glee シーズン1 第21話「ファンクで魂を歌え!」(FUNK)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン1 第21話「ファンクで魂を歌え!」のあらすじ

州大会まであと少し!ライバル校のボーカル・アドレナリンはエースのジェシーが転校し、ニュー・ディレクションズに入部したことで、評判は下がっていた。しかしここで問題発生!講堂へ行くと、なんとそこにはジェシー!そしてボーカル・アドレナリンのメンバーが!!

なんとジェシーは再びボーカル・アドレナリンへ戻っていた。そう、ニュー・ディレクションズへの入部も、すべてがスパイだったのだ。そして「Another One Bites the Dust」を見せ付ける。

このパフォーマンスを見たメンバーは、ショック!これは相手のやる気を削ぐための、彼らの常套手段だが、ニュー・ディレクションズのみんなはすっかり自信をなくしてしまう。特にレイチェルは、恋人としてもジェシーを信じきっていたので、大ショック!

 

これに腹を立てたパックとフィンが仕返しに、ボーカル・アドレナリンメンバーの車のタイヤを全てパンクさせる。

だが、これが原因で校長から呼び出しをくらい、2人は退学寸前まで!結局はボーカル・アドレナリンのコーチのコークランの助言もあり、タイヤの修理代を弁償することで話がつく。

 

さて。修理代を稼ぐために、パックとフィンは、ウィルの元妻テリと同じ店で働くことに。そこに常連客であり、クレーマーのサンディーが来店して、Beckの曲をリクエストし、パックとフィンは「Loser」を歌う。

 

ここでウィルは、テリとは離婚が正式に成立したが、エマとの仲は修復できず。更にボーカル・アドレナリンからの嫌がらせと、スーからのいつもの嫌がらせで、すっかり参ってしまう。

しかしサンディーからボーカル・アドレナリンの弱点が「ファンク」であることを教えてもらい、元気を取り戻す。そして今週の課題を「ファンク」(魂の叫び)にする!!

 

そしてこの課題に、真っ先に歌ったのが、なんとクイン!!クインは妊婦としての怒りを込めて、妊婦の仲間と共に「It’s a Man’s Man’s Man’s World」を歌う。

ファンクを歌えるわけがないと、最初はクインを馬鹿にしていたメルセデスも、このパフォーマンスには感動。

クインは今パックの家に住んでいるが、居心地が悪い。そこでメルセデスは、空き部屋があるからと家に誘い、クインは喜んで了承する。

ここでフィンとパックは、メルセデスと共に「Good Vibrations」を披露。ちなみにグループ名に「Funky」と名前があったので、Funkと間違えた模様(笑)。

 

またウィルは、スーへ攻撃することに!手始めに「Tell Me Something Good」を歌い、スーを誘惑!!

さらに花束を捧げ、甘い言葉と共に、週末にチア部の全国大会があるから、その前の水曜日にディナーに誘う。

しかしデート当日。スーはデートをすっぽかされてしまう。ウィルに抗議するが、「傷つけるつもりでやった」「デートなんてしない」etcと、散々なことを言われてしまう。

ウィルとしては仕返しのつもりだが、これにスーはショックを受け、寝込んでしまう。スーはウィルのことは嫌いなのに、1人が寂しかったこともあって、ウィルに誘われたことで、普通の生活を夢を見てしまった。そして今の生活、全てが虚しくなってしまったのだ。

だが、週末には、チア部の全国大会がある。コーチであるスーの不在で、チア部は大混乱に!ウィルはスーに謝り、とにかくスーのやる気を引き出し、そしてスーはチア部の全国大会6連覇という偉業を、見事に果たす!!

スポンサーリンク

 

一方、恋人だったジェシーにだまされ、ショックのレイチェル。それでもジェシーから呼び出され、喜んで行くが、そこにボーカル・アドレナリンメンバーが現れ、彼らから生卵をぶつけられてしまう。更には「愛していた」と言いながら、ジェシーからも。

これにショックを受けたレイチェル。パックやフィンだけではなく、マイク、マット、アーティ、カートまでもが、ジェシーに復讐しようとする。

だが、これに反対したのが、ウィル。スーに復讐しても、全然スッキリせず、むしろ罪悪感を感じるだけだったからだ。

だがその代わりに、ボーカル・アドレナリンメンバーを講堂へ呼びつけ、彼らの苦手なフィンクの「Give Up the Funk」を歌って、見せつける!

これにより、すっかりボーカル・アドレナリンのメンバーは、自信をなくす(笑)。さて、いよいよ次は州大会。果たして、ニュー・ディレクションズは優勝できるのか!?

スポンサーリンク

 

今話gleeシーズン1 第21話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
Another One Bites the Dust ボーカル・アドレナリン Queen
Tell Me Something Good ウィル Rufus and Chaka Khan
Loser パック,フィン,ハワード(テリ,サンディ,店員と客) ベック
It’s a Man’s Man’s Man’s World クイン(妊婦仲間) ジェームス・ブラウン
Good Vibrations パック,フィン,メルセデス Marky Mark & The Funky Bunch
Give Up the Funk ニュー・ディレクションズ Parliament

glee シーズン1で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン1 第21話の感想

ジェシーは、やはりスパイだし、酷すぎる!っていうか、そもそもボーカル・アドレナリンはスゴイ実力なんだから、こんな卑怯な手を使わなくても、勝てるのにねぇ。”勝つことが全て”で、その為に平気で人を傷つけるなんて、酷いよ~。

振り返ると、レイチェルとジェシーの出会い自体が、そもそも変。だって、ニュー・ディレクションズが地区大会で優勝して、すぐだもんね。まぁ、元々レイチェル以外のメンバーは、スパイだって疑っていたから、あれだろうけど。それに最近(18話と20話とか)ジェシーって、いなかったし。

さて、次話で、いよいよ州大会!そしてシーズン1の最終話。いったい、どうなる?

 

それにしても、今回はウィルが酷すぎる。いつもは優しいウィルなのにねぇ。まぁ、ウィルも、スーからはグリークラブやテリとの結婚生活の妨害。更にはエマとの仲も引き裂かれたから、スーに対する怒りはわかる。でも誘惑してのアノやり方は、ダメだよ。

「生徒たちに全てを捧げるのが、虚しくなった」というスーの言葉には、思わず同情しちゃった。でもまぁ、普段、スーが意地悪すぎだけどね。

でも、それでも、チア部のメンバーにとって、スーは必要な存在。全国大会優勝に導いてくれるんだから。いくら怖くても、理不尽な存在でもね。

glee シーズン1 第22話「僕たちのジャーニー」(JOURNEY)のあらすじと曲紹介


Huluならgleeが月額933円で見放題!

2週間無料トライアル中ならgleeを無料で楽しめるよ。しかも無料トライアル中でもネット内で解約設定もできるよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ