートが迷っているときに背中を押す言葉。カートがほしい言葉。こんな親にならないとなぁ。グリーの中では数少ないマトモな大人で、本当バートはいいな~

(他にマトモなの誰だろ?ビーストかなぁ?スー、テリ、サンディ、ロズは論外)

またアメフト部員みんなが試合中に踊りだすのは、面白い。でもそれにしてもアメフト部って、あんなにカートとか苛めていて、偉そうなのに、弱小なのね。そこに笑った。弱ければ偉そうにしないと思っちゃうけど、やっぱりアメリカだと違うのかな?

それにしても、レイチェルってやっぱりむかつく。自分中心すぎる。シーズン2で更に嫌いになったけど、やっぱりシーズン1でも十分むかつく(笑)

それにクイン。まさかの妊娠。しかも父親偽りとは!いつかはバレルのに。今後、どうなる?

glee シーズン1 第5話「新旧アイドル対決」(The Rhodes Not Taken) あらすじと曲紹介


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ