glee シーズン1 第18話「自分らしくあるために」(LARYNGITIS)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク


glee シーズン1 第18話「自分らしくあるために」のあらすじ

州大会まであと1ヶ月なのに、グリークラブみんなのやる気がない。レイチェルはローレンに密かに頼み、練習中のみんなの声を録音し確認することに。

すると、何と半数以上の部員が歌っていないことが判明!もちろん、速攻ウィルに告げ口(笑)。

ウィルはこのことに驚き、みんなのやる気を出させるために、”自分の感情を表す歌”を今週の課題にする。

さて。他にも驚くことが。それがパック!皮膚科に行ったら診察のために髪の毛を剃られ、丸坊主となってしまったのだ!!

そのせいですっかり人気者の座から転落し、今まで苛めていた人から逆にいじめられ、ゴミ箱に入れられる始末。

なんとか人気を復活させたいパックの目に映ったのが、チア部に入部したことで人気者となったメルセデス!”メルセデスと付き合って、人気者になろう”と、アプローチ開始!!

が、クインを妊娠させていることからと、速攻断られる。(※クインは彼女ではないし、セフレだった(?)サンタナとも今は恋人ではない)

でも、あきらめないパック。メルセデスのために、黒人ユダヤ系(?)の「The Lady Is a Tramp」を歌う。これに感動したメルセデスも、途中から一緒に歌う。ただサンタナは複雑な顔。

これですっかりパックに惹かれてしまったメルセデス。クインに申し訳ない気持ちでいたが、「パックはゲームの話ばかりで退屈だし、彼の子を妊娠したのは失敗だった」と、クインからは付き合うことを拒否されない。むしろ歓迎された(笑)。ただサンタナに気を付けるように、と忠告される。

そして、やはりシャシャリ出てきたのが、サンタナ!”パックの恋人は私よ!”と、「The Boy Is Mine」を歌いながら張り合う。

メルセデスと付き合うことで、パックは当初の目論見通り、人気者の座に返り咲いた!そして早速、自分をゴミ箱送りにした人を、ゴミ箱送りにする。

だが、そんなパックを見たメルセデスから、人をゴミ箱送りにするのを止めるように言われるが、「それが自分だから受け入れろ」と突っぱねる。

”人気者でいるために、自分を偽るのは嫌だ”

そう思ったメルセデスは、パックとの付き合いを止め、なんとチア部も辞めることに!!(チア部のユニフォームを着ていると、違う自分になるから)

スポンサーリンク

 

またこの頃、同じように自分を偽っていた人のは、カート!父バートが、フィンの母キャロルと付き合い始めたことで、バートがフィンと2人でメジャーリーグを見に行くようになり、嫉妬したのだ。

バートはもともと息子と一緒に野球やバスケを観たりしたかった。だが、カートはそういうのは好きじゃないから、できなかった。だから、フィンと楽しんでいたのだが、これがカートの嫉妬をかうとは思っていなかったのだ。

何とかバートの気をひきたいカート。バートのような服や帽子をかぶったり、バート好みの歌「Pink Houses」を、カートらしくない声で歌う。

が、ウィルからも、グリークラブのみんなからも、不評。”自分らしく”と言われる。ただブリトニーだけには高評価で、「男子生徒全員とヤッているから、ヤリタイ」と誘われる(笑)。

バートの気を惹くために、ブリトニーと部屋でいちゃついたりしてみたが、結局バートはフィンと出かけてしまった!

”努力は何だった?自分はいつも裏方。今度は僕の番だ!”と、「Rose’s Turn」を怒りながら、熱唱する。

そんなカートの姿を見ていたのが、バート。カートが心配だからと、フィンとの約束をキャンセルし、傍に来ていたのだ。

2人で話をし、「お互いに合わせる必要はない。そのままで愛している」と、カートに伝え、2人は和解する。

ここで、新たな問題が!それはレイチェル。みんなに足を引っ張られている私にぴったりと、「The Climb」(障害があっても前に進み続けようとする歌)を歌おうとするが、なんと声が出ない!

原因は喉の扁桃炎で、医者からは手術が必要とまで言われてしまう。とりあえず抗生剤を飲んでみるが、「歌えなくなったら…」と、不安で落ち込むレイチェル。

フィンはレイチェルを励ます。その時に、付き合うように口説いてみるが、例のPVが原因で振られ、それ以来、口をきいてくれなくても、それでもジェシーが好きとあっさりフラれる。

ジェシーの彼女を奪いたいという歌詞の、「Jessie’s Girl」を熱唱する。

しかし抗生剤を飲んでも、レイチェルの喉は良くならない。焦るレイチェルに、フィンは昔からの友人シェーンを紹介する。なんとシェーンはアメフトでの事故で脊髄が損傷し、胸より下が麻痺し、寝たきりなのだ。

(事故)当初は”なぜこうなった?”と嘆いてばかりだったが、今はいろいろなことに興味が出てきた。この体でもチャレンジできる、と。

レイチェルはシェーンから勇気をもらい、お返しに歌のレッスンとして、一緒に「One」を歌う。(※レイチェルの喉は治った)

スポンサーリンク

 

今話gleeシーズン1 第18話で使用された曲

楽曲 歌い手 アルバム オリジナル
The Climb レイチェル × マイリー・サイラス
Jessie’s Girl フィン Rick Springfield
The Lady Is a Tramp パック、メルセデス サミー・デイヴィス・ジュニア
Pink Houses カート × John Mellencamp
The Boy Is Mine メルセデス、サンタナ Brandy & Monica
Rose’s Turn カート ミュージカル「Gypsy」
One レイチェル,シェーン,ニュー・ディレクションズ U2

glee シーズン1で使用された曲一覧はコチラ

グリー シーズン1 第18話の感想

今回は、カートらしくないカートにびっくり。男らしい格好が、本当、似合わない(笑)。それに「Pink Houses」のあの歌い方は、ねぇ。やっぱりカートは、あの独特の服と、高い声が似合ってるよ~。

でもまぁ、長い間お父さんと2人暮らしで、フィンと楽しそうに”父と息子”という会話していたら、悔しいだろうな~。”お父さんは自分みたいじゃなく、フィンみたいな息子がほしかった”。そう思っちゃったら、理想の息子に近づこうとするのもわかるなぁ。

でもバートは、そんなことを思っていない。確かにフィンと楽しんでいたけど、”ありのままのカートを受け入れ、愛している”。それをカートに伝えている時に、ウルっときちゃいました。

私も母親なので、”言わなくてもわかるでしょ!”ではなくて、”娘がほしい言葉”をちゃんとかけられる母親にならなくちゃなー。

それにしても、パック。モヒカンじゃないだけで、あんなに人気度は下がるのか!?相変わらず、gleeって、極端で面白い(笑)

しかも人気者に復活するためだけに、メルセデスを利用するなんて!それなら、サンタナと再びいちゃついておけば、良んじゃないの!?まぁ、サンタナとパックの関係って、よく分かんないしな~。

第3話で”将来性がない”ことを理由にサンタナに振られ、でもサンタナは相変わらずパックを”自分の男”としてみているし。でもパックの本命は”クイン”。でもそのクインは、パックの子を妊娠していても、パックのことは好きじゃない。よく分からん!

それにしてもパックって、女の好みがよくわからん(笑)。第8話では”神の啓示”と思って、レイチェルにもアタックしているし。で、今回はメルセデスで、シーズン2は…だし。

でもまぁ、パックの歌声は好きなので、ソロだと嬉しい( *´艸`)

次話glee シーズン1 第19話「夢をあきらめるな」のあらすじはコチラ

Huluなら、gleeが月額933円で見放題



glee以外にも
・ウォーキングデッド
・ブレイキングバッド
・ゴシップガール
・24
・プリズンブレイク
・アンダーザドーム
・リベンジ
・デスパレートな妻たち
・東野岡村の旅猿
・SUITS (スーツ)
・クリミナルマインド
・キッズウォー
・ボーンズ
・ハウスオブカード
・フレンズ
・スーパーナチュラル
・LOST
・ホワイトカラー
・仁義なき戦い
・シャーロック
・アイアンマン
・アグリーベティ
・てっぱん
・孤独のグルメ
・妖怪ウォッチ
・SPEC
・忍たま乱太郎
・ホームランド
などなど。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ